夢をかなえる勉強術

中学受験 高校受験 大学受験 勉強法 1対1個別指導 

【大学受験】勉強のポイントを押さえれば怖くない!共通テスト数学で90%を目指す勉強法

time 2022/08/22

【大学受験】勉強のポイントを押さえれば怖くない!共通テスト数学で90%を目指す勉強法

共通テストの数学の傾向

思考力、判断力、プレゼンテーション能力が試される。第一の傾向は、今後の共通テストでは、思考力、判断力、表現力がより重視されるようになることです。これは、大学共通入試問題の作成方針にも明示されています。入学共通テストで問われる数学的な「思考力」は、「数式を使って問題に対応する思考力」と「文章から論理的に推論する力」である。共通テストの数学コンポーネントで問われる「判断力」は、数式、表、図から正しい情報を特定し、利用する能力である。共通テストの数学の項目で問われる「表現力」とは、数式や計算過程、自分で答えを導き出す過程などを伝える能力のことです。共通テストとは対照的に、かつてのセンター試験では、知識や数的な能力だけで解ける問題が多くありました。しかし、今後の「共通テスト」では、問題文に含まれる情報をもとに思考・判断する能力が求められるようになる。

2つ目の傾向は、センター試験と比較して、問題文や問題の形式が異なる場合があることです。これまでのセンター試験では、数式が正しく使えるか、計算力があるかを問うだけの比較的簡単な問題が中心でした。しかし、一般的なテストでは、問題文自体がインタラクティブであったり、計算で必要な情報を記入させる問題など、これまで見たことのないタイプの問題が出題されることがあります。また、試験的な調査や回答に関する質問をもとに、道路渋滞や科学実験など、現実のテーマに沿った問題がテストに含まれることが期待されます。そのため、新しい問いかけに対する免疫をつける必要があるのです。

具体的な対策としては、学校の定期テストに取り組んだり、数学の問題を幅広く解いたりと、さまざまな問題を練習しておくとよいでしょう。与えられた条件や問題文からヒントを見つけ、初めての問題も解けるようになりますよ。

3つ目の傾向は、センター試験と比較して問題数が増えたことです。数学共通テストは70分、数学センターテストは60分です。

実際には、試行調査や作成冊子をもとに、質問と回答の数が増えることが想定されていました。問題数の増加により、問題文を素早く正確に読み解く力、素早く計算する力が求められています。具体的な対策として、日々の運動で得られる時間を意識してみましょう。時間を意識することで、自然と処理速度や計算力が向上します。問題が解けたとしても、模範解答と比較し、時間を短縮できる部分を貪欲に探すことが必要です これは重要なことです。

共通テストの数学で高得点を取るためのコツ

共通数学の試験時間は、数学1 Aが70分、数学2 Bが60分と、非常に短いです。高得点を取るためには、問題を素早く正確に解くことが重要です。そこで、共通テストの数学で高得点を取るための3つのコツをご紹介します。

理解できない問題に時間をかけすぎない

まず大切なのは、わからない問題に時間をかけ過ぎないことです。共通テストの数学は制限時間が非常に厳しく、あまり力を入れずに問題を解いても時間が足りなくなります。だから、わからない問題にはあまり時間をかけず、解ける問題にはもっと時間をかけてください。わからない問題に時間をかけすぎて、わかる他の問題が解けなくなっては元も子もありません。だから、いい点数を取れるように、解ける問題にもっと時間をかけてください。

どの問題を選ぶかを決める

第二に、どの問題を選ぶかを決めることです。共通テストにおける数学1では確率、整数、数的性質が、数学2では級数、ベクトル、確率分布が選択問題として出題されます。試験でどの問題を選ぶか迷っていると、時間のロスになります。自分の得意分野で選ぶ問題を決めておけば、時間をロスすることなく解けるはずです。まず穴埋め部分を見てください。

穴埋め部分に注目する

一般的な数学のテストでは、穴埋め形式で答えを埋めていく必要があります。ですから、まず穴埋め問題を見れば、問題の解き方がわかり、指示に従うことができるようになるはずです。穴埋め部分のガイダンスに従うことで、答えを見つけるまで脱線することなく、問題を解くことができるのです。だから、まず穴埋め部分を読んでから、問題を解いてみてください。

共通試験数学の必勝攻略法

現在2年生なら1~3を中心に、3年生なら3~5を繰り返すのがいいと思います

  1. 計算式や定義を読んで理解する。
  2. 例題や基本的な問題を解く
  3. 共通テストレベルの問題演習をする。
  4. 試験対策用の共通問題に取り組む
  5. さまざまなタイプの問題に触れる

数式や定義の読み取りと理解

まず、数学で最も重要な公式と定義を読み、理解する。この公式や定義を読んですぐに理解できれば、苦労はしません。このため、ここでは数式や定義の読み方、理解の仕方について詳しく見ていきます。

まず、読み方。数学を理解する場合、教科書を読んで理解することが重要です。しかし、1回読めば大体の内容が理解できる人もいれば、何回か読まないと理解できない人もいます。そのため、必要な数式や定義を理解しておくことが重要です。数式や定義を読んで理解することは大切です。「正しい理解の仕方・時期」を確認しておきましょう。

例題や基本的な問題を解く

次に、すでに理解している公式や定義を使って、問題を解いていきます。このとき、今できないからと焦って問題を解決しないことが大切です。問題が解決できないことに気づいたら、すぐに答えを見る姿勢を持ち、理解しようとすること。今、問題が解けなくても、それはまったく問題ではなく、むしろ問題が解けないからこそ、勉強ができるのです。ですから、まずは自分がどこまでできていて、どこができないのかを把握するようにしましょう。多くの人は、解決できない問題に直面したとき、次のように考えます。『わからない』というのは、すべての問題を理解しているわけではないことが多い。たいていの場合、どこに引っかかっているのかが分からないので、解決策が見つからないというパターンです。数学は一定の順序で「問題を解く」必要があるため、必ず「わかるところとわからないところ」が出てきます。それを明らかにするためには、公式や定義を理解した上で、問題を解いて理解度を確かめることが重要です。したがって、公式や定義を理解した上で、例題や基本的な問題を解いてみましょう。

共通テストレベルの問題演習をする

例題や基本問題を解いて、数学の基礎知識や学力が身についたら、次は共通テストの問題演習です。問題集で得た知識が実戦で使えるかどうかを確認する。共通テストの練習をする理由は、問題の難易度が一定で、似たようなパターンの問題で公式や定義の知識を確認しやすいからです。解けない場合、数式や定義が「よくわからない」のか、「使い方がわからない」のかを分析しましょう。そもそも定義や公式を把握できていないのであれば、もう一度定義や公式を確認しましょう。定義や公式は知っているけど、どう応用すればいいのかわからないという方は、復習問題を解くことで身につけることができます。理解できなかったら、すぐに解答・解説を見て、自分の欠点を分析し、該当するスキルを身につけましょう。共通テストの対策問題集が無い場合は、センター試験の対策問題集でも構いません。

共通テスト対策問題に取り組む

次に、試験対策用の共通問題を解くことです。センター試験の練習で7~8割の点数が取れれば、数学の基礎はできていることになります。次に、よくあるテストの練習問題に取り組み、身につけた基礎力を応用する。共通テストの数学は、センター試験の数学と比べると新しい問題が多い。共通テスト数学の傾向」でも述べたように、実生活に即したテーマでの出題も期待されます。共通テストに備えるために、共通テスト対策問題に慣れておこう。おすすめの問題集は、教学社の「共通テスト問題研究のための数学」です。

さまざまなタイプの問題に触れる

以上のように、4つの段階を踏んできたら、自信を持って共通テストにのぞむことができるはずです。数学に時間をかけられるのであれば、問題の急変に対応する力をつけるとよいでしょう。例えば、国公立大学や私立大学の過去問を解いてみてください。さまざまなタイプの問題を解決することで、問題に対処する力を養うことができます。今後、共通テストに対応した問題集がどんどん増えてくると思いますので、様々なタイプの問題練習がしやすくなってくると思います。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

 

 

Count per Day

  • 650565総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 93昨日の閲覧数:
  • 24今日の訪問者数:
  • 53昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー

カテゴリー