郡山のプロ家庭教師 合格への道 高校受験・大学受験(現代文/古文/漢文)指導

勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

暗記の努力を嫌っていては点数は伸びない(社会の勉強法)

time 2017/12/13

kkgakuin

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村



受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


 

中学では1.2年生で地理、歴史、

3年生で公民を学習します

この3分野ともに得意だというタイプは少数

だれでもどこかしらに苦手があるもの

社会が苦手だという人は、

暗記を嫌っているためということが挙げられます

そんな逃げ腰を直さなければ

点数は伸びません

暗記の努力をしなければ、

誰だって頭になんかはいらない

ということを自覚しましょう

 

3年生の場合は

秋から冬休みにかけて集中的に

しかも、ある程度まとまった時間をかけてやると

グンと能率が上がりますが、

進行計画を立ててやらないと

時間切れということになりかねません

それを防止する一番いい方法は

勉強スケジュールの中に実力テスト(新教研テスト)を組み込むことです

とにかく目先のテストでいい点を取らなければ話になりません

まだその範囲は自分の整理ができていないから

成績が取れなくても仕方がない

と泣き言を言っていたのでは困ります

地理、歴史、公民の三分野を

それぞれ9月から1カ月ずつかけて

11月に三分野を終わらせるというのは一見合理的ですが

月に一度のテストに不安が出てきます

3年生の夏休みまでに三分野のまとめを一通り終わらせておいて

9~11月までの1か月ごとを各分野の復習に充てるというのが理想でしょう

その場合でも実力テストの前には

三分野全体の復習をやっておかなければなりませんし、

テストでは自分の弱点を発見して

問題と解法を暗記していけば万全です

一通りのまとめができているならば

テストごとにヤマを張ってもいいでしょう

 

 

 

Count per Day

  • 282278総閲覧数:
  • 88今日の閲覧数:
  • 238昨日の閲覧数:
  • 222207総訪問者数:
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー