幸せな志望校の決め方 福島県立高校合格ボーダーライン



 

そろそろ三者面談も終わった時期かと思います

以前の記事でも触れました通り

11月のこの時期に志望校を決定してしまうのは

時期尚早です。

では、最終的な志望校はいつ決定すればよいのか?

ということについて、

一つのアイデアを提案したいと思います

志望校の決め方については、

様々な考え方があります。

難しいかもしれないけれども、

レベルの高い高校に挑戦するというのも

一つの案だと思います。

それ自体は否定いたしません。

たとえC判定だったとしても、

最後の追い込み次第では、

十分合格の可能性はあるといえるでしょう。

しかし、私が重視するのは、

入試に合格するということよりも、

入学後の勉強のことなのです。

志望校に合格したといっても、

300人の定員中

1位で合格した人もいれば、

300位で合格する人もいます。

C判定の人は、後者の可能性があるということです。

下位の成績で合格した場合、

入学後の授業は

自分がついていけないスピードで

進んでいく可能性大です。

到底部活との両立は不可能です。

学年上位の成績が取れなければ、

大学への推薦ももらえません。

そんな高校生活は

大きなストレスを抱えながらのものとなるでしょう。

部活動や、

高校のブランドへの憧れなど、

勉強以外の強い目的意識があれば

たとえ勉強が学年下位の成績であっても

充実した高校生生活を送ることができるとは思いますが、

そうでない場合は、

ギリギリの成績で入学するのはお勧めできません。

これがわたくしの志望校選択についての考えです。

賛否はあると思いますので、

ご自身が納得される方法で志望校を選択してください。

 

では、実力に見合った志望校選択のポイント

についてお話します。

とは言っても、

そんなに難しいことではありません。

ポイントは、

「1月と2月の実力テストまたは新教研の平均偏差値または平均点で決める」

ということです。

2回のテストの平均を出すというのは、

1回のテストだと「たまたま」という場合があるためです。

 

1月2月のテストは、

難易度が上がっており、

入試本番の結果を予想するのに大いに役立ちます。

夏のテストでは、

数学で40点台を連発していたのに、

冬になると30点台がやっとになってしまった

なんてのは、普通にあります。

逆に、7月8月のテストは、

入試直前に問題を見直してみると、

「なんて簡単な問題なんだ!」

と感じられることでしょう。

はっきりいって、7~10月のテストで

成績が良かったからといって、

まったく安心はできません。

大事なのは11月以のテストです。

特に1・2月は超重要です。

どの教科も問題のレベルがアップしますので、

テストの難易度が上がっても

十分合格できる点を取ることができるか?

ということがポイントになってきます。

どの高校に入るにはどれくらいの成績が必要なのか?

ということについては、下の表ご覧ください。

学 校 名 平均点 平均偏差値
安積 福島 200以上 67以上
磐城 安積黎明

白河(理数)

190以上 65以上
橘(普通)

会津(普通)

180以上 62以上
郡山(普通)

相馬(理数)

福島東(普通)

磐城桜が丘(普通)

170以上 60以上
郡山東(普通)

須賀川桐陽(数理)

白河(普通)

福島南(文理)

郡山(英語)

160以上 58以上
葵(普通)

福島西(普通)

福島南(国際文化)

須賀川桐陽(普通)

いわき光洋(文理)

150以上 56以上
福島西(数理科学)

白河旭(普通)

会津学鳳(総合)

湯本(普通)

140以上 53以上

すべての福島県立高校と福島高専の合格ボーダーラインについては、

こちらのリンクより、駿英家庭教師学院のサイトをご覧ください。

2018年受験用公立高校ボーダーライン早見表

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村






コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ