郡山市のプロ家庭教師による完全1対1個別指導・合格請負人A・スズキのブログ絶対合格勉強術!

勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

現代文の解き方(現代文の勉強法)

time 2018/02/18

私は国語が得意です

現代文も古文も漢文だって大好きです

 

中学校の頃から国語が得意でしたが

センスや感覚で得点力がアップしたわけではありません

ましてや読書虫になって読解力を伸ばしたわけでもありません

書いてあることを書いてあるままに理解する

特に現代文においてはこの原理原則を徹底することによって

国語の成績がみるみるアップしていきました

今回は現代文について解き方の原理原則を説明していきます

 

「次の文章を読み、後の問題に答えなさい」

現代文の問題は、こんな決まり文句で始まります

この一言に現代文の解き方のすべてが詰め込まれています

つまりこの決まり文句は

「答えは本文の中に隠れているから、よく読んで探して問題に答えてね!」

といっているようなものなのです

こんな教科は現代文と英語くらいのものですが、

英語は外国語という点で高いハードルがあります

現代文は母国語なので読んだままに答えればOKなんですね

これはサービス教科、どこを探しても見つかりません

ですから、受験生の皆さんは

この記事を読んでぜひとも現代文で高得点を手にしてほしいと思います

 

ここでは、大学受験を念頭に話を進めていきますが、

高校受験にも適用できますので、

中学生のみなさんもぜひ試してみてくださいね

 

さてと・・・

受験する学校のレベルがたくなればなるほど

漢字や語の意味など単純なことを問う問題は少なくなります

知っている知っていないかという問題よりも、

理解しているかどうかを問う問題の方が

思考力をみることができるからです

つまり、

国語は言語力を試す試験ではなく、思考力を見る試験なのです

つまり、必ずしも知識は重要ではないということなんですね

みなさんの中には

「国語はセンスで解く」と思っていませんか?

それは誤解です

現代文の答なんて、筆者にもわかりません

本文を書いて人と出題者は違うのですから

現代文は筆者との勝負ではなく、

出題者との知恵比べだということを肝に銘じておきましょう

現代文の問題は

本文を論理的に読み、

出題者は何を答えさせたいかということを読む問題なのです

出題者はセンスで解くような問題を作るようなことはしません

クレームがきたときに

しっかりと論破できるだけの根拠をもって問題を作っています

誰からも文句を言われず、

正しいやり方で取り組めば、誰でもその答えにたどり着くことができる

試験問題とは、このようなコンセプトで作られているのです

(最近は大学の出題ミスが目立ちますが…)

したがって、現代文にも裏付けのある解法がある、これは間違いない!

ですから、自分で答えを選んだ時に、

なぜその答えにしたか、理由を説明できなければなりません

そこのあなた、何となく答えを選んでいませんか?

そんな答え方をしていると、

ある時はいい点を取れるけど、またある時は散々な結果だった

なんてことになってしまうのです

そもそも数学ができるけど現代文ができないということはあり得ないのです

そういう人は、数学を正しく理解していない人です

公式や解き方を丸暗記して答えているだけ、

そんなやり方ではいつかきっと破綻をきたします

数学ができる人は現代文もできるはず

なぜならどちらも論理的な思考と解釈が問われる教科だから

 

前置きが長くなってしまいましたが、

現代文を解くための具体的な作業について説明をしていきましょう

 

本文を読む前にやっておくこと

1.問題文を読む

問題文を読んで、本文が大体どんな内容の文なのかを想像しましょう

これだけで他の受験者よりも一歩リードです

どんな内容か知ってて本文を読むのと

知らないで読むのとでは理解力がまるで違ってきます

 

2.本文の傍線部に何を聞かれているかを書き込んでおく

本文中の傍線部が何を問うているのかをメモっておきましょう

この傍線部は「理由」を問うている

こちらの傍線部は「抜き出し」

ここは「説明」などというようにメモをしておきます

その際、傍線部に含まれるキーワードにも印をつけておきましょう

 

3.知識問題(漢字の読み書き、故事成語、語の意味、文法など)は先に解いておく

知識問題は本文を読まなくても解くことができますので

さっさと片付けちゃいましょう

わからないところは諦めます

知らなきゃ解けないんだからいろいろ考えても時間の無駄

時間が余ったら戻ってくれば大丈夫

 

本文の読み方

さて、いよいよ本文を読んでいきます

以下の作業をしながら読んでいきましょう

作業は機械的にやってください

むらなく、もらさずやることがポイントです

 

1.接続詞に印をつける

順接・並列の接続詞・・・〇で囲む

(そして、また etc.)

逆接・まとめの接続詞・・・□で囲む

(むしろ、しかし、だが、けれども、つまり、したがって etc.)

例示の接続詞・・・(    )

(たとえば etc.)

 

2.断定・理由の文末表現にサイドライン(二重線=)を引く

(~なのである、~必要だ、~不可欠だ、~違いない、~だからだ etc.)

 

3.キーワード(何度も出てくる語、修飾の多い名詞)にサイドライン(単線-)を引く

これらの作業は、

どこに答えがありそうか見当をつけるための作業です

順接・並列の接続詞のある部分=筆者の思考の構造jについて述べられている部分

逆接・結論の接続詞のある部分=接続詞の後に筆者の主張が述べられている部分

例示の接続詞のある部分=筆者の主張を補強するための部分、具体的な記述の場合が多くあまり重要ではない

キーワード=抜き出しや記述の問題に使われる場合が多い。特に、場所を飛ばしてキーワードがてくるときは、筆者が論をまとめようとしている超重要部分

このようにマークを書き込んだ部分にはそれぞれ意味があるのです

ここまでやっておけば、後は簡単

問題文が何を求めているかを正しく読み取って、

答が書いてある部分をマークがついている部分から探せばよいのです

このように、本文に書き込みをしていくことで

無駄な部分を読み直すといった時間のロスを無くし

読み直さなければならない重要な部分を浮かび上がらせることができるんですね

 

では、どうやって解いていくかということについて説明していきましょう

 

1.記述・抜き出し問題の解き方

記述問題は、出題者が期待しているキーワードをおさえることが大切

「本文の言葉を使って」とあれば、ほぼ抜き出しと考えて大丈夫です

抜き出し問題は、本文に回答が載っている大サービス問題です

下のような場所を重点的に抜き出し部分を探しましょう

☆逆接・まとめの接続詞(□で囲んだ部分)の直後

☆断定・理由の文末表現(二重線=)の直前

☆キーワードそのもの、またはその周辺

 

2.指示語の解説

指示語の意味や内容を答えろ、という問題は指示語の前にしか答はありません

よって、指示語より前の部分で書き込みの多い個所を注意して探しましょう

確認作業として、

指示語の部分に自分の答を代入して文意があっていれば大丈夫です

この手の問題では字数制限にも注意しましょう

字数制限には理由があります

答として成立する箇所は複数あるけれど、

出題者が聞きたいのは

制限字数とほぼ同じ字数の部分ということなんですね

30字ではなく40字でまとめろ、という場合には、

キーワードをおさえていくと

30字をオーバーしてしまうということなんです

この場合、字数をオーバーしたら何か余計なことを書いていることになりますし、

字数の85%に足らなければ何かを見落としているということになります

 

 

3.選択問題

各選択肢の

合っているところ(〇)

怪しいところ(△)

明らかに間違っているところ(×)

に印をつけていき、〇が多い選択し2つまで絞り込む

最後にその選択肢の内容の裏付けが本文にあるかどうかを確認する

怪しいものはいい方をごまかしているものが多いので、

本文の中に肢が正しいことを示す証拠があるかどうかをチェックしましょう

問題を作っている人も、裏付け(証拠)があるから答を作れるのです

そうでないとクレーム対応できませんからね

 

4.要約問題

こちらをご覧ください

要約問題の解き方

 

勉強方法について

ここまでの説明で

現代文の解き方についてのノウハウは大体わかったと思います

では、この解き方でもって

どのように現代文の勉強をしていけばよいのか

ということについて説明しましょう

ここで紹介した方法は最初は時間がかかるかもしれません

しかし、1日1題を3日連続でやればすぐに慣れます

国語の勉強は集中力を必要としますので

1日に何時間もやることはできません

1日1回30分くらいで解ける問題に

全神経を集中して取り組んでください

1か月も続ければ

センター試験のレベルでしたら満点を取ることも夢ではありません

 

国語は、数学英語と並んで配点の高い教科です

しかも勉強する時間は他教科よりも圧倒的に少ない

コツをつかめば安定して得点を取ることが可能です

何よりも国語ができるようになると

他の強化も成績がアップするんですね

不得意を克服する、または得意を伸ばすためにも

このテクニックを使って国語の点数アップを図ってみてください

 

kkgakuin

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村



受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

おすすめ教材

ここからは、中学生にお勧めの教材を紹介します。高校生にお勧めの教材はこちらをご覧ください。

英語

キクタン〈中学英単語〉高校入試レベル キクジュク 中学英熟語 高校入試レベル 改訂版 キクタン【Entry】2000

キクタンは文字通り耳で覚える単語集(CD2枚収録)。教科書に出てくる単語だけでは不十分。定期テストは乗り切ることができても、実力テストでは教科書に出ていないものもバンバン出てきます。中学生必携の単語集です。

ひとつずつすこしずつホントにわかる

文法事項が詳しく説明されています。この参考書の良いところは動画で授業をしてくれるところ。英語嫌いの生徒でもすんなり頭に入るでしょう。

英語をひとつひとつわかりやすく

「ホントにわかる」シリーズよりも内容は易しめ。監修は山田暢彦先生。このテキストを使ってYouTubeでとってもわかりやすい授業を公開しています。

NOBU先生のやさしい解説で中学英語

こちらのテキストは教科書準拠。丁寧な解説に教科書の内容に沿った問題で学習を進めることが可能です。付属のCDでリスニング対策もばっちり!

高校入試合格BON!英語

中学3年間の基礎がコンパクトにまとまっています。高校入試の準備として使うと効果的です。

数学

ひとつずつすこしずつホントにわかる 

とても見やすく、動画付きで理解もしやすい教材。基礎から徹底的に学習するのにぴったりです。

中学チャート式数学

数学と言えば数研出版。中学生用のシリーズもご多聞に漏れず秀逸です。数学が好きな生徒にはピッタリ。自学でもメキメキ実力アップ。

高校入試合格BON!数学

中学数学の総まとめ教材。カラーページが多く、数学嫌いの生徒や数学が苦手な生徒でも取り組みやすくなっています。

国語

出口の国語レベル別問題集―高校受験 (理論編)

現代文のカリスマ講師、出口汪による教材です。中学生向けに書かれていますので、わかりやすい表現になっています。文章の読み方、問題の解き方などを徹底的に解説。現代文が苦手な高校生にもおすすめです。

出口の国語レベル別問題集 (基礎編)

国語は一度得意科目にしてしまえば、勉強をしなくてもコンスタントに高得点がとれる教科です。理論編で問題の解き方を学んだあとは、こちらの問題集で力を定着させましょう。

理科

マイスタディガイド 中学理科

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。理科の暗記学習はこれでばっちり!

ひとつずつすこしずつホントにわか

付属のネット動画がとてもわかりやすく、まるで家庭教師の授業!基礎から標準レベルの力をつけるためには最適なテキストです。

図でわかる中学理科1分野・2分野

タイトル通り、図や表がふんだんに盛り込まれたビジュアル参考書。勉強の仕方も説明されているので、テキスト通りに勉強を進めていけば、中学理科の各分野の理解が深まります。

高校入試合格BON!理科

基礎から標準レベルの知識を効率的に身に着けることができます。一人でも学習を進めやすく、編者のこだわりが随所に感じされます。

社会

マイスタディガイド中学社会

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。社会の暗記学習はこれでばっちり!

学研パーフェクトコース

ハイレベルな参考書。社会が大好きな生徒はこの一冊でどんどん自学を進めるとぐんぐん実力がアップします。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学地理

地理はやみくもに暗記してモス部に忘れてしまいます。地図と関連付けながら覚えていくのがポイントです。こちら教材の動画を見なが具体的なイメージを描いて勉強を進めていくことができます。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学歴史

歴史の勉強は、頭の中に年表を作ることが重要。この教材は動画と連動した学習で、現代までの時代の流れを無理なく覚えていくことができます。

チャート式基礎からの中学歴史

数学に定評のある数研出版社のテキスト。社会の教材ではことらがおススメです。演習書が付属しており、定期試験対策だけでなく、自高校入試の対策にも最適です。

まんが攻略BON!中学歴史 

こちらの教材は問題集ではありませんが、苦手教科の対策の第一歩としておすすめの教材です。名前の通りマンガで解説されていますので、スイスイ読み進めることができます苦手な人が多い歴史、公民、古文などをはじめとして、ほぼ全教科がそろっています。毎日気軽に触れることで苦手意識がなくなっていきます。

中学公民をひとつひとつわかりやすく。

公民は身の回りの生活に深くかかわっており、内容的に社会の中で最も理解しやすい分野です。こちらのシリーズで定評のある動画授業でぐんぐん理解が進みます。

わからないをわかるにかえる中学公民

公民が苦手な生徒にはこちらがおススメ。基本からしっかり教えてくれるます。

高校入試対策

「やさしくまるごと」シリーズ

基礎基本をしっかりと身に着けたい生徒向け。YouTube動画の授業で無理なく勉強を進めることができます。この教材でまずは偏差値40台を目指しましょう。

「高校入試合格BON!」シリーズ

偏差値50を目指す生徒におススメ。標準レベルの内容で3年間の学習内容を総復習できます。このテキストを完ぺきにこなせるようになったら、上のレベルにすってっぷアップしましょう。

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 

受験生の50%以上が正解できた入試問題だけを集めているため効率的に基本問題を復習することができます。全ての問題に「受験生のどれくらいが解けた問題なのか」という正答率が表示されています。1ページあたりの問題量も少ないため無理なく進められ、モチベーションアップにつながります。

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題

こちらの問題集は受験生の50%以下の生徒しか解くことができなかった難しい問題を集めた問題集です。偏差値は相対評価なので、みんなが解けない問題を解くことができるようになれば偏差値60が突破できるようになってきます。こちらの問題集もすべての問題に正答率がついています。正答率30%以下の問題が解けるようなれば、実力は相当なものです。何度も何度も繰り返し解いて応用力を伸ばしましょう。

「高校入試 塾技」シリーズ

Z会の現役塾講師が、塾独自の理科「塾技」を公開。  学校では教えてくれない「塾技」が学べます。偏差値60台前半の子には難しいところがあるようですが、偏差値70超の子にはほどよいらしく、よくまとまっていて良いと喜ばれました。基礎的なことを勉強したい人より、さらに難しいことを勉強したい人向けです。著者運営サイト「塾講師が公開! 高校入試 理科 塾技80」で、無料補充問題を公開しています。

 全国高校入試問題正解シリーズ

偏差値60以上の生徒向け。前年度の公立高校と主な国立・私立および高等専門学校の入試問題を収録した過去問集。電話帳並みのボリュームなので、自分の苦手なパターンの問題をピックアップして取り組んでみましょう。過去問は、入試のための実力養成に最適の問題集です。

「高校入試虎の巻」シリーズ

都道府県ごとに出版されています。自分が受験する都道府県の虎の巻を使って過去問練習をすることで、自分の実力を確認することができます。各教科単元別に編集されていますので、苦手分野を集中的にトレーニングすることも可能です。

最高水準問題集高校入試数学 

難関国私立高校入試で出題された問題を中心に編集されています。学校や塾の勉強では全く物足りない方はこちらの問題集でトレーニングをしましょう。こちらの問題集は超難問でも得点できる力をつけるための勉強として取り組んでほしい教材です。かなり骨のある問題が掲載されていますが、この問題集の良いところは解説が丁寧である点です。この問題集の全問制覇はとてつもなく難しいです。偏差値70未満の生徒は手出しをしないでください。

おすすめ教材

コラム

勉強のコツ

受験情報

受験生の保護者様へ

国語

大学受験対策

数学

未分類

生徒募集

社会・理科

英語

試験対策

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー

Count per Day

  • 312284総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 252昨日の閲覧数:
  • 20今日の訪問者数:
  • 208昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日: