1回5分の暗記学習でがっちり!その4

高校受験の勉強法情報はここから!郡山家庭教師学院のブログ記事より,

http://ameblo.jp/koriyama-surala/entry-11930021699.html

*********************************************************************

みなさんこんにちは、

郡山家庭教育学院の鈴木です。

今回は1回5分の暗記学習その4についてのお話です。

徹底的に学習したいときは

次のように学習を進めてみてください。

step5の正答率が70%以下だった場合・・・
人間は忘れる生き物ですから、

もちろん忘れてしまった部分も多少出てきます。

ただ、あまりにも忘れた部分が多すぎて、

正答率が70%を切るようでしたら、これは大問題。

そのような場合は、もう1度step3だけでいいので、

その日のうちにざっと見直します。

過去に1度積んだ知識というのは、

たとえ忘れてしまっても、すぐによみがえります。

だからそんなに心配する必要はありません。

もっと確実に暗記を定着させたいならば、

毎日確認することをおすすめします。

具体的に言えば、

1ページの暗記プリントを完成させたらそれで終わりではなく、

次の日も、またその次の日も、

夜寝る前に、step4だけ試し続けて下さい。

もちろん日を追うごとに、チェックする量がどんどん増えていきます。

1日2ページずつ、5日で10ページ覚えるとしたら、

こんな感じで毎日チェックして下さい。

1日目の夜:2ページ確認

2日目の夜:4ページ確認

3日目の夜:6ページ確認

4日目の夜:8ページ確認

5日目の夜:10ページ確認

6日目の夜:10ページ確認

7日目の夜:10ページ確認

・・・これをテスト前日まで続けて下さい。

慣れれば簡単にこなすことができるようになります。

大変そうだから・・・とやる前にあきらめていてはいけません。

本当にすらすらできるようになりますから。

これを読んで、「なんだかめんどくさそう」とか思われたかもしれません。

しかし、実際にやってみると全然時間かかりません。

1ページを完璧に仕上げるのに、10分もあれば十分です。

慣れてくると、1ページを5分で処理することも可能になってきます。

そうなるともう、暗記分野が得点源になりますし、

5教科の総合得点も飛躍的に伸びてきます。

その結果、学年順位も上がります。

短い時間でかまいませんので、集中して取り組みましょう!

問題文を読んで、答えが反射的に出てくるようになるまで訓練して下さい。

この方法は、

何か暗記する必要があるときは、いつでも使えます。

大学受験では膨大な暗記を求められます。

そんなときのためのトレーニングだと思って、

今のうちから学習方法を身につけておきましょう。

できないものをできるようにする。

知らないことを知る。

これが勉強ですから。

最初はつらいかもしれません。

でもこのまま苦手を放置しておくわけにはいきませんよね。

しっかりと現実と向き合って、

一緒にレベルアップしていきましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ