教科書はボロボロになるまで活用せよ!(社会の勉強法)

kkgakuin

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村



受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


 

志望校合格を手にした生徒に

社会の勉強法について聞いてみると

次のような言葉を聞くことができました

 

「教科書は基本なので、 通読してわかるまで読んだ。 それから細かいところを レベルの高い参考書や百科辞典で調べた」

「教科書の中でも、太字で書いてあるポイントは完璧に覚えるようにした」

「教科書にアンダーラインを引き、追加情報を自分で書き込んだ。教科書がボロボロになるまで書いたり読んだりを繰り返した」

「教科書をじっくり読んだ。それとともに地図帳や資料集をていねいに読んだ。教科書ではあっさり書いているところも詳しく書いてあった」

 

問題集を使うにしろ

資料集を使うにしろ

最後には教科書に戻って確認することが大切です

もちろん、地理のべんっ協に地図は欠かせませんし

歴史の勉強に年表や資料集は必須です

公民の場合は

憲法の条文やニュースなどの時事的な知識が欠かせません

これらをミックスして勉強し

そこで得た知識を教科書では

どのように触れているのかを確認してく

という勉強方法が正解です

 

 

公立高校を志望する人は

教科書が原点ということを肝に銘じておきましょう

前頁の重要な情報が頭に入ってさえいれば

公立高校の入試ではほかにやることはありません

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ