接続語の法則(現代文の勉強法)

接続語は文と文をつなぐ言葉であり、

私たちは接続語を役割にとって使い分けています

つまり、文どうしの論理的関係によって使い分けているわけです

それなのに空所問題が出ると何となく選んで、

感覚で処理している受験生がほとんどです

空所問題は前後の論理的関係をさえることが重要

それだけで文章は握力が飛躍的にアップします

今回は接続語の役割についてのお話です

 

因果(原因・結果)の接続語

「したがって」「だから」「ゆえに」「そこで」

などがきたら、接続語の前に理由がある

 

イコールの接続語

「つまり」「すなわち」「ようするに」「いわば」

などがきたら、接続語の後の部分は前の部分の要約または言い換えである

 

逆接の接続語

「しかし」「だが」「ところが」「けれども」

などがくると、接続語の後に筆者の主張がある

 

補足・説明の接続語

「もっとも」「ただし」

などがくると、接続語の前に筆者の主張がある

 

「AむしろB」

「むしろ」という接続語がきた場合は

筆者が強調したいのはBである

 

呼応関係の接続語

呼応関係の接続語は、

文末表現から接続語を類推することができます

「なぜかというと~である」

「けっして~ない」

「まるで~ようだ」

「いかにも~みたいだ」

「もちろん~わけない」

「ただ~だけ」

などが呼応関係の接続語です

 

これらの接続語の働きは最低限覚えておきましょう

文章の論理の流れがつかめるようになるでしょう

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ