仕事をするときに求められる能力とは?



皆さんの中でこんなことを思う人はいるでしようか?

「大人になっても働きたくない」

 

「人と関わらずに生きていきたい」

残念ながら大人になれば働くことも

人と関わることも避けて通ることはできません。

少しでもそう思っている人は、

そんなことはできないのだとまずあきらめることです。

 

社会に出て人と関わるにはいろいろなことが必要です。

言葉遣い、礼儀、相手を思いやる気持ち、読み書き計算、バー コンを使う能力・・・

挙げたらきりがありません。

その中でも特に重要とされているのが

コミュニケーション能力です。

 

コミュニケーション能力とは簡単に言えば

「聞き取る能力・伝える能力・人間関係をスムーズに保つ能力」

だと思ってかまいません。

 

「何だ、簡単なことじやないか」

そんな声が聞こえてきそうですが、

実際に働いてみるとほとんどの人が

最初はここで苦しみます。

皆さんにも気の合う友達がいると思いますが、

嫌いな友達もいると思います。

その嫌いな友達を思い浮かべてください。

嫌いな友達と毎日顔を合わせて

会話することを想像してみてください。

人の好き嫌いが激しい人は

ちよっと絶望的になるかもしれませんが、

働くということは、

かかわる対手を選ぶことはできません。

しかし、そんなに心配する必要はありません。

大人になれば多くの人が精神的に発達しますから、

言葉造いや気配りができるようになります。

私の中学時代にも不良グループというのがいたわけですが、

大人になって会ってみるとみんな人当たりのよい人間になっていました。

それには結構驚いたものです。

 

ところが中には精神的に大人になれていない人も結構いるわけです。

ヒステリーだったり

きつい言葉ばかり言ったり

全くしゃべらない人だったり・・・。

社会人になると気の合わない人とも

関わることは避けて通ることができません。

そういった嫌いな友達とも

ずっと関わっていかなければなりません。

 

しかし一番恐ろしいことは

自分がそういう人間になってしまう場合です

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事をするとこのような人とかかわることも多々あります。

こうなると職場で孤立してしまって

周りからは煙たがられ、

最悪クビということもあります。

働くということは仕事ができるだけでは通用しません。

 

 

ばいいというものではありません。 相手が嫌がること、傷つくことがどういうことかわかって

プライドが高い人、神経

賢な人、

面白い人、

気さくに話しても大丈夫な人、

まじめな 人、

性格がちよっと変わった人・・・

いろいろいるわけです    いる人は概して友達が多いです。

が基本的には先輩は立てなければうまくいきません。

そして 人によって機嫌を損ねるポイントが違います。

どういうことを言うと機嫌を損ねるのか、

ドウイウコトヲ言うと機嫌を損ねるのか?

そこだけ注意すれば大丈夫です。

人と関わることも多々あります。 |

相手が嫌がること

傷つくことがどう行くことかわかっている人は

概して友達が多いです。

もっと言えばそういう人は 気配りができている人です。

コミュニケーション能力とは

気 配りする能力と言ってもいいかもしれません。

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ