英単語が覚えられない理由

みなさんこんにちは,
ワイズアップ!郡山家庭教師学院です。
英単語が覚えられない理由についてお話します。

 

「どうしても英単語が覚えられない…」
こういう悩みは多いですね…。
英単語が覚えられない人には
3つの大きな理由があります。

英語が苦手なそこのあなた!
これからお話しすることに心当たりはありませんか?

理由その1

そもそも覚え方を間違えている

英単語を覚えるポイントは
「声に出して繰り返し書きながら覚える」
ということです。
暗記が得意な人とそうでない人の違いは,
ずばり,覚え方の違いなのです。
その差は?と聞かれたら、明らかに
覚え方の問題となるわけです。
英単語の覚え方についての詳しい内容は,
こちらの記事でお話していますので
どうぞご覧ください。

特にひたすら書き続けている人は要注意!
その覚え方,本当に効果的ですか?
覚えることが目的なのに,
書くことが目的になっていませんか?
理由その2

そもそも,発音意識していない
英語が苦手という人に多いのが
単語の発音を知らずに覚えようとしているということです。

そもそも読んでも発音できない単語というのは
覚えることができません。

読むことができない漢字は覚えられないですよね?
それと同じです。
仮に覚えられたとしても
単なる「記号」として記憶されているだけですので,
すぐに忘れててしまいます。

カタカナ読みでも構いませんので,
単語は発音をセットで覚える
ことを心がけましょう。

理由その3

そもそも,努力が足りない

当たり前のことですが,
5回や10回書いてところで
普通の人は覚えることはできません。
日本語だって,
使用頻度の低い言葉は
何度も繰り返して学習しなければ覚えることができません。
外国語である英単語であればなおさらです。

大体において,
努力の足りない人ほど
諦めがよいものです。

英単語を暗記しようとする

思ったほど覚えられない

苦手意識増大

単語の暗記からの現実逃避

以下繰り返し・・・

まさに負のスパイラル…

苦手意識というものは,
単なる思い込みにすぎません。
メンタルの問題です。

苦手だからこそ,
覚える努力をしなければいけないのです。
まずは,
「これだけがんばったんだから,覚えられるはずだ!」
と心から思えるほど努力をしてみましょう。
苦手意識を持っている人は,
上手な暗記と努力がこれまで出来てこなかっただけですから。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ