国語の読解力を伸ばす確実な方法

国語が苦手です。

という相談を受けることが、非常に多いです。

国語の読解力を伸ばすには時間がかかるため、

中学3年生になってから、何とかしようと思っても、難しいというのが現状です。

 

しかし、時間があれば確実に国語の読解力を伸ばすことは可能です。

正しい方法で、時間をかけて取り組んでいけば、必ず結果がついてきます。

 

国語の読解力を伸ばす確実な方法、それは・・・

公文式教室で勉強する!

 

幼稚園や小学校低学年から始めるのがよいとは思いますが、

小学校高学年や中学生から始めても十分に効果は期待できます。

中学生から公文式なんて恥ずかしい・・・

なんてことはありません!

苦手な勉強を放置しているほうが、よっぽど恥ずかしいですよね。

 

公文式教室というえば、算数・数学というイメージが強いのですが、

CMでもおなじみのように、英語、国語の学習にも力を入れています。

 

黙々と取り組む算数・数学は、まさに修行というイメージがあり、

続けていくことができずに挫折してしまう子が多いのですが、

英語、国語は算数・数学に比べると継続していくことが容易です。

説明だけでは理解しにくい読解のポイントを

反復練習で身につけていくことができる公文式の国語学習は、

もっと注目されてもよいと思います。

 

公文式教室の国語学習の利点は、何と言っても圧倒的な問題量!

シンプルかつ考えさせる問題をとにかくたくさん解かせます。

国語の勉強において、絶対的に不足しているのはまさににこの問題量なんです。

問題をたくさん解けば読解力が伸びる子はたくさんいます。

しかし、学校の授業や市販の問題集では、公文式教室の国語教材ほどの学習量が得られません。

 

わが子を学習塾に通わせたいと思っている保護者の皆様、

ぜひ、公文式教室の国語をご検討ください。

国語ができなければ、他教科の理解が深まります。

読解力はすべての教科の基礎なのです。

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ