長文問題は逆転の発想で突破!(英語の勉強法)

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

 

 



受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

 

英語の長文の読解については、

入試問題の解き方から取り上げます

長文が苦手という人に限って、

必死になってがりがりと

頭から英文の読みこなしにかかってしまいます

意気込みはいいのですが、

それでは、時間が足りなくなってしまいます

 

まずは、長文に対するいそいそな設問の方を先に読んで

どの部分がポイントになっているのか?

どんな答えが要求されているのかを

素早くつかんでしまいましょう

それから改めて長文を頭から読み始めます

極端な言い方をすれば、

長文を読まなくても答えが出せる問題もあります

そこを最初に見抜いてしまうのがコツの一つです

 

次に長文を読み始めますが、

わからない単語があっても

どんどん読み見進めてしまいましょう

もちろん、どの部分が設問で取り上げられているかを

頭の中に入れておきます

設問に関係のない部分は斜め読みしていって、

とにかく全体像をつかんでしまいます

 

長い文章は一般的にやさしいもの

なぜかというと、

わからない単語が少しくらいあっても

前後の展開や全体の流れから

大意をつかむことができるからです

逆に全体の流れから、

わからない単語の意味を推理することも可能です

 

このやり方は、

日頃の長文読解の勉強にそっくり当てはまります

読解は結局のところ国語力

とにかく英文を読みこなし、

少々わからない単語があっても

前後から推理できる力をつけましょう

読み終わったら、

英文の要旨を日本語で書く練習をすると

実力アップにつながります

そのほかにも、

構文をしっかりとマスターしておくこと

教科書を覚えておくと

長文の中に似たような分が必ず出てきます

逆に、日本語の役を見ながら

長文に慣れていくという手もありです

 

英文を読む量をどんどん増やして慣れていけば

その文章が何を言おうとしているのかが

わかるようになってきます

長文とはいっても短文の連続です

あまり肩ひじを張らず、気楽に読んでいきましょう

 

1・2年生のうちは、

なんといっても教科書が一番重要です

教科書の文章を暗唱できるようにしておけば

長文問題の壁を突き崩す第一歩となります

 

次に長文を読んでいく上で注意しなければならないのは、

主語と述語をきっちりとおさえて

筋を追って読んでいくということです

日本語と違って英語は主語がはっきりとしていますので、

メモを取ったり図解しながら読み進めていくとよいでしょう

このやり方の利点は、

登場人物の間でどのようなやり取りがあったのか?

対立点があったとすれば、それはどのような理由か?などの

ポイントがしっかりつかめるという点です

テストの設問も、

このような長文の筋道に集中して問われてきます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ