名コーチになるための3つのポイント

コーチングのテクニックに習熟するためには、

自分と問答せよということを、

前に述べました。

ここでは、

コーチング術を (手っ取り早く)身につけるための

三大原則をお教えしましよう。

それは、

・答えは本人 (子ども) が持っている

・本人は、問題を解決する能力を持っている

・本人から答えを引き出す過程がコーチングである

という三点です。

 

たったこれだけのことを肝に銘じておくだけで、

今日からあなたも立派なコーチです。

コーチングは

「人に自らの考えで行動させる」手法ですから、

「質問型のコミュニケーションを用いて、

 相手に自分がとるべき行動を選択させる」

というものでした。

「でも、どう質問すれば?」

と不安を感じる必要はありません。

コーチングのマジックワードは次の三つです。

・なるほど (受け入れ)

・どうすればいいと思う? (問いかけ)

・○○なら大丈夫だよ (励まし)

 

基本は「どうすればいいと思う?」を連発すること。

そして 「なるほど」と受け入れ、

「大丈夫だよ」と励ます。

 

コーチングのテクニックは

たったこれだけで良いのです。

あとは最後にもう一ひねり、

「いつごろまでに、何をどこまでできるかな?」

と、お子さんに目標達成までの期日を考えさせ、

決定させるだけ。

 

中でも「受け入れる」「励ます」の部分が、

非常に重要です。

「ダメ・・・」

「でも・・・」

「しかし・・・」

「違う・・・」

「絶対〜ない」

などの否定的な言葉は、

口にしないようにしましよう。

 

「ダメじゃないの!」を

「~するにはどうすれば良いと思っているの?」に

 

「ちっともやらないんだから!」

「○○をしなさいって言ったでしよ!」を

「いつごろまでに、何をどこまでできると思う?」

に変えるのです。

 

最初のうちは努力が必要です。

多大な努力が必要なことから、

日頃、子どもに対して、

どれ ほど否定的な言葉を繰り返していたか、

気づくことになるでしょう。

ついつい禁句が口からこぼれ落ちそうになったら、

最初はウソでも良いですから、

「なるほどね」を連発することです。

外部から強制された行動はハッピーではありません。

しかし、自ら選択した行動は、

人間をハッピーにします。

 

「へンなこと約束しちやったな」

と思っても、命じられた時のようには、

苦にならないもの。

同じ行動をとっていても、

それに至るまでのプロセスの違いで、

精神状態や意欲に雲泥の差がでます。

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ