ムリして参考書を使うなかれ(英語の学習法)

kkgakuin



 

高校受験レベルであれば、

英語の参考書はまず必要ありません

あえて使うとすれば、

レベルの高い高校を目指している人は

疑問点や分からないところをチェックするために

程度の高いもの(高校生向け)を用意するのもよいでしょう

特に英文法は詳しい解説があった方がいいです

 

ただし、その参考書で勉強をするのではありません

学校や塾で与えられたものを完全消化することが

一番大事なことなので

あくまでも参考書はそれを補助するものと考えてください

 

ただし、基本は学校や塾の教材で十分です

学校で推薦されたものがあれば、

それを使えばいいし、

塾に行っていれば、

塾のテキストを参考書代わりにすることがベターです

理解の助けにするために読んで、

優しい例文をしっかり覚えておけばいいでしょう

 

辞書や参考書を読んでいると、何度もおなじみの例文に出くわします

「あれ、これは前に出ていたものと同じだ」

と気づくことができればしめたもの

中学レベルの優しい例文というのは、

教科書、辞書、参考書に何度も出てきます

いわば決まり文句のようなものなので

暗記してしまえばいいでしょう

長文だって、短文の寄せ集めにすぎません

決まり文句を頭に入れておけば楽勝です

 

無理して参考書を使う必要はありません

自宅学習で疑問点が出てきたら調べてみる

という利用法で十分です

言い換えれば、

自分で調べて学習することができる人以外には

英語の参考書は必要ないのです

 

 

 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村






コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ