郡山市のプロ家庭教師による完全1対1個別指導・合格請負人A・スズキのブログ絶対合格勉強術!

勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

過去分詞の形や意味、用法を解説!

time 2019/06/12

過去分詞の形や意味、用法を解説!

この記事は、

英会話に役立つ英語学習サイト

「英語イメージリンク」より

要約したものです。

とても分かりやすく、

勉強に役立つサイトですので、

詳しく知りたい方は引用元サイトをご覧ください

 

英文法の中でもわかりにくい過去分詞

ここでは過去分詞の意味や用法について解説しています

中学3年生はもちろん

高校生の生徒さんも

高校英語の基礎固めのために

もう一度確認してみてくださいネ!

 

~以下 要約部分~

過去分詞の形

過去分詞は動詞の変化形の1つで、

done や visited のような形をしています。

活用表の右端の単語を、

その動詞の過去分詞形と呼びます。

 

例文1:The gate was opened at six.

(その門は6時に開けられた)

※opened は open(開ける)の過去分詞形。

 

例文2:The police found the stolen passport in the room.

(警察はその部屋で盗まれたパスポートを発見した)

※stolen は steal(盗む)の過去分詞形。

 

例文3:This is a letter written by Picasso.

(これはピカソによって書かれた手紙です)

※written は write(書く)の過去分詞形。

 

例文4:I have a table reserved for two.

(2名で予約しておいた者です/私は2人分で予約しておいたテーブルをもっています)

※reserved は reserve(予約する)の過去分詞形。

 

例文5:I had my passport stolen last night.

(昨夜、パスポートを盗まれた)

※stolen は steal(盗む)の過去分詞形。

 

例文6:I have visited London twice.

(ロンドンに2回訪れたことがあります/私は2回訪れ終えたロンドンをもっています)

※visited は visit(訪れる)の過去分詞形。

 

過去分詞形が

opened、reserved、visited のようなパターンの動詞を

規則動詞と呼びます。

規則動詞では、過去分詞は過去形と同形で -ed になります。

 

一方で過去分詞形が

stolen、written のようなパターンの動詞を不規則動詞と呼びます。

不規則動詞では、

過去分詞は過去形と異なる形になるので、

個別に覚えていく必要があります。

 

過去分詞の意味

過去分詞には基本的に2つの日本語訳が対応します。

「~された(状態の)」(受け身)

「~し終えた(状態の)」(完了)

一見すると、これらは関係のないモノのように

感じられるかもしれません。

過去分詞のイメージは

「過去の行為による結果の状態」です。

リンゴをやでいる場面をイメージしてみましょう。

過去分詞とは、

「りんごに矢が刺さった状態」

を表すわけですが、これは

りんご視点で見れば、

矢(行為)を受けているので「~された状態」

射手の視点で見れば、

矢(行為)を刺し終えたので「~し終えた状態」

となります。

一つの過去分詞に2つの日本語訳が出てくるのは、

このように視点の違いによるです。

 

日本語は視点を決めなければ物事を描写できない言語ですが、

英語は俯瞰図的に描写して視点を決めないため、

過去分詞にこのようなニュアンスを同居させることができます。

メタ認知の視点から状況を見ているわけですね。

 

過去分詞の用法

受動態

例文1:The gate was opened at six.(その門は6時に開けられた)

The gate was opened は、

門が「(誰かに)開けられた状態」

であったことを表しています。

The gate was opened のような

「be動詞+過去分詞」という形式を

【受動態】と呼び、

意味は「~される/~された状態である」となります。

受動態の文は動作を受けるものや人を主語にした表現です。

 

過去分詞の前置修飾

例文2:The police found the stolen passport in the room.

(警察はその部屋で盗まれたパスポートを発見した)

stolen passport とは、

「盗まれた状態」のパスポートのことです。

stolen passport のような

「過去分詞+名詞」という形式を

【過去分詞の前置修飾】と呼び、

意味は「~された状態の◯◯」となります。

前置修飾は beautiful woman(美しい女性)のような

「形容詞+名詞」と同じようなものと考えるとわかりやすいでしょう。

 

過去分詞の後置修飾

例文3:This is a letter written by Picasso.

(これはピカソによって書かれた手紙です)

letter written は、

手紙が「書かれた状態」であることを表しています。

letter written のような

「名詞+過去分詞」という形式を

【過去分詞の後置修飾】と呼び、

意味は「○○、それは~された状態の」となり、

名詞に関する情報を追加するイメージになります。

後置修飾は

受動態の be動詞が省略された感覚で捉えるいでしょう。

 

have+O+過去分詞(完了/使役)

例文4:I have a table reserved for two.

(2名で予約しておいた者です/私は2人分で予約しておいたテーブルをもっています)

table reserved は、

テーブルが「予約された状態」であることを表しています。

意味は

「2人分で予約されたテーブルをもっている」

となりますが、

予約の仕方に2パターンの解釈が発生するので

注意が必要です。

1つ目は「私が予約しておいた」パターン、

2つ目は「誰かに予約してもらった」パターンです。

誰が予約をしたのかは

前後の文脈から判断するしかありません。

過去分詞は

「過去の行為による結果の状態」

だと述べましたが、

誰がその過去の行為を行ったのかはわかりません。

これは過去分詞の特徴でもあるので、

文脈から判断しなければいけないのです。

 

have+O+過去分詞(受け身)

例文5:I had my passport stolen last night.

(昨夜、パスポートを盗まれた)

passport stolen は、

パスポートが「盗まれた状態」であることを表しています。

今回の passport stolen という表現は、

自分が自分自身のパスポートを盗むことはありえないので、

自動的に「誰かに盗まれた」という意味に決まります。

なお、haveは

「もっている」という訳が有名ですが、

本来の have のイメージは

「主語が関係している場の上にある」です。

つまり、I had my passport stolen は

「私が関係している場の上で、

私のパスポートは盗まれた状態だった」

となり、

「パスポートを盗まれた」となります。

 

例文4 と例文5 のような形式を

【have+O+過去分詞】型と呼び、

意味は

「O を~し終える(完了)」

「O を~される(受け身)」

「O を~してもらう(使役)」

という3パターンになります。

 

現在完了形

例文6:I have visited London twice.

(ロンドンには2回訪れたことがあります

/私は2回訪れ終えたロンドンをもっています)

visited London とは、

過去の「訪れる」行為によって

「訪れられた状態」のロンドンのことです。

今回の visited London は「誰かに訪れられた」ではなく、

「私が訪れ終えた」と解釈するのが自然です。

 

日本語の直訳は

「私は2回訪れ終えたロンドンをもっている」

ですが、

自然な訳にすると

「私はロンドンを2回訪れたことがある」

となります。

have visited London のような

「have+過去分詞+O」という形式を

【現在完了形】と呼びます。

現在完了形の意味は

「~し終えた◯◯をもっている」

というニュアンスをベースとして

~し終えた、~したところだ(完了)

~したことがある(経験)

~した結果(結果)

ずっと~だ(継続)

の4パターンが代表的な日本語訳になります。

 

受動態と現在完了形における過去分詞のイメージ

ここまで見てきたように

過去分詞は一貫して

過去分詞そのもののイメージでしかありません。

受動態では「~される/~された状態である」となり、

現在完了形では「~し終えた〇〇をもっている」となる

過去分詞のイメージについて確認しておいてください。

 

練習問題

次の英文を日本語に訳しなさい。

問題1:The door was closed by Taro.

問題2:I like a boiled egg.

問題3:The picture painted by my daughter won the prize.

問題4:Have your report finished by tomorrow.

問題5:I have spent all my money.

●解答1:The door was closed by Taro.

(そのドアは太郎によって閉められた)

The door was closed. は「そのドアは(誰かに)閉められた状態だった」。

日本語訳は「そのドアは太郎によって閉められた」となります。

 

●解答2:I like a boiled egg.

(私はゆで卵が好きです)

boiled egg は「茹でられた状態の卵」で、

要するに「ゆで卵」のこと。

日本語訳は「私はゆで卵が好きです」となります。

 

●解答3:The picture painted by my daughter won the prize.

(娘が描いた絵が入賞した)

picture painted は、

絵が「描かれた状態」であることを表しています。

直訳では

「その絵、それは娘によって描かれた状態だったわけだが、その絵が入賞した」

となります。

自然な訳にすると

「娘が描いた絵が入賞した」

となります。

 

●解答4:Have your report finished by tomorrow.

(明日までにレポートをやり終えなさい)

report finished は、

レポートが「やり終えられた状態」であることを表しています。

直訳すると

「明日までにやり終えられたレポートをもっていなさい」

となります。

自然な訳にすると

「明日までにレポートをやり終えなさい」

となります。

 

●解答5:I have spent all my money.

(お金はすべて使い果たしました)

spent money は、「費やされた状態」のお金。

直訳すると

「私が関係している場に、全部費やされた状態の私のお金がある」

となります。

自然な訳にすると

「お金はすべて使い果たしました」

となります。

 

過去形と過去分詞の違いは何?

過去形と過去分詞は

「過去に fill(満たす)という行為が行われたこと」

を表している点では共通しています。

その違いは過去形として使われる場合は「動作」を表し、

過去分詞として使われる場合は「状態」を表しているという点です。

これだけ聞くと不思議な気がするかもしれませんが、

実はそんなに複雑なことではありません。

ネイティブは

filled を動詞ではない使い方で使いたいと思ったら、

そのまま結果の状態として扱っているだけなのです。

ここまで分かれば、

なぜ全ての動詞を規則動詞にしなかったのかもわかってきます。

不規則動詞は日常的によく使われる動詞が多いのですが、

その理由は日常的に使われるものは

「動作」なのか、「状態」なのかが

最初から区別されているほうが

使い勝手がいいからです。

逆に、日常用語としての頻度が少ないものは

過去形と過去分詞が同じ形をしていたほうが、

いちいち別の言葉を覚えなくていいから、

それはそれで使い勝手がいいということになるわけです。

 

参考:不規則動詞一覧

# 現在形 過去形 過去分詞形
~です/~である be(am, is, are) was,were been
買う buy bought bought
来る come came come
する do, does did done
食べる eat ate eaten
感じる feel felt felt
得る get got gotten/got
行く go went gone
もっている have, has had had
保つ keep kept kept
作る make made made
読む read read read
走る run ran run
言う say said said
座る sit sat sat
盗む steal stole stolen
取る take took taken
話す tell told told
考える think thought thought
書く write wrote written

~以上 引用・要約終わり~

 

この記事は、

英会話に役立つ英語学習サイト

「英語イメージリンク」

の内容を要約したものです

詳しくはリンクから元サイトをご覧ください

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

おすすめ教材

ここからは、中学生にお勧めの教材を紹介します。高校生にお勧めの教材はこちらをご覧ください。

英語

キクタン〈中学英単語〉高校入試レベル キクジュク 中学英熟語 高校入試レベル 改訂版 キクタン【Entry】2000

キクタンは文字通り耳で覚える単語集(CD2枚収録)。教科書に出てくる単語だけでは不十分。定期テストは乗り切ることができても、実力テストでは教科書に出ていないものもバンバン出てきます。中学生必携の単語集です。

ひとつずつすこしずつホントにわかる

文法事項が詳しく説明されています。この参考書の良いところは動画で授業をしてくれるところ。英語嫌いの生徒でもすんなり頭に入るでしょう。

英語をひとつひとつわかりやすく

「ホントにわかる」シリーズよりも内容は易しめ。監修は山田暢彦先生。このテキストを使ってYouTubeでとってもわかりやすい授業を公開しています。

NOBU先生のやさしい解説で中学英語

こちらのテキストは教科書準拠。丁寧な解説に教科書の内容に沿った問題で学習を進めることが可能です。付属のCDでリスニング対策もばっちり!

高校入試合格BON!英語

中学3年間の基礎がコンパクトにまとまっています。高校入試の準備として使うと効果的です。

数学

ひとつずつすこしずつホントにわかる 

とても見やすく、動画付きで理解もしやすい教材。基礎から徹底的に学習するのにぴったりです。

中学チャート式数学

数学と言えば数研出版。中学生用のシリーズもご多聞に漏れず秀逸です。数学が好きな生徒にはピッタリ。自学でもメキメキ実力アップ。

高校入試合格BON!数学

中学数学の総まとめ教材。カラーページが多く、数学嫌いの生徒や数学が苦手な生徒でも取り組みやすくなっています。

国語

出口の国語レベル別問題集―高校受験 (理論編)

現代文のカリスマ講師、出口汪による教材です。中学生向けに書かれていますので、わかりやすい表現になっています。文章の読み方、問題の解き方などを徹底的に解説。現代文が苦手な高校生にもおすすめです。

出口の国語レベル別問題集 (基礎編)

国語は一度得意科目にしてしまえば、勉強をしなくてもコンスタントに高得点がとれる教科です。理論編で問題の解き方を学んだあとは、こちらの問題集で力を定着させましょう。

理科

マイスタディガイド 中学理科

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。理科の暗記学習はこれでばっちり!

ひとつずつすこしずつホントにわか

付属のネット動画がとてもわかりやすく、まるで家庭教師の授業!基礎から標準レベルの力をつけるためには最適なテキストです。

図でわかる中学理科1分野・2分野

タイトル通り、図や表がふんだんに盛り込まれたビジュアル参考書。勉強の仕方も説明されているので、テキスト通りに勉強を進めていけば、中学理科の各分野の理解が深まります。

高校入試合格BON!理科

基礎から標準レベルの知識を効率的に身に着けることができます。一人でも学習を進めやすく、編者のこだわりが随所に感じされます。

社会

マイスタディガイド中学社会

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。社会の暗記学習はこれでばっちり!

学研パーフェクトコース

ハイレベルな参考書。社会が大好きな生徒はこの一冊でどんどん自学を進めるとぐんぐん実力がアップします。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学地理

地理はやみくもに暗記してモス部に忘れてしまいます。地図と関連付けながら覚えていくのがポイントです。こちら教材の動画を見なが具体的なイメージを描いて勉強を進めていくことができます。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学歴史

歴史の勉強は、頭の中に年表を作ることが重要。この教材は動画と連動した学習で、現代までの時代の流れを無理なく覚えていくことができます。

チャート式基礎からの中学歴史

数学に定評のある数研出版社のテキスト。社会の教材ではことらがおススメです。演習書が付属しており、定期試験対策だけでなく、自高校入試の対策にも最適です。

まんが攻略BON!中学歴史 

こちらの教材は問題集ではありませんが、苦手教科の対策の第一歩としておすすめの教材です。名前の通りマンガで解説されていますので、スイスイ読み進めることができます苦手な人が多い歴史、公民、古文などをはじめとして、ほぼ全教科がそろっています。毎日気軽に触れることで苦手意識がなくなっていきます。

中学公民をひとつひとつわかりやすく。

公民は身の回りの生活に深くかかわっており、内容的に社会の中で最も理解しやすい分野です。こちらのシリーズで定評のある動画授業でぐんぐん理解が進みます。

わからないをわかるにかえる中学公民

公民が苦手な生徒にはこちらがおススメ。基本からしっかり教えてくれるます。

高校入試対策

「やさしくまるごと」シリーズ

基礎基本をしっかりと身に着けたい生徒向け。YouTube動画の授業で無理なく勉強を進めることができます。この教材でまずは偏差値40台を目指しましょう。

「高校入試合格BON!」シリーズ

偏差値50を目指す生徒におススメ。標準レベルの内容で3年間の学習内容を総復習できます。このテキストを完ぺきにこなせるようになったら、上のレベルにすってっぷアップしましょう。

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 

受験生の50%以上が正解できた入試問題だけを集めているため効率的に基本問題を復習することができます。全ての問題に「受験生のどれくらいが解けた問題なのか」という正答率が表示されています。1ページあたりの問題量も少ないため無理なく進められ、モチベーションアップにつながります。

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題

こちらの問題集は受験生の50%以下の生徒しか解くことができなかった難しい問題を集めた問題集です。偏差値は相対評価なので、みんなが解けない問題を解くことができるようになれば偏差値60が突破できるようになってきます。こちらの問題集もすべての問題に正答率がついています。正答率30%以下の問題が解けるようなれば、実力は相当なものです。何度も何度も繰り返し解いて応用力を伸ばしましょう。

「高校入試 塾技」シリーズ

Z会の現役塾講師が、塾独自の理科「塾技」を公開。  学校では教えてくれない「塾技」が学べます。偏差値60台前半の子には難しいところがあるようですが、偏差値70超の子にはほどよいらしく、よくまとまっていて良いと喜ばれました。基礎的なことを勉強したい人より、さらに難しいことを勉強したい人向けです。著者運営サイト「塾講師が公開! 高校入試 理科 塾技80」で、無料補充問題を公開しています。

 全国高校入試問題正解シリーズ

偏差値60以上の生徒向け。前年度の公立高校と主な国立・私立および高等専門学校の入試問題を収録した過去問集。電話帳並みのボリュームなので、自分の苦手なパターンの問題をピックアップして取り組んでみましょう。過去問は、入試のための実力養成に最適の問題集です。

「高校入試虎の巻」シリーズ

都道府県ごとに出版されています。自分が受験する都道府県の虎の巻を使って過去問練習をすることで、自分の実力を確認することができます。各教科単元別に編集されていますので、苦手分野を集中的にトレーニングすることも可能です。

最高水準問題集高校入試数学 

難関国私立高校入試で出題された問題を中心に編集されています。学校や塾の勉強では全く物足りない方はこちらの問題集でトレーニングをしましょう。こちらの問題集は超難問でも得点できる力をつけるための勉強として取り組んでほしい教材です。かなり骨のある問題が掲載されていますが、この問題集の良いところは解説が丁寧である点です。この問題集の全問制覇はとてつもなく難しいです。偏差値70未満の生徒は手出しをしないでください。

おすすめ教材

コラム

勉強のコツ

受験情報

受験生の保護者様へ

国語

大学受験対策

数学

未分類

生徒募集

社会・理科

英語

試験対策

2019年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー

Count per Day

  • 334373総閲覧数:
  • 13今日の閲覧数:
  • 227昨日の閲覧数:
  • 12今日の訪問者数:
  • 178昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日: