自分を好きになることから頑張る力が生まれる

自分を好きといいうことは、

自分長所も短所も、

好きなところも嫌いなところもすべてひっくるめて、

今の自分が好きだ、ということです

例えば部活動、

自分を好きな子供は、

努力の甲斐なくレギュラーになれなかったとしても

自分の努力が足りなかったんだ、と

ありのままを受け入れることができます

しかし、自分を好きでないこともは、

レギュラーになれなかったときに、

何をやってもダメ、と

自分を置きこんでしまいます

さらには、

がんばったってレギュラーになれっこない、と

一生懸命に練習してきたことさえも否定してしまいます

結果ますます自分を好きでなくなっていき、

自信とやる気を失う悪循環へと突入していきます

 

私も身に覚えがありますが…

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ