福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【大学入試】受験シーズン真っ只中! 最高の結果を出すための準備を!

time 2022/10/21

【大学入試】受験シーズン真っ只中! 最高の結果を出すための準備を!

受験シーズン始動!

一般入試の選抜方法は、一般入試、推薦入試、AO入試の3つに大別されます。近年、推薦入学やAO入学が増加する傾向にある。それぞれの方式の特徴を理解し、自分が受験したい大学がどの選考方式を採用しているのか、早い段階から情報収集しておくことが入試対策には重要です。今回は、それぞれの選考方法の概要と、一般入試について知っておくべきポイントを紹介します。

国公立大学でも推薦・AO入試を実施

より優秀で意欲的な学生を求めて大学が入学者を選抜する「推薦」「AO」入試は、国立大学や公立大学でも実施されている。

近年、大学進学率が上昇する一方で、少子化の影響により志願者数が減少しています。そんな中、入試制度も徐々に変化しています。大学入学年齢」と言われることもあるが、もちろん全員が希望する大学に入学できるわけではない。名門大学はやはり評価が高く、競争に勝ち残った者だけが入学できる。また、近年、首都圏の大学の定員超過が問題となっており、文部科学省は大学の定員超過を削減した公立学校への補助金政策を年々強化しているため、首都圏を中心とした大規模大学は入学者数に慎重になっています。その結果、「私立大学の一般入試で予想外の不合格者が出る」ことが顕在化しているとのことだ。そのような中、一般入試に加え、推薦・AO入試を強化し、高い能力と意欲を持った学生を入学させる大学が増えています。これは私立大学だけでなく、国立大学や公立大学にも適用されます。従来、大学進学は一般教養を身につけた学生が有利とされてきましたが、工学部や総合学科などの推薦枠を設ける大学も増え、進学を柔軟に考えることができるようになりました。

一般入試の前に推薦入試やAO入試を実施し、早い段階で合否を決定しています。入学したい大学が「推薦入試」や「AO入試」を実施している場合は、まずそちらにチャレンジしてみるとよいでしょう。不合格の場合は、後日「共通入学試験」を再受験することができますので、チャンスは2回ということになります。

  • 大学入学者選抜には、大きく分けて「共通入学試験」「推薦入学試験」「AO入学試験」の3種類があります。
  • 私立・公立を問わず、「推薦入試」や「AO入試」を利用して、高い能力と意欲を持つ学生を発掘する大学が増えている。
  • 推薦入試」「AO入試」で不合格になった場合、「一般入試」を再受験することができます。
  • 私立大学では、受験日が重ならない限り、何校でも一般入試を受験することができます。国公立大学は前期・中期・後期と受験できますが、入学できるのは1校だけです。
  • 国公立大学は、大学入学共通テスト(共通テスト)を受験する必要があります。

一般入試は一発勝負

国公立大学では、共通テストの受験が義務付けられています。
推薦」「AO」入試は増えているが、定員の半数以上は「一般入試」で埋まっている。公立の場合、試験日が重ならない限り、何校でも受験できます。ただし、その場合は審査料が増額されます。国公立大学受験の最初のハードルは、共通テスト。10月上旬に出願し、1月に必要な科目を履修する。二次試験は1月下旬から2月上旬に申し込むが、試験は10月下旬から2月上旬に実施される。試験は前期(2月下旬)、中期(3月上旬)、後期(3月中旬)に分かれており、合格発表は後期、中期・後期試験の場合は3月20日以降に行われます。

一般入試の形式は大学によって異なります。大学ごとに特色があり、試験科目が同じでもテーマが異なることが多いので、事前にしっかり準備しておくとよいでしょう。試験日は通常1月中旬から2月下旬に設定され、同じ大学でも学部によって異なることが多いので、関連するものを同時期に申し込むことも可能です。私立大学の多くは、大学個別の試験を除き、共通テスト方式による入試を採用しています。受験が簡単で、希望する大学に共通テスト試験の結果を提出し、合否判定を待つだけなので、多くの学生が共通テスト試験を利用して入試に臨んでいます。しかし、共通テスト試験利用入試の比率が高く、それに伴って難易度が上がっているため、共通テスト試験利用で出願する大学については、慎重に検討する必要がある。一般入試は「一発勝負」だとも言える。模試や高校レベルの成績に自信がなくても、一般入試まで頑張れば挽回できるのがメリットです。自分の能力を高め、「やれることはすべてやった」と自信を持つことが大切です。しかし、その分、例えば試験当日の体調などに弱くなることも否めません。また、大学入試は倍率が高いので、高校入試のときよりも多くの学校を受験することになることが多いですね。つまり、試験には時間がかかるということです。

長い受験生活を乗り切るためには、学力だけでなく、体力も重要な要素になります。ご家庭でもお子様の健康に気を配り、食事に気をつけ、家族全員でインフルエンザの予防接種を受けてください。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

Count per Day

  • 658968総閲覧数:
  • 453今日の閲覧数:
  • 232昨日の閲覧数:
  • 205今日の訪問者数:
  • 188昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー