間違いなおしノートを作ろう



 

いよいよ勝負の2学期突入!

といっても、すでに9月が終わろうとしてます

今月は、定期テストと実力テスト対策にてんやわんやで、

ブログを更新するのが後手後手になってしまいました

さてさて今回は、

間違いなおしノートづくりの進めです

 

この時期になると、

新教研テストや実力テストの過去問に

取り掛かり始めている頃かと思います

 

問題練習を積み重ねるのはとても効果的です

ぜひ続けてください

しかし、解きっぱなしではだめです

必ず間違い直しをしてくださいね。

 

間違い直しをするときは、

専用ノートを用意しましょう

できれば、各教科1冊ずつ準備するのがベストです。

 

間違い直し用ノートが準備できたら

問題練習で間違えた問題をノートに

復習していきます

解き直しをするわけです

このときに、ノートのページを縦に2分割して、

左側には問題を写し、

右側に回答を書くようにしましょう

このように間違えた問題を写しながら解き直しをすることで、

復習と同時に、

自分の弱点ノートが出来上がります

テスト直前には

弱点ノートの問題を復習すれば安心です

なんといっても、

自分が間違えた問題ばかりが載っているのですから

数学や英語の文法問題は、

手書きで写しても、それほど大変な作業ではないと思いますが、

理科や社会は、

問題を映していると大変です

そんな時は

問題を縮小コピーして貼り付けるとよいでしょう

70%以下に縮小すれば、

ノートの左半分に収まると思います

 

間違い直しノートを作る習慣がつくと

時直しの効率が一気に高まります

冬休みになると、

手遅れになりますので、

間違い直しノートを作る習慣を身につけるには、

10月がラストチャンスです。

 

受験までまだ間がある中学1・2年生の皆さんは、

今のうちに、間違い直しのノートづくりの習慣をつけておきましょう

後が楽です

 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村






コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ