郡山市 家庭教師 1対1 個別指導 高校受験

勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

元教員が考える「教員の世界がおかしい」10の理由(アゴラより転載)

time 2017/01/20

みなさんこんにちは!

郡山家庭教師学院です。

アゴラに面白い記事が載っていました。

教員経験者なら誰しも感じるあるあるネタ。

以下 言論プラットホーム アゴラ からの転載です

 

小中学校の教員の勤務時間が大きな話題になっています。小中教諭の7割、週60時間超勤務ということです。ではなぜ、忙しいのでしょうか。これにかんして元小学校教員の東和誠さんが民間企業から教員に転職して驚いた教員の世界の常識~10選~というおもしろい論考を書かれていましたので、わたしも民間企業出身者として、自分の経験をふりかえって考えてみました。

20170118

1.そもそも労務契約がない

これは以前のべたことですが、公務員は労働者ではありません。ゆえに雇用契約書もありません。辞令交付書という紙ペラ一枚を校長に読み上げられるだけで、冊子のようなふつうの契約書にサインをすることはありません。教育委員会としても、教員の本務や雇用条件とは何かと考えなくて済むので、現状維持のまま行くのではないでしょうか。わたしが(教組の)組合員だった頃、学校の代表者が集まる分会長会議でタイムカードを提案したことがありますが、逆に教育委員会の管理を強める気かと非難ごうごうとなり、翌年組合を辞めざるをえませんでした。

参考:学校を悪くしたのは、だれか 文科省でたらいまわしにあう

2.勤務時間があってないようなもの

1.と重複しますが、労務契約がないので、勤務時間という概念もあまりありません。残業や休憩時間もずるずるなくなってしまいます。組合が強い自治体なら、けっこうがんばってくれますが、組合を潰してしまった自治体も多いので、調整役がいなくなってしまいました。組合の存在は思想的にも社会通念的にもひどいとは思いますが、契約に守られていない教員の唯一といっていい交渉チャネルでした。それを潰してしまった教組の先人たちの偉大さにはほんとうに感服します。わたしのいたK市は、組合離れが甚だしい今どき組織率が9割近くでしたが、専従職員が管理職に横滑りする慣習があったので、組合は完全に教委に取り込まれていました。ちなみに、小学校教諭の場合、高学年になると最大29時間もつことになり、子どもたちが帰るのが4時近くになります。週40時間しかないのに授業時間だけでこれだけになるのはかなり無謀ではないでしょうか。授業時数は文科省に厳密に決められていて、しかもその授業時数を上回るためにかなりギリギリでやりくりしています。そのラインをとにかく割らないように細心の注意を払います。子どもたちも大人の事情につきあって、6時間目には疲労困憊というのはあまりにかわいそうです。

 

3.会議が多い

会議がとにかく多いです。会議のためには授業時数が足りないのに子どもたちを早く帰したりします。みなさんは学校の会議といえば職員会議を想像するかもしれませんが、さまざまな会議があります。校務分掌ごとに会議があって、国語会議だ、体育会議だ、特別活動会議だ、行事会議だ、研修会議だとなんでも会議があり、放課後は研修か会議ばかりやっています。会議が終わるころには退勤時間はとっくに過ぎています。一度できた会議が減ることはありません。

 

4.研修が多い

公務員に多いのか、研修でパワーアップできるという考えがあります。研修のために午前中で授業が終わったりします。研究授業もありますが、座学もあります。研究授業は、文科省の建前的な授業をしなくてはならないので実力はまったくつきませんが、A4で10枚くらいの指導案という台本を書かなくてはいけないのと、その検討が何回もあります。指導案はその見せる授業の部分だけでなく、今までなにをやってきたかやこの授業にどんな意義があるのかとか書かなくてはならないので、作成にかなり時間がかかります。さらに指導案検討で、参加者(おもに年配の女性教諭)の気分で内容を全部差し替えとかされるのは日常茶飯事です。座学は、民間企業なら呼んだ人事部が怒られるのではないかというレベルの講師がきます。だいたいが教育学部の先生ですので、教育委員会への営業が得意なのでしょう。できればその時間を事務仕事にあてたいところです。ほんとうにしたいのは授業の準備ですが。

 

5.行事が多い

入学式や運動会、卒業式はいいとして、創立〇周年記念、宿泊学習、二分の一成人式、マラソン大会、学芸会、展覧会、音楽会と際限なく増えていきます。一度できた行事は、やめたら先輩の顔に泥をぬるという理屈でけっして減ることはありません。行事自体は1、2時間で終わりますが、その準備には貴重な授業時間が何十時間もとられます。ここでの思想統制は、以前も述べましたが、教員は時間外に準備をしますので、たいへんな負担になります。式典は、誰のためにやっているのでしょうかね。

参考:アクティブ・ラーニングが子供を「虐待」する

6.現場に意思決定者がいない

校長はじめ管理職は意思決定できません。彼ら彼女らは、教育委員会の決定事項を現場に粛々と遂行させる推進役です。ゆえに教育委員会からおりてきた仕事は、スケジュール的にどんな無理な内容でも「よろしく」で済ませます。勤怠管理(年次休暇の管理の厳密さは民間企業の非ではありません)は熱心にしますが、残業時間にふれることはありません。管理しない管理職なんて、伝書鳩になりたくて管理職になったのでしょうか。

 

7.仕事の優先順位が・・・

教育委員会からおりてきた仕事(調査・アンケートの集計とか)が最優先されます。つぎに校務(会議・研修とか)。さいごに学級の仕事です。学級も行事の仕事が優先されるので、休日に授業を準備しようにも間に合いません。恥ずかしながら授業の準備をした記憶があまりないです。こんな授業を6時間も聞かされるのはたまったものじゃないですね。ごめんなさい。

 

8.年配の女性教諭の発言力がひじょうに強い

まあこれは民間企業でも同じかもしれませんが、年配の女性教諭の発言力がひじょうに強いです。その破壊力ゆえに、会議が延々とつづいたり、思わぬこだわりから思わぬ仕事がわいてくることがあります。校長の意思決定すら覆します。本人は素晴らしい提案をしたと得意げです。彼女によって一度提案されたことが却下されることはまずありえません。

 

9.勤務時間外に労働するのがえらい

これも民間企業と同じですが、教員の時間外労働がここまでひどくなったのは、最近ではないでしょうか。やっぱりおそくまで学校にのこっている先生がえらいのです。7時にきて(始業時刻は8時15分)お茶をいれる先生が尊敬されます。教員のレクリエーションという名目で、強制的に時間外にバレーボール大会とかに参加させられることもありますが、率先して準備する先生は尊敬されます。その姿勢を褒め合う文化もまた奥ゆかしいのです。さいきんはICT化というのもありますが、納入される機材は古く、タブレットや周辺機器のメンテナンスを教員がやるので、逆によけいに時間外労働が増えます。中高はこれに生徒指導、進路指導、部活動が加わってくるので、さらに拘束時間が延長されます。

参考:労働生産性を高めてはならないのは小学生でも知っている

10.出欠をとる飲み会が多い

公務員の世界では当然かもしれませんが、歓送迎会や忘年会は自腹です。それはいいとして、総務部なんてものがないに、ゲームやプレゼント交換なんて盛大にやったり、席札などのデコレーションもかなり気合を入れて作らなくてはならないので、忘年会でその当番にあたった翌年は、なんだか不幸になりそうです。研究授業や研修会ごとに学校あげての飲み会があるので、断る理由を考えるのもたいへんです。

 

このように、先生たちはたいへん苦しい状況にあるのですが、それがまったく子どものためになっていないのが、切なくなってきますね。書いていて気がついたけど、教育の仕事がなかったな。学校、だいじょうぶか。

 

中沢 良平(元小学校教諭)

元教員が考える「教員の世界がおかしい」10の理由

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

おすすめ教材

ここからは、中学生にお勧めの教材を紹介します。高校生にお勧めの教材はこちらをご覧ください。

英語

キクタン〈中学英単語〉高校入試レベル キクジュク 中学英熟語 高校入試レベル 改訂版 キクタン【Entry】2000

キクタンは文字通り耳で覚える単語集(CD2枚収録)。教科書に出てくる単語だけでは不十分。定期テストは乗り切ることができても、実力テストでは教科書に出ていないものもバンバン出てきます。中学生必携の単語集です。

ひとつずつすこしずつホントにわかる

文法事項が詳しく説明されています。この参考書の良いところは動画で授業をしてくれるところ。英語嫌いの生徒でもすんなり頭に入るでしょう。

英語をひとつひとつわかりやすく

「ホントにわかる」シリーズよりも内容は易しめ。監修は山田暢彦先生。このテキストを使ってYouTubeでとってもわかりやすい授業を公開しています。

NOBU先生のやさしい解説で中学英語

こちらのテキストは教科書準拠。丁寧な解説に教科書の内容に沿った問題で学習を進めることが可能です。付属のCDでリスニング対策もばっちり!

高校入試合格BON!英語

中学3年間の基礎がコンパクトにまとまっています。高校入試の準備として使うと効果的です。

数学

ひとつずつすこしずつホントにわかる 

とても見やすく、動画付きで理解もしやすい教材。基礎から徹底的に学習するのにぴったりです。

中学チャート式数学

数学と言えば数研出版。中学生用のシリーズもご多聞に漏れず秀逸です。数学が好きな生徒にはピッタリ。自学でもメキメキ実力アップ。

高校入試合格BON!数学

中学数学の総まとめ教材。カラーページが多く、数学嫌いの生徒や数学が苦手な生徒でも取り組みやすくなっています。

国語

出口の国語レベル別問題集―高校受験 (理論編)

現代文のカリスマ講師、出口汪による教材です。中学生向けに書かれていますので、わかりやすい表現になっています。文章の読み方、問題の解き方などを徹底的に解説。現代文が苦手な高校生にもおすすめです。

出口の国語レベル別問題集 (基礎編)

国語は一度得意科目にしてしまえば、勉強をしなくてもコンスタントに高得点がとれる教科です。理論編で問題の解き方を学んだあとは、こちらの問題集で力を定着させましょう。

理科

マイスタディガイド 中学理科

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。理科の暗記学習はこれでばっちり!

ひとつずつすこしずつホントにわか

付属のネット動画がとてもわかりやすく、まるで家庭教師の授業!基礎から標準レベルの力をつけるためには最適なテキストです。

図でわかる中学理科1分野・2分野

タイトル通り、図や表がふんだんに盛り込まれたビジュアル参考書。勉強の仕方も説明されているので、テキスト通りに勉強を進めていけば、中学理科の各分野の理解が深まります。

高校入試合格BON!理科

基礎から標準レベルの知識を効率的に身に着けることができます。一人でも学習を進めやすく、編者のこだわりが随所に感じされます。

社会

マイスタディガイド中学社会

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。社会の暗記学習はこれでばっちり!

学研パーフェクトコース

ハイレベルな参考書。社会が大好きな生徒はこの一冊でどんどん自学を進めるとぐんぐん実力がアップします。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学地理

地理はやみくもに暗記してモス部に忘れてしまいます。地図と関連付けながら覚えていくのがポイントです。こちら教材の動画を見なが具体的なイメージを描いて勉強を進めていくことができます。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学歴史

歴史の勉強は、頭の中に年表を作ることが重要。この教材は動画と連動した学習で、現代までの時代の流れを無理なく覚えていくことができます。

チャート式基礎からの中学歴史

数学に定評のある数研出版社のテキスト。社会の教材ではことらがおススメです。演習書が付属しており、定期試験対策だけでなく、自高校入試の対策にも最適です。

まんが攻略BON!中学歴史 

こちらの教材は問題集ではありませんが、苦手教科の対策の第一歩としておすすめの教材です。名前の通りマンガで解説されていますので、スイスイ読み進めることができます苦手な人が多い歴史、公民、古文などをはじめとして、ほぼ全教科がそろっています。毎日気軽に触れることで苦手意識がなくなっていきます。

中学公民をひとつひとつわかりやすく。

公民は身の回りの生活に深くかかわっており、内容的に社会の中で最も理解しやすい分野です。こちらのシリーズで定評のある動画授業でぐんぐん理解が進みます。

わからないをわかるにかえる中学公民

公民が苦手な生徒にはこちらがおススメ。基本からしっかり教えてくれるます。

高校入試対策

「やさしくまるごと」シリーズ

基礎基本をしっかりと身に着けたい生徒向け。YouTube動画の授業で無理なく勉強を進めることができます。この教材でまずは偏差値40台を目指しましょう。

「高校入試合格BON!」シリーズ

偏差値50を目指す生徒におススメ。標準レベルの内容で3年間の学習内容を総復習できます。このテキストを完ぺきにこなせるようになったら、上のレベルにすってっぷアップしましょう。

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 

受験生の50%以上が正解できた入試問題だけを集めているため効率的に基本問題を復習することができます。全ての問題に「受験生のどれくらいが解けた問題なのか」という正答率が表示されています。1ページあたりの問題量も少ないため無理なく進められ、モチベーションアップにつながります。

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題

こちらの問題集は受験生の50%以下の生徒しか解くことができなかった難しい問題を集めた問題集です。偏差値は相対評価なので、みんなが解けない問題を解くことができるようになれば偏差値60が突破できるようになってきます。こちらの問題集もすべての問題に正答率がついています。正答率30%以下の問題が解けるようなれば、実力は相当なものです。何度も何度も繰り返し解いて応用力を伸ばしましょう。

「高校入試 塾技」シリーズ

Z会の現役塾講師が、塾独自の理科「塾技」を公開。  学校では教えてくれない「塾技」が学べます。偏差値60台前半の子には難しいところがあるようですが、偏差値70超の子にはほどよいらしく、よくまとまっていて良いと喜ばれました。基礎的なことを勉強したい人より、さらに難しいことを勉強したい人向けです。著者運営サイト「塾講師が公開! 高校入試 理科 塾技80」で、無料補充問題を公開しています。

 全国高校入試問題正解シリーズ

偏差値60以上の生徒向け。前年度の公立高校と主な国立・私立および高等専門学校の入試問題を収録した過去問集。電話帳並みのボリュームなので、自分の苦手なパターンの問題をピックアップして取り組んでみましょう。過去問は、入試のための実力養成に最適の問題集です。

「高校入試虎の巻」シリーズ

都道府県ごとに出版されています。自分が受験する都道府県の虎の巻を使って過去問練習をすることで、自分の実力を確認することができます。各教科単元別に編集されていますので、苦手分野を集中的にトレーニングすることも可能です。

最高水準問題集高校入試数学 

難関国私立高校入試で出題された問題を中心に編集されています。学校や塾の勉強では全く物足りない方はこちらの問題集でトレーニングをしましょう。こちらの問題集は超難問でも得点できる力をつけるための勉強として取り組んでほしい教材です。かなり骨のある問題が掲載されていますが、この問題集の良いところは解説が丁寧である点です。この問題集の全問制覇はとてつもなく難しいです。偏差値70未満の生徒は手出しをしないでください。

down

コメントする

おすすめ教材

コラム

勉強のコツ

受験情報

受験生の保護者様へ

国語

大学受験対策

数学

未分類

生徒募集

社会・理科

英語

試験対策

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー

Count per Day

  • 421871総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 325昨日の閲覧数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 253昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日: