無理なく英単語を覚えよう!逆ながら勉強のススメ

みなさん今日は,

ワイズアップ!郡山家庭教師学院です。

年度末の事務整理と新年度の準備のために,
ブログの更新が滞ってしまいました。

今日からまたどんどん更新していきますので,
日々の学習に役立てていただけたらと思います。

され今回は,
英単語の暗記を無理なく毎日続けていく方法についてお話します。


今回の記事のタイトルを見て,
「1日5個なんて少ないっ!」
って思った人もいるかも知れませんが,
1日5個
1週間で35個
1ヶ月で140個
1年で1825個です。
夏季オリンピックのある年は閏年なので1830個!
結構侮れない数ですよね。
1日たった5個でも,
やったと人とやらなかった人とでは雲泥の差がつきます。

塵も積もれば山となる,
千里の道も一歩から,なのです。

勉強を継続する一番のポイントは
「無理をしないこと」
これが一番大事です。
無理をすると続きません。

「1日20個覚える!」
と意気込んでみても,
大半の人は3日坊主で終わります。

1日4個という少ない数だからこそ
無理なく続けられるわけです。

そしてさらにもう一つ、
1日4個の英単語暗記が無理なく続けられるポイントがあるのです。

それこそズバリ
「ながら勉強!!!」
です。

一般的なながら勉強とは、
・音楽やラジオを聴きながら
・テレビを見ながら
・食べながら
といったものを指し,
よくない勉強法という位置づけにあります。

これは,勉強しながら何かほかのことをするために,
勉強という本来の目的が阻害されてしまって,
効果があがらないため悪習とされてきました。

しかし,ここでの「ながら勉強」は,
ほかの事をしているついでの勉強をするという,
悪い「ながら勉強」とは
まったく反対のことをしてしまおうというものなのです。
いわば,「逆ながら勉強」です。

やり方は至って簡単!
毎日の生活の中で必ずやることのついでに英単語を暗記するだけです。

その1:朝,着替えながら

その2:朝ごはんを食べながら

その3:朝の歯磨きをしながら

その4:家から学校へ,通学しながら

その5:お昼ご飯を食べながら

その6:学校から家へ,帰宅しながら

その7:夕食を食べながら

その8:夜食を食べながら

その9:夜の歯磨きをしながら

その10:お風呂に入りながら

1日の中に「逆ながら勉強」のチャンスがこれだけたくさんあるのです。
これら機会を有効利用し無い手はありませんよね?
自分はどのタイミングで「逆ながら勉強」をするか,
ぜひ考えてみてください。
ただし,登下校の中で暗記をするときは,
交通事故に十分気をつけてください。

ではここで,
「逆ながら勉強」のポイントを説明しておきましょう。
ポイント1 覚える単語は予め決めておこう!

覚える日の朝までに覚える5つの単語を決めておきましょう。
キクタンシリーズなどの単語学習教材を有効利用するとよいと思います。

 

ポイント2:1ながら1単語

あるながら中に覚える単語は絶対に1単語だけにしてください。
一気に複数の単語を覚えようとして欲張ると,
ひとつも覚えられないという残念な結果に終わることがあります。
また,無理は長続きしません。
余力を残して取り組むことが,継続的な学習のためには必要です。

 

ポイント3:必ず復習しよう

この「逆ながら勉強」をさらに効果的にするのが「復習」です。
☆寝る前に1日分の復習をする。
☆日曜日に1週間分の復習をする。
これをやるだけで,
暗記の効果が劇的にアップします。
絶対!です。
復習は必ずするようにしてください。

以上のようなポイントも考慮しながら取り組めば、
「逆ながら勉強」の小さな積み重ねが、
やがて大きな成果へとつながると思います。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ