古文は説話と随筆をおさえれば十分(国語の読解問題)

kkgakuin



 

古文にの出題で圧倒的に多いのは説話です

説話の一般的なスタイルは、

前半で他人から聞いた話を紹介する

そして後半で、そこから導いた教訓や

筆者の感想が述べられます

これがそっくり問題になって出されるのです

つまり前半の

人から聞いた話をまとめること

次に、筆者の意見を正確につかむこと

この二つができるようにしておかなければなりません

しかし、難しく考える必要はありません

いくつかのパターンを覚えてしまえば、

あとはその変形なので楽勝です

 

説話の次によく出題されるのは

随筆です

枕草子、方丈記、徒然草からの出題が多いです

枕草子は「もののあはれ」

方丈記は「諸行無常」など

どの作品も筆者のものの考え方が強く出ているので、

理解しやすいと思います

歴史の勉強を兼ねて、

時代背景、社会的な身分、当時の宗教観をおさえておけば十分です

また、古文は現代文以上に守護の省略が多いので、

主語を指摘させる問題がよく出題されますが、

全体の意味が理解できていればそれほどむずかしくはありません

 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村






コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ