受験で差がつく教科とは?

高校受験の勉強法情報はここから!郡山家庭教師学院のブログ記事より,

********************************************************************

受験で差がつく教科は何かご存知でしょうか?

実は『大きな差』がつくのが、「英語」と 「数学」なのです。
ですから、基本的に英語と数学の勉強に力を入れる事が
合格のために最も求められることなのです。
極端な話、苦手と感じたその日から、復習して下さい。
毎年、大勢の受験生が第1志望校に不合格になり、 泣いています。
その原因は「英語」と「数学」で大量失点してしまい、『大きな差』をつけられたからです。
英語と数学の復習をサボった人ほど第一志望をあきらめざるを得ない状況になっています。
ですからそうならないように、 英語と数学は常に得意にしておかなければなりません。
教科の優先順位「第1位」が、英語と数学という事です。
英語 数学 この2教科が「同率1位」なのです。
今の時点でお子さんが、「英語が得意」「数学が得意」 という状態なら、
それはかなり有利です。
受験における大きな武器になりますので、 今後も得意教科として育て続けて下さい。
今の時点でお子さんが、「英語が苦手」「数学が苦手」 という状態なら、
受験に不利になりますので、 今すぐ復習に取り掛かって下さい。

他の教科を放っておいてよいというわけではありません。
もちろん、他の教科も大事です。
でも、社会と理科は追い込みがかけられます。
積み重ねが重要な教科である英語と数学は
短期間での学力アップが難しい教科なのです。

もっと学力アップが難しい教科があります。
それは・・・
国語です。
しかし、国語は一度コツをつかんでしまえば、
漢字の暗記だけで高得点を得られる教科となるのです。

多くの塾や家庭教師が数学と英語に力を入れるのは、
こういう理由があるのです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ