「君ならできる!」と信じてあげる。~自信のない子を勇気づける方法

受験という大きな目標を前にして、発奮するよりも前にプレッシャーを感じてしまう子どもが多くなっています。

そんなときには、「がんばれ」と励ますよりも、

「君ならできる」と信じてあげることが大切です。

子どもを信じてあげるだけでドンドン成績が上がっていく。

これをピグマリオン効果といいます。

ここでポイントとなるのが、「がんばれ」と励ますのではなく、

「君ならできる」と相手を信じてあげる言葉かけです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ