子どもを動かす8つの言い方 5

やらなければならないことを、いかにしてやり続けられるようにするか?と言うことはとても重要です。

そのためには「楽しい」と思えなければなりません。

脳は「楽しい」と思えることしか続けることができません。

いやだな、面倒だな、と思って取り組むと、どんな勉強も仕事も成果があがりません。

前向きな掛け声をかけることで、脳をポジティブな状態に持っていけるようにサポートしましょう。

「英語だ、やるぞー!」

「数学、よっしゃー!」

などというように、最初は空元気でもかまいません。

元気な掛け声を発して勉強を始めると、自分の声に自分の能が騙されて、やる気が沸いてくるものです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ