郡山のプロ家庭教師直伝!高校受験生が夏休みに勉強すべきこと

郡山市内の各中学校で、

今年度一回目の定期テストが実施されています。

早いもので、

あと一か月もすると夏休みです。

そこで今回は、

一足早く、夏休みに勉強しておくべきことをお話しします。

 




 

夏休みにするべき勉強は…

 

ズバリ

 

暗記 

 

これに尽きます。

 

学習塾の夏期講習では、

過去問などをまとめなおしたテキストを使って問題練習をします

しかし、問題練習の効果が発揮されるのは、

知識が備わっている生徒のみです。

つまり、最低でもB判定以上をとっている生徒ですね。

7月8日に新教研テストがありますので、

夏休み前には今年度初めての判定が出るはずです。

その志望校判定がC以下の人は、

まずは理科、社会、英単語、英熟語、英文法の暗記を徹底するべきです。

 

問題練習は、

知識が十分に備わっている上程で取り組んでこそ

効果が発揮されます。

ですから、知識の習得が不十分な状態で

問題練習を重ねたとしても

期待される効果を得られない場合がほとんどです。

 

夏期講習に参加すると、

勉強している気分になってしまいますが、

まずは、暗記事項を徹底的に覚えて、

知識を習得してください。

もちろん、夏期講習を受講することを否定は致しません。

ただし、夏期講習の宿題に追われて、

肝心の知識の習得(暗記)が疎かになっては、

本末転倒です。

暗記も、夏期講習の宿題も、

どちらも両立させるつもりで夏期講習を受講してください。

 

夏期講習と暗記、

どちらを優先するべきかと問われたら、

絶対に暗記です。

 

夏休みは、

授業が進まないので、

暗記には絶好の機会です。

しかも、最初で最後の機会です。

(冬休みでは遅すぎます)

夏休みが明けると、

新しい学習事項が増えてきますので、

1~2年の内容の暗記にかけることができる時間がありません。

 

ですから、

この貴重な夏休みは、

これまで学習したことの中で、

まだ覚えていないことを徹底的に覚えてください。

そうすれば、

2学期に成績が伸びてくること請け合いです。

( ´∀` )

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ