郡山のプロ家庭教師 合格への道 高校受験・大学受験(現代文/古文/漢文)指導

勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

まだ書いて覚えているの?受験生のための勉強法講座

time 2019/04/11

まだ書いて覚えているの?受験生のための勉強法講座

暗記するためには何度も書かなければならない?

暗記するためには何度も書かなければならない?

このような考え方を持ち、英単語などを何度もノートに書き写している生徒は多いですね

しかし残念ながら、覚えるために何度も書くというのは、もっとも非効率的な勉強法なんです

小学生にとっては、字を書く訓練という意味合いもありますので、

何度も書くという行為自体に意味があります

でも、中学校に入ったら「書いて覚える」勉強法はやめにしましょう

小学校からの習慣で、中学校に入っても書いて覚えようとする人が多いですが、

時間ばかりかかる勉強法で、はっきり言って悪習慣です

このような勉強法はすっぱりと切り捨てて

効率的な、「目で見て覚える」勉強法の訓練をしましょう

 

書いて覚える方法はどのくらい非効率的なのか?

たとえば、ある英単語を書いたときに

1つの単語を書くのに6秒かかったとしましょう

これ、目で見たら1秒で終わりますよね

単純に考えて、6倍のスピードで勉強が進みます

1分あれば、各勉強では単語10個しか勉強できませんが、

見る勉強法では60個勉強できますよね

この差は圧倒的です

 

手を動かす<反復

記憶をするためにとても大切なことは「反復回数」です

1つの単語を60秒かけて10回書くよりも、

1分で60個の単語を見る方が記憶は定着します

なぜなら、見る勉強の方が反復しやすいからです

人間が母国語を覚えるときには、書いて覚えることはしませんよね

これは、周りの人々が話をしている日本語を何度も聞き、

親が日本語を話している姿を見て覚えたのです

英語も当然同じ方法で覚えることが可能です

ただし、英単語の意味を日本語と紐づけるという作業が必要ですが・・・

 

まずは英語から始めてみよう

英単語を書いて覚えるのではなく、

目で見て、そして反復回数をひたすら増やして覚える

これこそが、最も効率的な勉強法です

よく

「何回ぐらい反復すればいいですか?」

という質問を受けるのですが、

20回の反復で覚えられたら天才だと思ってください

つまり、天才ではない人は、50回、100回と繰り返す必要があるわけです

これ、書く勉強法ではとうていできませんよね?

しかし、見る勉強法ならば、100回の反復も可能です

さぁ、今すぐ始めてみましょう!

 

Count per Day

  • 288650総閲覧数:
  • 128今日の閲覧数:
  • 242昨日の閲覧数:
  • 227206総訪問者数:
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー