夢をかなえる勉強術

中学受験 高校受験 大学受験 勉強法 1対1個別指導 

【大学受験】センスだけでは太刀打ちできない!現代文の勉強法

time 2022/03/18

【大学受験】センスだけでは太刀打ちできない!現代文の勉強法

現代文はどんな教科?

現代文を正しく理解しなければ、現代文の成績を上げることは難しいでしょう。そのため、ここでは現代文全体の重要なトピックと必要なスキルに焦点を絞りました。

現代文を正しく理解する

現代文は、著者の主張が何なのか、それを伝えるためにどのような論理構成になっているのかを理解すれば、点数を稼ぐことができるのです。ひとことで言えば「最初の段落で、著者の主張が示されている。」第2パラグラフでは、具体的な事例が紹介されています。第3パラグラフでは、著者の個人的な経験によって、論旨がさらに強化されている。著者が何を言おうとしているのか、そのために各段落が何をしているのかが分かれば、ほぼ全ての質問に答えられるようになります。

評論全体は「木」であり、著者の主な主張は「木の幹」である。本論に関連する副論が「枝」、各文章が「葉」である。こうして見ると、評論分の構造は分かりやすいですね。木、幹、枝、葉の関係を正しく理解する。これが現代文の目指すところです。

現代の文章を読むために必要な4つのスキル

前述したように、筆者の主張と論理構造を理解することに主眼が置かれていますが、大学入試で本当の意味で合格点を取るためには、次の4つのスキルも必要です。

1.ボキャブラリー

英語の長文を理解するとき、そもそも英単語の知識がないと読めません。同様に、現代文に使われる語彙が不足していると、コメントを正しく読み取ることができません。そのため、現代文の語彙を学ぶことも欠かせない。語彙は大きく分けて、漢字とキーワードに分けられる。漢字については、よく使う漢字をすべてマスターし、漢検2級レベルに達していれば、特に苦労することはないでしょう。一方、「演繹」「帰納」「比喩」「アウフヘーベン」など、日常会話ではほとんど出てこないが、現代日本語では使われている特殊な言葉が多い。そのため、現代文のキーワードは特別な対策が必要です。

2.読解力

読解力とは、著者の主張の構造を把握する能力である。

例えば、「日本のアニメ産業」というテーマで書かれた評論文を読む場合、以下のようなことができるはずです。著者の主張は、「アニメ産業が日本経済を支えている」というものだ。第3パラグラフでは、「アニメの市場規模は1兆5千億円」「販売点数」など、具体的な数字が示されています。ここが著者の主張の裏付けになる』。文章の主旨や構造を自分の言葉で正しく説明できれば問題ありません。読解力は、現代の文章を司る最も重要な能力といっても過言ではありません。

3.問題解答スキル

問題解答技術は、問題を解くための具体的なスキルであり、「採点技術」とも表現されます。出題形式が「マーク式」か「記述式」かによって、必要なテクニックは以下のように異なる。

マーク式:テキストと選択肢を正しくマッチングさせるテクニック、例えば、不要な選択肢を排除する。

記述式:文章の論理構造や因果関係の理解に従って情報を整理し、単語数の範囲内で情報を要約するテクニック。

4.速読

試験においては、難しい文章を素早く読み解き、限られた時間の中で問題を解く力が求められます。そのため、上記1~3の能力があっても、この速読力がないために、与えられた時間内に問題を完成させることができず、試験に不合格になることがよくあります。速読技術は一朝一夕に身につくものではないので、現代文の勉強に慣れながら少しずつ意識していくことが必要です。

現代文の読解のためのルール

現代文の読解問題に取り組む際に、最低限覚えておきたい2つのルールをご紹介します!

1.本文中から答えの根拠を探す。

質問に答えるときは、著者の記述だけで判断することができます。ですから、もし著者が本文中で「ケバブは寿司の威厳に劣る」と言っているのであれば、その根拠に基づいて問題を解き続けなければなりません。「てやんでぇ! 寿司が好きなんだよ、この野郎!」そう思っても、ガマンして冷静になるしかない。

現代の文章では、個人的な意見ではなく、常に客観的である必要があります。この当たり前のことに、意外と気づいていない生徒が多いです。

2.小説を読む上で重要なのは “登場人物の感情”

小説は批評文と違って、誰が見ても明らかなテーゼがないことが多い。物語の中にテーマや教訓が含まれているが、それをどう受け止めるかは個人の自由であるというのが基本的な立場である。つまり、小説は明確な形を持たないテーマを扱っているのです。しかし、だからこそ、フィクションの読解では「登場人物の感情」に問題が集中しやすいのである。なぜなら、どんなフィクションの文章でも、ある程度は登場人物の心情を適切に描写してくれるからです。
ですから、小説の場面ごとに登場人物の心情がどのように変化していくのかを理解できれば、ほとんどの質問に答えることができるようになるのです。

現代文の勉強は、すべての教科に通ず

現代文の勉強の隠れたメリットは、他の科目でも高い成績が取れるということです。なぜなら、読解力が向上すると、自然と情報の処理・整理が上手になるからです。
例えば、世界史の縦(時代別)と横(地域別)の関係を把握しやすくなり、重要な単語やフレーズの暗記につながるかもしれません。実際、現代文が得意な生徒は、他の教科の成績もぐんぐん伸びる傾向があります。

また、他の科目の学習は現代文に応用することができる。英語の長文を読むときは、「この段落は結論から書かれていて、次の文では具体例が示されている」など、文章の論理構成に注目することで、現代文の力をつけることができます。

  • 現代文の勉強を他の教科で使う。
  • 他教科で学んだことを現代文に応用する。

この2つを常に意識することで、受験生活の質は加速度的に向上していくのです。

現代文の勉強法

次に、現代文の学習を進める上での具体的なポイントをまとめます。

読書ではなく、参考書を使ってスキルを身につける

大学入試までの時間が限られている高校3年生や放蕩者にとっては、読書で現代文の力をつけようとするのは決して効率的ではありません。そのため、参考書を使って勉強するのがベストな方法です。なぜなら、参考書は主に大学入試に実際に出題されたテキストを扱っているからです。大学入試で使われてきた文章=書き手の主張が明確で、論理的な構造を持ち、質問が簡単な文章です。そのため、このスタイルに慣れることが成功への近道となるのです。一方、一般的な読書の場面では、著者の主張や論理構成が参考図書で紹介されているものよりも明確でない可能性が高い。したがって、意識的に「著者の主張と論理構造を見抜く」立場で読まないと、単に回避しているだけのことが多いので注意。

必ず見直す

多くの学生は、現代文における改訂の重要性を見過ごしがちです。暗記が必要な科目ではないので当然といえば当然だが、大きな落とし穴である。対応した課題を何度も見直す。

  • テキストの要旨と論理構造
  • どのような思考プロセスで答えを導き出したか。

この2点を自分の言葉で言い直す訓練をすれば、読解力と解答力が大きく強化されます。具体的には、前日に解いた問題を翌日には必ず解き直し、なぜそのようなミスをしたのかを徹底的に検証することをお勧めします。”復習を制するものは、現代文を制する!”という事実を忘れないようにしましょう。

学習計画を立てる

志望校に合格するためには、いつ、どんな力をつける必要があるのか、下記のプランで知ることができます。このプランは、6つのステップを踏んで、一歩一歩目標を達成していくものです。

1.過去の試験を分析する

まずは自分が選んだ大学の過去の試験を見てみることから始めましょう。マーク式かペーパー式か、出題傾向は?
これらを知ることが、すべての始まりなのです。参考までに、いくつかの記事をご紹介します。

2.基本ルールを学ぶ

先に紹介した『本文から解答の根拠を見つける』などの入門参考書で、現代文の基本ルールを学ぶ。

おすすめ参考書

3.ボキャブラリートレーニング

現代文の基本ルールをマスターしたら、次は語彙力の強化に取りかかりましょう。よく使われる語彙を知ることで、現代文が理解しやすくなります。

おすすめ参考書

4.読解力をつける

実用的な参考書を使って、本文の主旨や論理構造をしっかり理解することができる。

おすすめ参考書

5.解答力をつける

より高度な論理構造を持つテキストに触れながら、アウトプット手法の理解を深める。

おすすめ参考書

6.速読力をつける

ここまでくれば、あとは入試本番に向けて、決められた時間内に過去問を解ききる訓練をすればいい。また、本番の試験で問題を解くための理想的な順序を決めておくとよいでしょう。

おすすめ参考書(志望校の赤本)

現代文のおすすめ勉強法

最後に、現代文の勉強におすすめの勉強法をご紹介します

(1)基本的な読解力の講義書を使って、現代文の読み方を学ぶ。

基本的な読解講義の本を使って、現代文の読み方をマスターしよう。現代文の読解は、他の文章の読解とは異なる。誰もが最初から現代文を読めるようになることを想定するのは、基本的に無理な話です。そのため、最初は読解講義録を使って現代文の読み方を押さえることが必要です。ここで正しい読み方を学ばないと、間違った方法で学習を続けることになるので、まずは正しい読み方を身につけるようにしましょう

(2)問題集を徹底的に分析し、講義ノートや解答・解説を超えた問題の読み方・解き方の仮説を構築する

問題集を徹底的に分析し、講義録や解答・解説の先にある問題をどう読み解くか、仮説を立てる。問題集を隅から隅まで読んで、理解できない部分がないようにする。短時間で問題集を終わらせたとしても、中途半端にしか取り組まないのでは、中途半端なスキルしか身につきません。1問に5時間かけてもいいから、その1問を徹底的にやるべきです。だから、講義録や解答・解説を越えて、論文を徹底的に分析し、問題をどう読み解くか、仮説を立てましょう。

(3)共通テスト(センターを含む)の過去問で常に満点を取れるようにセンター試験の準備をする

通テスト(センターを含む)の過去問で安定して満点が取れるように、センター対策をしましょう。ほとんどの生徒が共通テストを受験します。共通テストは、他の大学入試に匹敵するような国語の難問をはじめ、良問揃いです。ですから、センターの国語の問題がよくできれば、他の大学の国語の入試問題でもよくできるようになります。そのため、センター試験の国語の講評で安定して満点を取れるように、センター対策をしておきましょう

(4)同様に志望校の過去問を徹底的に研究する。

志望校の過去問も同様に徹底的に勉強しましょう。共通テストや模擬試験、ペーパーでいくら良い成績を取っても、志望校の問題で良い点数を取れなければ意味がありません。最初は、志望校の問題に慣れていないため、思うような点数が取れないかもしれません。しかし、志望校の過去問を解いて分析すれば、点数は上がります。志望校の過去問も同じように徹底的に勉強しよう。

 


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

Count per Day

  • 650568総閲覧数:
  • 36今日の閲覧数:
  • 93昨日の閲覧数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 53昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー

カテゴリー