郡山のプロ家庭教師 合格への道 高校受験・大学受験(現代文/古文/漢文)指導

勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

高校受験のための勉強法(5)高校受験に向けた学習計画 入学試験編①

time 2015/03/03

こんにちは!
ワイズアップ!郡山家庭教師学院です。
今回は高校受験に向けた学習計画の中でも
入試のための学習計画について
詳しくお話をさせていただきます。

どれだけ内申点を上げたとしても,
入試本番で得点を取ることができなければ,
志望校に合格することはできません。
ここでは,
入試当日に確実に得点するための
長期的な計画について解説をします。

入試当日までの1年間を
下のような6つの期間に分けて考えて見ましょう、
ステップ1 中学2年の春休み
ステップ2 1学期
ステップ3 夏休み
ステップ4 2学期
ステップ5 冬休み~1月
ステップ6 受験直前(3月)
ステップ1 中学2年の春休み

中学3年生になる前の春休みは,
中学1・2年で学習した内容を復習しておく時期です。
この時期は,まだ多くの人が受験を意識できていない時期です。
だからこそ、ここから頑張ることができれば,
他のライバルと差をつけることができるわけです。
この時期の復習としては,
5教科全ての苦手な部分を中心に復習できるのが理想です。
ただ春休みというのは短いということもありますので,
ですから少なくとも英語と数学2教科についてだけでも
苦手を克服するための勉強に取り組むようにしておきましょう。
英語と数学は積み重ねの教科です。
これまで学習した内容に取りこぼしがあると
これからの中3内容を学習するときに苦労してしまう教科なのです。
英語であれば単語や文法がわかっていなければ,
今後新しく出てくる教科書本文を理解事すら困難になりますし,
数学は,計算力がないままだと,
3年1学期の最初からつまづく可能性があります。

新年度が始まってからでは,
学校の授業がどんどん進んでいきますので,
1・2年の内容を復習する時間が十分に取れません。
だからこそ,春休みのうちに復習を済ませておくことがベストなのです。

どんな教材にで復習をすればよいかということについては,
下記を参考にしてください。

《春休みの復習に使用する教材》

・学校で使用している受験用の問題集
学校によっては,2年生の2学期後半から,
受験用の問題集を購入して生徒に学習させているところもあると思います。
この受験用の問題集は,1・2年の内容と,3年の内容とに分かれているので
春休みの復習にはもってこいです。
春休みの入る前から1年の復習を始めるのがベストでしょう。
福島県の中学校では,
「あかつき」という出版社の「整理と研究」という問題集がよく使われています。
とてもよくできた問題集で,もちろん5教科そろっています。
余計なものには手を出さず,ガンガン問題を解いていきましょう!

・学校の問題集
学校で受験用の問題集を購入していない場合は,
2年のときに使った各教科の問題集を使って復習しましょう。
全部解くのは大変ですので,
各章のまとめの問題をとくようにしていくとよいでしょう。
ただし,この場合1年の内容の復習はできませんので,
別途書店などで1年の問題集を購入しましょう。

・書店で購入した問題集
上記2つの問題集をいずれも用意できない場合は,
書店で購入しましょう。
実際に自分の目で見て,自分の実力にあっているものを選びましょう
amazonのサイトから「中学 1・2年」というキーワードを入力すると,
いろんな問題集が出てきます。
それらを参考に,できるだけ実際に書店に行って選んでくださいね。
中学1・2年の内容をまとめて1冊で復習できるものを選びましょう。
5強教科分買ったとして,
高くても5,000円程度で足りると思います。

ステップ2以降につきましては 次回の更新で詳しくお話いたします。

down

コメントする

Count per Day

  • 288648総閲覧数:
  • 126今日の閲覧数:
  • 242昨日の閲覧数:
  • 227204総訪問者数:
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー