がんばり方を間違えている勉強法

みなさんこんにちは,
ワイズアップ!郡山家庭教師学院です。

今回は「がんばり方を間違えている勉強法」についてお話します。

間違えその1

徹夜で勉強する

テスト当日の朝に
「昨日は一睡もしなかった。」
「1時間しか寝てない。」
「朝の4時まで勉強してた。」
なんて話をしている友達はいませんか?

こういうことを言ってくる人は、
がんばっていそれだけ切羽詰っているる自分のことが大好き!という,
ナルシストの要素が強い友達かもしれません。

ハッキリ言って,
このように「自分がんばっているアピール」が強い友達は,
大したことはありません。

むしろ,
「俺は勉強していない。」感を醸し出している友達の方こそ,
真のライバルと言えるでしょう。

睡眠時間を時間を削って勉強をしているということは,
頑張っているからというわけではなく,
それだけ切羽詰っている事の証です。
計画どおりに勉強が進んでいない焦りから,
徹夜などという愚考に走ってしまうのですね。

考えてみてください。
明日の試合は絶対に方なければならないと思ったスポーツ選手が,
試合前日に徹夜で練習をするでしょうか?
本当に試合が大事なのであれば,
試合(試験)当日から逆算して練習(勉強)をし,
本番ではベストのパフォーマンスを発揮することができるよう,
前日はコンディションの調整に努めることでしょう。

試験の前日に徹夜まがいのことをするような人は,
所詮ただの夜更かしをしているだけなのです。

夜遅くまで勉強していたとか,
徹夜で勉強したということは,
全く褒められたものではありません。

なぜならば,睡眠時間を削った勉強法というのは,
ものすごく効率の悪い勉強法だからです。

人の記憶は寝ている間に整理され,
定着していきます。

睡眠時間が短いとか,
徹夜のように待ってく寝ていない状態ということは,
せっかくインプットしようとした情報が
その記憶の整理が行われないため,
覚えたことを忘れやすくなってしまいます。

試験前日にあせって夜更かししなくてもすむように,
計画を守って,
十分睡眠をとりながら勉強を進めていきましょう。

 

 

間違えその2

やたらと長い時間勉強する

試験の前に,

「6時間勉強した」
「10時間勉強した」
なんて話を耳にすることがありませんか?

長い時間机に向かって勉強をすることはすごいことです。
ただ,机に向かっていた時間のうち,
どれだけ集中していたかというこのほうが重要です。

3時間机に向かっていたとしても,
勉強の中身的には,集中してやれば1時間でできてしまうものだったり,

6時間机に向かっていたとしても,
机の整理をしたり,
本を読んでしまったり,
ボォ~っとしている時間があったりして,
実際に勉強してたのは2時間だったとしたら,
真に6時間勉強をしたとはいえないでしょう。

これは経験上の話ですが,
行きたい学校に合格できた人とできなかった人の勉強時間というものには,
それほどの違いはありません。
せいぜい20~30分程度です。
時間的には大きな違いが無いものの,
結果に大きな違いが現れてくるのは,
勉強時間の差ではなく,
勉強の中身に差があったためということができるでしょう。

6時間勉強机に向かっていても、そのうち
本当に集中できていた時間がどれだけあるのか?
という点が重要になってくるわけです。

勉強にはたくさん時間を取ることも大切です。
しかし,単に長く勉強すればそれでいいというわけではありません。

長時間やる場合は集中力を継続させるために
上手に休憩を取ることも大切です。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ