「自分はできる人間」という自信が積極性を生み出す

できていないことばかり気にする子どもには、「できていないこと」ではなく、「できていること」を聞いてあげましょう。

 

「できていること」に目を向ければ自信が持てるようになります。

ここで大切なのは、「できていないこと」だけではなく、「できていること」にもきちんと意識を向けるということです。

まじめな子、完璧主義な子ほど、できないことに気をとられて、自信を喪失して調子を崩してしまいがちです。

そうしたタイプの子には、できていること、うまくいっていることに意識を向けてあげるようにしましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ