郡山市のプロ家庭教師による完全1対1個別指導・合格請負人A・スズキのブログ絶対合格勉強術!

勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

備忘録:部活制度の問題点。部活によって学生は社畜予備軍になる

time 2017/11/28

このカテゴリーは、

心に刺さった記事を備忘録的にストックしています

元記事は下記のリンクよりご覧になれます

 

HUFFINTONPOST.JAPANより

部活制度の問題点。

部活によって学生は社畜予備軍になる

 

部活制度の問題点。部活によって学生は社畜予備軍になる

みなさん、部活やってました?

 2017年09月07日 11時48分 JST | 更新 2017年09月07日 11時49分 JST

社畜予備軍を育てる部活動という制度

f:id:amamiya9901:20170904173258j:plain

みなさん、部活やってました? わたしは中学時代は合唱部に入部、転校して吹奏楽部に入っていました。犬夜叉の桔梗に憧れてわざわざ弓道部に入部して、高校では弓道をやっていました。

わたし自身は中・高と部活を退部してしまっているんですが、『スラダン』『ハイキュー!』『弱虫ペダル』みたいなスポーツ漫画や『ちはやふる』『この音とまれ!』といった文化部が舞台の漫画などを読むと、やっぱり胸が熱くなります。

部活はロマンがあります。でもその反面、部活というのは問題点も多いと思うんです。

部活は理不尽のかたまりです。その理不尽に慣れてしまうと、学生が社会人になったとき、なんの疑問も持たずに滅私奉公してしまいます。

社蓄予備軍を養成しているという意味では、部活はとても罪深いものだと思います。

 

日本の部活事情

2013年の文部科学省の統計によると、中学校では約65%、高校では約42%の生徒が部活に加入しています。(運動部活動の在り方に関する調査研究報告書

部活は子どもが非行に走るのを抑制したり、責任感や連帯感を培うための「教育の一環」として推進されています。

昔は、子どもが言うことを聞かなければぶん殴って言うことを聞かせ、根性論で水を飲ませずとも「教育」の一言で済まされていたのですが、いまはそうはいきません。

正直、日本の部活はゆがみすぎています。部活を美化しすぎず、もっと問題点に目を向けるべきじゃないでしょうか。

 

いつまで先輩絶対主義を貫くんですか

日本の雇用システムは、年数にしたがって賃金が上がるという年功序列システムです。とはいえ最近はもっと個人の実力を見て能力を評価しよう、という意見が支配的になってきています。

それなのに、部活ではいまだに先輩絶対主義を貫いています。

先輩がいたら後輩から挨拶すべきだし、なにかあったら先輩に報告。実力があっても1年生は玉拾いからってのも当然だし、部長は基本的に最高学年から選ばれる。

部活時代に、すでに「上の命令には従え」と刷り込まれるんです。

後輩はとにかく先輩に責任を丸投げすればいいし、先輩は面倒事を後輩に押し付ければいい。

年上を敬う情緒教育というより、先輩が心置きなく横柄に振舞える環境を容認しているだけではないでしょうか。

 

苦難は耐え忍べ!はパワハラである

部活への本気度によりますが、部活では多くの苦難を味わうでしょう。いくら楽しくても、万事上手くいくってことはありません。そういうときは必ずといっていいほど、「困難は耐え忍べ」と教えられます。

「逃げるな」「立ち向かえ」「耐えていればいつか報われる」。うわべだけのとても美しい言葉です。

中高生は多くの場合、純粋で素直です。「耐えろ」と言われたら「耐えるべきなんだ」と理解するでしょう。情操教育という名の洗脳です。

忍耐を押し付けられ根性を強制されると、大人になった時も「耐えなきゃいけない」「逃げちゃいけない」と自分で逃げ道をふさいでしまうんじゃないでしょうか。

耐える必要のない理不尽や逃げる方がいい困難だってあります。それでも部活という狭いコミュニティでは、「逃げるな」「耐えろ」と洗脳します。

そういう教育をしておいて、「ブラック企業はすぐに辞めましょう」なんて、どの口が言うんでしょうね。

 

湯水のように時間を費やすのが当然

部活というのはおもしろい制度で、「強くなるために」「結果を出すために」という目的を掲げて、湯水のように時間を費やすことが当然となっています。

そしてそれは、「やりたいから」という単純な気持ちで正当化されます。

そこでは、「みんなで目的を成し遂げるために自分の時間を犠牲にするのが当然」という考えが育ちます。

ですが、学生の本分は学業です。部活に入ると、朝練、昼練、放課後練、土日練とものすごい時間を捧げることになる。緩いところもあるだろうけど、基本的に理由のない休みは禁止。学校によっては部活に強制加入です。

部活に入ったら最後、自分の時間よりも部活のために時間を使うしかなくなります。

なぜなら、活動時間や活動頻度すら自分で決められず、「部員」である限り「部活」への貢献を求められるから。

学生時代ですらこうなんだから、会社でも「自分の時間を犠牲にして仕事すべき」理論を受け入れちゃいますよね。

学生だからこそ、自分の時間をどう使うかを学ぶべきだと思うのですが、部活ではその機会はありません。

 

いじめや事故が多発する集団行動という闇

部活の一番の罪深さは、「集団行動」にあると思います。

部活に本気になればなるほど絡む人も部活関係がメインになっていくし、朝から晩まで、土日含めずーっと一緒です。

さらに「みんなで同じ目標に向かう」という共通意識がはたらくので、謎の閉鎖空間が生まれます。

それはいわゆる「ムラ社会」なんですが、それを結束と言い換えて美しいものだと見せかけます。

結束したからには最後、集団のために個を犠牲にしなきゃいけません。ワガママは言わない。休まない。先輩には反抗しない。だって僕たちは仲間なんだから、仲間を思いやるのは当然だろう!とこう言うわけです。

その結果、だれも「おかしい」と言い出せなくなります。

わたしの高校は校則では染髪OKなのに、弓道部は茶髪もパーマも禁止でした。ピアスは危ないので禁止するのは理解できますが、髪型で実力は変わりませんよね。

でも「武道だから」という理由で禁止です。そこに客観的根拠は不要。

理不尽で納得いかなくても、結束というしがらみに囚われた閉鎖空間ではそれが当然の常識としてまかり通る。これは恐ろしい洗脳です。

 

部活によって社畜根性が培われる

部活に青春を捧げた人を否定するつもりはまったくないし、部活は部活のロマンがあると思います。一概に「部活」といっても、活動頻度や濃度がちがうのは承知しています。

ですが、部活は子どもたちに「理不尽を受け入れろ」という意識を植え付けます。

逃げることは裏切りであり、自分の意見を言うことは先輩への反抗であり、休むことは怠慢である。これはすべて、ブラック企業が得意げに押し付ける理論でもあります。

「先輩は絶対だから逆らうな」「逃げずに耐え忍べ」「みんなのために自分の時間を犠牲にしろ」。どれもザ・社畜の考え方ですが、部活ではそれが当たり前なのです。

恐ろしくはありませんか?

部活という制度自体が悪いわけではありません。ただ、根性論を美談にしたり、自己犠牲を払うことを当然とする風潮には疑問を持つべきだし、疑問を持たない学生を育ててはいけないと思います。

部活というシステムを今一度見直して、むしろ部活では積極的に、「理不尽には戦うべきである」と教えていってほしいです。

部活っていう閉鎖空間のなかで、前途ある若者が社蓄予備軍になってしまわないことを祈るばかりです。

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

おすすめ教材

ここからは、中学生にお勧めの教材を紹介します。高校生にお勧めの教材はこちらをご覧ください。

英語

キクタン〈中学英単語〉高校入試レベル キクジュク 中学英熟語 高校入試レベル 改訂版 キクタン【Entry】2000

キクタンは文字通り耳で覚える単語集(CD2枚収録)。教科書に出てくる単語だけでは不十分。定期テストは乗り切ることができても、実力テストでは教科書に出ていないものもバンバン出てきます。中学生必携の単語集です。

ひとつずつすこしずつホントにわかる

文法事項が詳しく説明されています。この参考書の良いところは動画で授業をしてくれるところ。英語嫌いの生徒でもすんなり頭に入るでしょう。

英語をひとつひとつわかりやすく

「ホントにわかる」シリーズよりも内容は易しめ。監修は山田暢彦先生。このテキストを使ってYouTubeでとってもわかりやすい授業を公開しています。

NOBU先生のやさしい解説で中学英語

こちらのテキストは教科書準拠。丁寧な解説に教科書の内容に沿った問題で学習を進めることが可能です。付属のCDでリスニング対策もばっちり!

高校入試合格BON!英語

中学3年間の基礎がコンパクトにまとまっています。高校入試の準備として使うと効果的です。

数学

ひとつずつすこしずつホントにわかる 

とても見やすく、動画付きで理解もしやすい教材。基礎から徹底的に学習するのにぴったりです。

中学チャート式数学

数学と言えば数研出版。中学生用のシリーズもご多聞に漏れず秀逸です。数学が好きな生徒にはピッタリ。自学でもメキメキ実力アップ。

高校入試合格BON!数学

中学数学の総まとめ教材。カラーページが多く、数学嫌いの生徒や数学が苦手な生徒でも取り組みやすくなっています。

国語

出口の国語レベル別問題集―高校受験 (理論編)

現代文のカリスマ講師、出口汪による教材です。中学生向けに書かれていますので、わかりやすい表現になっています。文章の読み方、問題の解き方などを徹底的に解説。現代文が苦手な高校生にもおすすめです。

出口の国語レベル別問題集 (基礎編)

国語は一度得意科目にしてしまえば、勉強をしなくてもコンスタントに高得点がとれる教科です。理論編で問題の解き方を学んだあとは、こちらの問題集で力を定着させましょう。

理科

マイスタディガイド 中学理科

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。理科の暗記学習はこれでばっちり!

ひとつずつすこしずつホントにわか

付属のネット動画がとてもわかりやすく、まるで家庭教師の授業!基礎から標準レベルの力をつけるためには最適なテキストです。

図でわかる中学理科1分野・2分野

タイトル通り、図や表がふんだんに盛り込まれたビジュアル参考書。勉強の仕方も説明されているので、テキスト通りに勉強を進めていけば、中学理科の各分野の理解が深まります。

高校入試合格BON!理科

基礎から標準レベルの知識を効率的に身に着けることができます。一人でも学習を進めやすく、編者のこだわりが随所に感じされます。

社会

マイスタディガイド中学社会

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。社会の暗記学習はこれでばっちり!

学研パーフェクトコース

ハイレベルな参考書。社会が大好きな生徒はこの一冊でどんどん自学を進めるとぐんぐん実力がアップします。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学地理

地理はやみくもに暗記してモス部に忘れてしまいます。地図と関連付けながら覚えていくのがポイントです。こちら教材の動画を見なが具体的なイメージを描いて勉強を進めていくことができます。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学歴史

歴史の勉強は、頭の中に年表を作ることが重要。この教材は動画と連動した学習で、現代までの時代の流れを無理なく覚えていくことができます。

チャート式基礎からの中学歴史

数学に定評のある数研出版社のテキスト。社会の教材ではことらがおススメです。演習書が付属しており、定期試験対策だけでなく、自高校入試の対策にも最適です。

まんが攻略BON!中学歴史 

こちらの教材は問題集ではありませんが、苦手教科の対策の第一歩としておすすめの教材です。名前の通りマンガで解説されていますので、スイスイ読み進めることができます苦手な人が多い歴史、公民、古文などをはじめとして、ほぼ全教科がそろっています。毎日気軽に触れることで苦手意識がなくなっていきます。

中学公民をひとつひとつわかりやすく。

公民は身の回りの生活に深くかかわっており、内容的に社会の中で最も理解しやすい分野です。こちらのシリーズで定評のある動画授業でぐんぐん理解が進みます。

わからないをわかるにかえる中学公民

公民が苦手な生徒にはこちらがおススメ。基本からしっかり教えてくれるます。

高校入試対策

「やさしくまるごと」シリーズ

基礎基本をしっかりと身に着けたい生徒向け。YouTube動画の授業で無理なく勉強を進めることができます。この教材でまずは偏差値40台を目指しましょう。

「高校入試合格BON!」シリーズ

偏差値50を目指す生徒におススメ。標準レベルの内容で3年間の学習内容を総復習できます。このテキストを完ぺきにこなせるようになったら、上のレベルにすってっぷアップしましょう。

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 

受験生の50%以上が正解できた入試問題だけを集めているため効率的に基本問題を復習することができます。全ての問題に「受験生のどれくらいが解けた問題なのか」という正答率が表示されています。1ページあたりの問題量も少ないため無理なく進められ、モチベーションアップにつながります。

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題

こちらの問題集は受験生の50%以下の生徒しか解くことができなかった難しい問題を集めた問題集です。偏差値は相対評価なので、みんなが解けない問題を解くことができるようになれば偏差値60が突破できるようになってきます。こちらの問題集もすべての問題に正答率がついています。正答率30%以下の問題が解けるようなれば、実力は相当なものです。何度も何度も繰り返し解いて応用力を伸ばしましょう。

「高校入試 塾技」シリーズ

Z会の現役塾講師が、塾独自の理科「塾技」を公開。  学校では教えてくれない「塾技」が学べます。偏差値60台前半の子には難しいところがあるようですが、偏差値70超の子にはほどよいらしく、よくまとまっていて良いと喜ばれました。基礎的なことを勉強したい人より、さらに難しいことを勉強したい人向けです。著者運営サイト「塾講師が公開! 高校入試 理科 塾技80」で、無料補充問題を公開しています。

 全国高校入試問題正解シリーズ

偏差値60以上の生徒向け。前年度の公立高校と主な国立・私立および高等専門学校の入試問題を収録した過去問集。電話帳並みのボリュームなので、自分の苦手なパターンの問題をピックアップして取り組んでみましょう。過去問は、入試のための実力養成に最適の問題集です。

「高校入試虎の巻」シリーズ

都道府県ごとに出版されています。自分が受験する都道府県の虎の巻を使って過去問練習をすることで、自分の実力を確認することができます。各教科単元別に編集されていますので、苦手分野を集中的にトレーニングすることも可能です。

最高水準問題集高校入試数学 

難関国私立高校入試で出題された問題を中心に編集されています。学校や塾の勉強では全く物足りない方はこちらの問題集でトレーニングをしましょう。こちらの問題集は超難問でも得点できる力をつけるための勉強として取り組んでほしい教材です。かなり骨のある問題が掲載されていますが、この問題集の良いところは解説が丁寧である点です。この問題集の全問制覇はとてつもなく難しいです。偏差値70未満の生徒は手出しをしないでください。

おすすめ教材

コラム

勉強のコツ

受験情報

受験生の保護者様へ

国語

大学受験対策

数学

未分類

生徒募集

社会・理科

英語

試験対策

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー

Count per Day

  • 327731総閲覧数:
  • 386今日の閲覧数:
  • 294昨日の閲覧数:
  • 108今日の訪問者数:
  • 236昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日: