平成27年度 男女バスケットボール中体連県中予選 1日目

女子準々決勝
須賀川二 47-40 緑ヶ丘
郡山七 46-66 大超
郡山二 55-36 大東
船引 51-41 喜久田

女子ベスト4〈県大会出場〉
須賀川二・大越・郡山二・船引

男子準々決勝
須賀川二 65-51 郡山四
郡山五 47-45 船引
郡山三 35-27 大越
鏡石 59-36 郡山七

 


男子ベスト4〈県大会出場〉
須賀川二 郡山五 郡山三 鏡石

女子準決勝
船引 51-45 郡山二
大越 62-51 須賀川二

 

 

男子準決勝
須賀川二 79-58 郡山五
鏡石 51-49 郡山三

 
今回の女子の台風の目は大越中!
郡山1位の郡山七中と
岩瀬1位の須賀川二中を破っての決勝進出です。
無尽蔵のスタミナから繰り出される,アリのようにしつこいディフェンス。
ボールを奪ってからの目にも留まらぬ速攻。
1年生と3年生主体のチームながら,相手チームのメンタルを徹底的に叩き潰すバスケで快進撃です。
やっぱりスポーツって,指導者が有能だと結果がついてくるのですねぇ。
一方郡山勢は,男女とも準決勝で姿を消してしまいました。
個人的に応援していた女子の郡山二中は,準決勝で船引に敗退。
1~3Qの動きが悪すぎました。
オフェンスリバウンドは取れず,ディフェンスは足がついていけない…,ディフェンスから流れをつかんでたたみ掛けるように攻撃していく本来の郡山二中の姿見られませんでした。
対する船引は足が止まることなく,オープンな状態を上手に作ってシュートを打っていました。
シュートの成功率も高かったですね。
自力に勝る郡山二中でしたが残念です。
準々決勝の大東中戦とはまるで別のチームのようでした。
スタミナの違いが集中力の差となって現れたのかもしれませんね。
しかしながら,郡山二中が4Qに2点差まで追い上げたところはさすがでした。まだまだ先が楽しみです。

 

女子の郡山二中と男子の郡山五中,郡山三中は県大会出場です!
しっかりとコンディションを整えて,県大会で大暴れしてください。
がんばれ郡山勢!
がんばれ郡山二中!

受験勉強も忘れずに!

 

 

※試合結果および写真は「郡山市バスケットボールトレーニングセンター」のサイトより引用しました。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ