1回5分の暗記学習でがっちり

高校受験の勉強法情報はここから!郡山家庭教師学院のブログ記事より,

http://ameblo.jp/koriyama-surala/entry-11929909567.html

*********************************************************************

みなさんこんにちは、
郡山家庭教育学院の鈴木です。
2期制の学校では定期テストも終わり、
そろそろ答案が返され始めているところではないでしょうか?
中学になると、
国語、数学、理科、社会、英語の主要5教科に加えて、
保健体育、美術、音楽、技術家庭の4つの実技教科もついきます。
9教科もテストをこなさなきゃいけないから、とても大変に思えますが、
勉強の仕方というのは、
突き詰めれば「2通り」しかありません。
暗記型の学習

問題演習型の学習

です。

「暗記」というと、ただひたすら覚えるとか、
詰め込み教育みたいなイメージがあって、
否定的な人がいるかもしれません。
しかし、現実問題として、
受験で合格するには暗記的要素が必要不可欠なわけです。
国語の漢字、英単語、社会なんてほぼ100%が暗記です。
暗記と言うのは知識の積み重ねですから、
知っているか知ってないかで得点に差がつきます。。
そして受験では得点で合否が決まる。
成績不振の生徒というのは、
「暗記型」の学習の部分で得点ができていません。
暗記型の学習の範囲は、知識=得点になりますから、
やればそのまま点数が取れるわけです。
こんなおいしい話はありません。
1回5分の学習を継続することで、暗記路領域の力はおどろくほどアップします。
しかし、それすらやらない生徒さんが多い。
やらないというか、やり方を知らないように思えます。
そんなわけで、テストが終わると勉強をしなくなってしまい、
次のテストの2週間前になって
「もう時間がない~!」ということになってしまうのです。
こうならないためにも、
1回5分の暗記学習について今後連載型式でお伝えしてきます。
※問題演習型の学習については、暗記型の学習の連載が終了次第ブログアップしていきます。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ