塾と家庭教師はどちらがよいのか?

塾と家庭教師はどちらがよいのか?という質問を受けることがよくあります。家庭教師業を営んでいるものとしては「塾のほうがよい」といわざるを得ません。

塾も家庭教師も生徒に合っていれば,成績は確実に上がっていきます。逆に合っていなければ,塾であっても家庭教師であっても,生徒の成績はよくて現状維持。悪くすれば下がってしまいます。

どちらの場合も生徒との相性しだいで結果が変わるのであれば,塾と家庭教師のよしあしを判断するのは価格のみと言わざるを得ません。福島県内大手のべスト学院は5教科授業で20,000円以下。個別指導塾でも週2回の授業で同程度の金額で学習できます。それに対して家庭教師は1回90分の授業がおよそ5,000円。圧倒的に価格面で負けています。塾に行って成績が伸びる生徒さんは,絶対に塾に通ったほうがよいのです。

家庭教師が塾に勝てるポイントは,徹底的な個人主義という点です。家庭教師は常に1人の生徒だけを相手にしています。ですから,その生徒が何につまずいているのかということを把握し,その生徒の課題を解決するために,その生徒のためだけの指導プランを作成し,学習内容が理解できるまで丁寧に指導をしていきます。塾はカリキュラムが決まっていますので,理解の遅い生徒にあわせて授業を進めていくことはできません。授業がわからなかった生徒は,なかなか自分からは質問をしに行くことはありませんので,わからないところをそのまま放置し,どんどんと勉強が分からなくなってしまうのです。

お子さんの性格をよく考えて,その子にふさわしい学習環境を整えてあげてください。郡山家庭教師学院にできることがあれば,いつでもお手伝いいたします。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ