福島県の高校入試 志望校の決め方 内申点のボーダーラインに気を付けよう

1月も下旬に入り、そろそろ志望校を最終決定しなければならない時期となりました

県立高校のⅡ期試験で合格することを最終目的と考えた場合、

1月の新教研・実力テストの結果で判断するのが一般的です

ただし、2月の新教研・実力テストの結果も考慮に入れた方がよいでしょう

例えば、

1月のテストの結果で安積高校を志望していた場合、

2月の結果も1月と同様であれば、そのまま安積高校を受験してもよいでしょう

しかし、2月の結果が振るわなかった場合は、

県立高校への合格を優先するならば、

安積黎明高校への変更も検討するべきです

どうしても安積高校に挑戦したい!

ダメだった場合は私立でも構わない!

という場合は志望校を変える必要はありません

要は、結果を受け入れることができるかどうか

ということを念頭に志望校を変更するか否かを

決めなければならないということです

 

福島県の県立高校Ⅱ期試験では筆記試験と同時に

内申点も合否判定に関係します

県立Ⅱ期の場合、

筆記試験の点数と内申点が

どちらもボーダーラインを超えている生徒が合格となります

内申点が悪ければ、

筆記試験の結果が良くても不合格となる場合がありますので、

気を付けてくださいね

 

各校の内申点のボーダー(推測値)は次の通りです

安積高校   平均評定 4.3以上

安積黎明高校 平均評定 4.0以上

 

平均評定が上記に満たない場合は、

志望校の変更を検討してもよいかもしれません

 

私個人の意見としては、

入試は筆記試験のみの一発勝負の方がよいと思っています

各中学校ごとにレベルが全く異なる定期テストの点数と

学校の先生の主観的な尺度で評価された評定の数値で

高校の合否が左右されるというのは

どうしても合点がいかないのです

同じ理由で、

Ⅰ期選抜の学力による選抜にも反対です

公然の事実として、

郡山市郊外の学校や町村部の学校の学校の生徒方が

市街地や私立の学校の生徒よりも

簡単によい評定をもらうことができるのです

そんな基準がバラバラな数値で

合否を決められるというのは不公平です

Ⅰ期選抜はスポーツ、音楽、文学、学術研究で秀でた成績を残した生徒や

英検、数検で高校レベル以上の資格を有している生徒のみを

対象にした方がよいのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ