英語の長文読解に必要な3つの力

高校受験に役立つ情報が盛りだくさん!まずは無料体験授業をお試しください。

郡山家庭教師学院のブログより

**************************************************************************

NEW !
テーマ:

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ

インターネット個別指導の郡山家庭教師学院
ただいまご成約の皆様にペンタブレットを無料進呈!
http://kkgakuin.com/
から無料体験授業をお試しください!

英語の長文読解には基本的には次の3つの力が必要です。

1.短文を理解する力
2.長文を理解する力
3.速読力

1.短文を理解する力
英語長文とはいえ,結局は1文の集まりです。
つまり1文の理解を積み上げることで、長文全体の理解につながっていきます。
短文を正しく理解する力があれば、
自力で長文を読めるようになります。
教科書も自力で読むことが出来るようになれば、
普段の授業や定期テストの勉強も格段に効率が上がることでしょう。
英語の長文読解力を高めるためには、
大量の長文を読みこなしていくことが必要です。
そのためには,短文の理解力を早く固めて、
長文を読む量を増やしていかなければなりません。

2.長文を理解する力

短文は理解できるけれども,長文となると・・・
1文1文はなんとなく理解できるけど、
長文全体で何を言っているのかわからない。
読んでいるうちに前の内容を忘れてしまう。

このような悩みには2つの原因があります。
一つは読み慣れ不足。

もう一つの原因は大意把握力の不足です。
これらの問題は,長文の多読と
パラグラフリーディング(段落読み) で解決することができます。

3.速読力

速読力とは言っても,,
本をぱらぱらとめくり,
目を左右にすばやく動かして読むわけではありません。
外国語である英語を,
日本語の文章よりも速く読んで理解できるようになることは,
限りなく不可能に近いことです。
中学生にとってはなおのこと。

受験の英語において、「超速く読んでいく」読み方は求められてはいません。
私たちが普通に日本語の文章を読むときくらいのスピードで読むことができれば十分です。
しかし,中学生にとっては,
日本語の文章を読むのと同じスピードで読むことでさえもかなり難しいでしょう。
高校受験に必要な英語の速読力というのは、
ムリのないスピードで英文を読んで理解できる読解力だ,
と理解していただければと思います。
実際には速読でも何でもありません。
日本語の説明書をゆっくりと読むときのスピードくらいで英文を読むことができれば十分です。
高校入試の英文は,説明書よりもはるかに易しい内容が書かれているだけですので。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ