歴史で出題されるポイント(社会の勉強法)

kkgakuin

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村



受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


 

歴史は一つの大きな流れをつかんでおく必要があります

活字でたどるのが大変だったら

漫画で読んでしまうのもおすすめ

しかし、あくまでも漫画は流れをつかむために読むもので、

暗記をしようとしてはいけません

人物やキャラクターが誇張されていることもあるためです

どうせ漫画を読むのなら、

教科書と年表をそばに置いて読みましょう

 

高校入試では、江戸時代と明治時代がよく出題されますが、

たとえば、江戸時代を得意にしてしまえば

その前の室町、戦国時代の様子がよく見えてくるようになりますし、

その後の明治新政府の性格もとらえやすくなります

つまり、歴史を流れの中でつかまえながら

それをスパッと輪切りにして時代を見る目を作っておけば

その切り口からほかの時代も見えてくるようになるわけです

 

学校の勉強よりももっと踏み込んだ理解のためには、

自宅学習が欠かせません

その場合には

学校の先生から与えられたプリントを整理しておいて

定期テストの前に一気に頭に入れてしまうのが正しい勉強法です

 

教科書を読んだだけでは網羅的な知識しか頭に入りませんので、

問題集をやってテストで出題されやすいポイントを整理することも必要です

問題集には重要なところしか出ていませんので、

無駄な時間を省くことができます

点数を取ることを第一に考えた場合

この方法はとても有効です

歴史の勉強はとても幅が広いので

どこが重要なのかつかみにくいところがあります

一通り教科書を読み終わったら

すぐに問題集をやる

そこで解けない問題にぶち当たったら

また教科書に戻る

この繰り返しが重要です

 

入試までの時間がない場合は

教科書は斜め読みで済ませ、

問題集に取り掛かりましょう

問題を解きながらポイントを整理し、

暗記していくというやり方です

 

とにかく問題集には

重要な部分しか出ていませんので、

整理と安気には問題集ほど便利なものはありません

問題集をうまく活用することが

時間を省く社会の勉強のコツです

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ