子どもを動かす8つの言い方 4 

やったことのない大きな目標も、小さく分解してあげれば実行できるようになります。

 

これまでの経験などから、自分のイメージの中で勝手に「これ以上はムリ」「できっこない」と枠を作ってしまって、大きな目標にチャレンジしない子は、よくいます。

そういった場合は、その目標に到達するプロセスがイメージできるように、小さく分解してあげましょう。

100ページの問題集も、1日4ページずつ解いていけば25日で終わります。

 

大きな目標にチャレンジしようとしない子には、単に達成できるイメージがもてないだけかもしれません。

大きな目標も小さな単位に分解してあげれば、「これならできるかな」と気持ちが変わります。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ