問題集は塾や学校のもので十分(英語の勉強法)

kkgakuin



 

英語の問題集は、

中学1・2年生のころであれば、自分で買う必要はありません

学校や塾で与えられたものをこなせば十分です

あくまでも授業優先

あれもこれもと手を出しても

限られた時間の中でこなすのは不可能です

 

塾に通っていないくて

学校でも問題集を配られていない人は

量が多くなく、解説が丁寧で詳しいものを選ぶのがコツです

すぐに終わるものを繰り返しやりましょう

 

英語は教科書が最優先

その理解を助けるのが参考書

そして問題集で演習すれば完璧

ということを忘れないでください

 

長文読解への対策としては、

全部の訳文がついてるものがよいでしょう

しかも和訳ではなく、直訳に近いものがベストです

英語は力さえつけば

どんどん進度を速めていい教科です

中学生向けの問題集が物足りない場合は、

高校生向けの問題に手を出しても

学校のテストや高校入試で無駄になることはありません

 

 

とはいえ、普通の場合は、

現在完了形を勉強した後、

つまり、中学3年生の二学期になったら

入試の過去問中心の勉強に気切り替えていきましょう

実践の中で自分の弱点をチェックし、

そこを強化していくことで

本番でも実力を発揮できるようになっていきます

 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村






コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ