郡山のプロ家庭教師 合格への道 高校受験・大学受験(現代文/古文/漢文)指導

勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

計算力をアップする、超シンプルな方法

time 2015/02/13

家庭教師とインターネット個別指導の
ワイズアップ!郡山家庭教師学院
無料体験授業をお試しください!
******************************************
何はなくとも、計算力をアップすることが、

数学のテストで点を取るための第一歩です。

「勉強」の画像検索結果

 計算力とは、「速く正確に解く力」

どちらか一方がかけても役に立ちません。

速く解けるけど、全然答えが正しくないでは意味がありませんし、

逆に正解は出来るけど、時間がかかりすぎていてもテストでは点が取れないのです。

この2つをいっぺんに伸ばすのは不可能です。

 では、この大事な2つの力のうち、

どちらの力を先に身につければいいでしょうか?

 

それはずばり!「正解力」です。

速く解くことができても間違えていては得点は0点です。

たとえゆっくりでも正確に解くことができれば点数はもらえます。

最初はゆっくりでもかまいませんので、

計算を正しく解くことができる力を伸ばしましょう。

正解力を身につけてからスピードを身につけていけばよいのです。

 

計算力を高めていくためには、

なんと言っても反復練習です。

教科書&学校ワークの計算問題をコピーして、

ひたすら繰り返し練習しましょう。

そのためには、問題用紙に直接計算を書き込むのではなく、

ノートに式を書き写して計算をするようにしてください。

このときに計算の答えだけを書いてはいけません。

必ず途中式も書きながら練習してください。

1回で理解できなければ2回、

2回で理解できなければ3回

とにかく計算のルールが理解できるまで繰り返し練習しましょう。

小学校で学習した掛け算99のようにとにか繰り返し練習するのです。

同じ問題でかまいません。

とにかく繰り返し練習してください。

個人差はありますが、必ず計算方法を理解できるときがやってきます。

ここまできたら「正解力」は身についたと考えてかまいません。

 

計算方法が理解できたら、

さまざまな問題に挑戦していきましょう。

初見の問題にルールを適用して解いていくことによって、

「速く計算する力」を伸ばしていきます。

正解率にこだわるのは当然ですが、

時間を図りながら計算をして、

「速さ」にもこだわるようにしてください。

 

数学が苦手な人のほとんどは

練習量が足りません。

ちょっとやそっと勉強しただけで

数学ができるようになると思ったら大間違いです。

ですが、

とことん練習を繰り返したら、

数学ができるようになってしまうのです。

千里の道も一歩から。

とにかく反復練習をして、

まずは計算力を高めていきましょう!

down

コメントする

Count per Day

  • 281677総閲覧数:
  • 101今日の閲覧数:
  • 230昨日の閲覧数:
  • 221756総訪問者数:
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー