短期間で国語の成績を上げる方法

kkgakuin



 

国語の問題集を選ぶときに、

自分の感覚で決めてしまって

失敗してしまうことがあります

 

市販の問題集には、

解答がいい加減なものもあるので、

手を出さないほうがいい

という意見もあるくらいです。

 

知識問題などでの間違いは、

辞書を引けば正せますが、

内容を要約する問題での間違いは致命傷になります

学校や塾の先生が推薦したものや、

先輩が勧める問題集を使うのが無難でしょう

 

ユニークな考え方としては、

問題集をたくさんやっていけば、

社会の出来事の中の

何が問題として取り上げられるかという

傾向がわかりますし、

あれこれと一般常識をあさらなくても

自分では知らなかった

一般常識をチェックするのに役立つ

というものがあります

 

これは、一種の逆転の発想で

限りなく実践的です

とにかく結果を急ぎたい

国語の本当の実力をつけるよりも

短期間でテストの成績だけを上げたい

という場合にこの方法は有効です

中学3年生の二学期中ごろから

この方法をとるのがベストでしょう

ただ問題集をやる

というわけではなく、

その中から一般常識まで搾り取ることができれば

問題集の200%活用になります

 

ついでに言っておくと、

国語の参考書はほとんど意味がないので、

使う必要はありません

文法の知識整理に活用するだけにとどめておきましょう

 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村






コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ