中学理科 示相化石の覚え方




化石となった生物が生息していた頃、その場所がどんな環境だったかを知る手がかりとなる化石を「示相化石」といいます。
示相化石は、温暖な気候を示す「ブナ・カシ・ナラ」などの広葉樹や,冷涼な気候を示す「メタセコイア」などの植物も紹介されますが,圧倒的に試験に出題頻度が高いのが,貝とサンゴ。

「示相化石は明石家(あかしや)さんご」

「あ」=アサリ[浅い海・砂浜] 「か」=カキ[浅い海・岩場] 「し」=シジミ[河口や湖] 「サンゴ」=サンゴ[暖かくてきれいな浅い海]









コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ