理科と社会の勉強法 福島県の高校受験

みなさんこんにちは!

郡山家庭教師学院です。

 

理科と社会は、知識が直接点数に結び付く教科です。

いくら思考力の優れている生徒であっても、

知識が頭に入っていなければ、正解を得ることはできません。

前回の記事では、

受験勉強の第一段階として、

チェックペンと教科書を使って、

重要事項を覚えよう!

ということをお話ししました。

 

しかし、

「あんな分厚い教科書を覚えるなんてムリ!」

「もっとかんたんに始められる方法はないの?」

という意見を多数いただきましたので、

今回は、理科と社会の知識整理に最適な参考書を紹介します。

それがこちら、

学研のマイスタディガイド理科社会です。

理科の中身はこんな感じです。

この参考書はカラーラストを多用しており、

とても読みやすくまとめられています。

重要語句は赤字で刷ってありますので、

付属の赤い透明シートを使って暗記に使うことが可能です。

理科は赤文字の語句を覚えておけば、大丈夫でしょう。

 

社会の中身はこんな感じになっています。

理科と同じように、重要語句は赤文字になっていますが、

社会の場合は、赤文字の重要事項だけでは不十分です。

黒太文字の重要語句もありますので、

赤黒両方の重要語句を覚えるようにしましょう。

 

たとえ、たくさん問題練習をしても、

肝心の知識が心もとないままでは、

点数は上がりません。

今回紹介した参考書は、

大事なポイントをわかりやすくコンパクトにまとめた良書です。

何度も何度も繰り返し読んで、

早めに知識を整理しておきましょう。

もちろん、定期テスト対策にも有効です。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ