ガチガチの計画より弾力的な計画を



 

目標達成のためには、

長期の計画が絶対に必要です。

まず一年間の計画。

各学期の計画。

中間テストと期末テストに合わせた前、後 一週間単位の計画。

そして一日の時間割。

勉強計画とひとくちにいっても、

こんなにあります。

この計画を全部立てるだけでも

たいへんな労力と 時間が必要ですし、

立てた計画を全部守るのは、

もっとたいへんです。

だから、計画を立てるのであれば、

あまりきっちりしていない方が望ましい。

だらしないという意味ではなく、

弾力的で少しだけ変更しても

大筋では変わらない というものがベスト。

目標を達成するために計画を立てるのだが、

うまくいった科目はそのままでいいし、

失敗し た科目は、そのつど見直していけばいい。

だから、計画倒れを恐れてはいけません。

少しばかり自分を過大評価して

努 力することが勉強では大切です。

そのために勉強 計画も、

「自分はこのあたりのレベルまでいっ てみせるぞ」

という決意を表現するために、

少 し高めのものがいい。

そして、それが7割から8割達成できればOK。

もちろん計画がパーフェクトに実現されれば、

それにこしたことは ないが

そこにはまた、落とし穴があります。

パーフェクトに実行できる計画というのは、

君たちにとって何だったんだろう?

もっとやるべきことが残っているのではないか?

場合によっては計画倒れをしてもいい

という柔軟な考えかたが大切なのだが、

これは、完遂できないかもしれないが、

自分には必要な目標なんだ、

ということをあらかじめ計算に入れたうえでの

計画倒れでなければならない。

ただ、

計画は立てた。

でもダメだった。

というのでは困る。

それでは計画性のない計画倒れになってしまう。

達成できなかった残りの計画は

自分の可能性へのチャレンジ領域として

「本当はあそこまでいきたい、

 いや、いってみせるぞ!」

という努力目標として、つぎに引きついでいくべきです。

「計画」の画像検索結果

 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村






コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ