子どもに言ってはいけないNGワード

生まれて間もない赤ちゃんは実に天真爛漫

自分の欲求に任せて

親の都合もお構いなしに大声で泣きたてます

こんな赤ん坊には自分を好きとか嫌いという意識はないかもしれませんが、

もともと子供というものは、自分が大好きなのです

しかし、大きくなるにつれて、

自分を好きになれない状況がいろいろ出てきます

 

子供の成長の度合いは個人差が非常に大きいのですが、

親はすぐに子供をほかの子(兄弟姉妹を含む)とくらべて

「あなたはどうしてできないの?」

「なんで、あなたはそんなにだめなの?」

「○○さんはできるのに・・・」

と言ってしまいがち

それが重なると

子どもはだんだんと自分はダメな子だと思い込んでやる気を失ってしまいます

また、一見何の問題もないように見える子どもでも、

受験や試験などで、

いくら頑張っても上には上がいる、と

自信を無くすこともあるでしょう

トップになればなったで、それを維持できるのか

という不安にさいなまれてしまうかもしれません

子どもは本来自分を好きであるはずなのに、

このようなきっかけで自分を嫌いになってしまうことがあるのです

こうした子供に親はいったい何をすることができるでしょうか?

 

まずは、

あなたはほかの誰とも違うかけがえのない存在なのだ

と伝えてあげましょう

これは子供の自尊心を育てることとつながります

 

考えてみれば、一つの命を与えられて誕生し、

今ここに生きていること自体、とても不思議なことです

だからこそ自分はかけがえのない、

大切な存在なのです

そんな大きな視点で子どもを見守って上げられれば

子どもは自信と自尊心をはぐくんでいくことができるのです

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ