福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【大学受験】受験勉強ってどれくらいやればいいの?大学受験の勉強時間について解説

time 2022/10/27

【大学受験】受験勉強ってどれくらいやればいいの?大学受験の勉強時間について解説

みんなはどれくらい試験勉強をしているのだろう?「私の周りには一日の大半を勉強に費やしている高校生がいますが、今の私は勉強に十分な時間を割いているのでしょうか?このような悩みを抱えたことはありませんか?

大学入試に合格するためには多くの勉強時間が必要で、早くも高校1年生から受験勉強を始める生徒もいます。
大学入試では高校3年生までの知識・学力・理解力が問われるので、勉強時間が増えるのは当然ですが、受験勉強にどれだけの時間を割けばいいのでしょうか。

今回は、大学受験に必要な勉強時間と、勉強時間を増やすためのコツをお伝えします。

大学受験のための勉強時間はどれくらい必要ですか?

長い年月をかけて、多くの人が高校1、2年生から大学受験の勉強を始めますが、3年生までは、過去問などの本格的な受験勉強というよりは、復習の授業や基礎知識の定着に終始します。

高校1年、2年でどれくらいの勉強時間が必要なのかを解説します。

高等学校1年生の1日の平均学習時間

高校1年生は、日々の授業の復習と宿題をきちんとこなすことを意識してください。勉強時間の目安としては、平日は2時間以上、休日は4時間以上を目安にするとよいでしょう。時間も大切ですが、何よりも学習習慣を身につけることに取り組んでください。

高校1年生で学ぶことは、大学受験の勉強の基礎となります。特に、受験科目の基礎となる英語、数学、理科の基礎科目に重点を置くことが推奨される。

高等学校2年生の1日の平均学習時間

高校2年生では、授業の復習や宿題に加え、基礎を固めるという意識を持って勉強することが大切です。学習時間の目安として、平日は3時間以上、週末は6時間以上を目安にするとよいでしょう。
2年生の夏には受験科目が確定し、すべての勉強を開始できるのが理想的です。2年生のうちに平日も週末もしっかり勉強する習慣をつけておくと、4年生になっても受験勉強がはかどります。高校2年生までに、長時間の勉強に慣れておくとよいでしょう。2年生の冬からは、遅くとも受験勉強を始められるように、勉強の基礎を固める必要があります。

大学入試が本格化! 2年生の冬から3年生まで、受験勉強にどれくらいの時間が必要なのでしょうか?

総合試験の勉強は2年生の冬から始まりますが、特に大学入試が本格化する3年生では、どれくらいの勉強時間が必要なのでしょうか。

高校3年生の場合、春から夏にかけての前半と、夏から卒業試験日までの後半では、必要な勉強時間がおおよそ違ってきます。3年生の前半は、大学受験に向けてアクセルを踏み込むべき時期です。勉強する時間を確保することが大切です。平日は5時間以上、休日は11時間以上の勉強を目標にしましょう。長時間の勉強は慣れるまで大変ですが、一度習慣化すれば自然にできるようになります。

夏休みが終わると、大学受験に向けて自分を追い込む時期になります。夏休みには、1日11時間以上の勉強を目標にすること。高校3年生の夏休み明けには、入試に必要なすべての科目・コースを修了することを目標にしましょう。

高校3年生の夏休み明けからは、受験準備のために登校日数が少なくなります。勤務中は試験勉強に多くの時間を割くことができるため、油断をするとついサボりがちになります。夏休み明けも、平日は5時間以上、週末は11時間以上の学習を継続すること。

秋以降は、共通テストや二次試験対策として志望校の過去問に取り組み、実戦力を高めることに注力する必要があります。

国公立大学での学習時間

国公立大学は大学入学共通テストを採用しているため、私立大学に比べて入試科目が多くなっています。国公立大学の合格者の多くは、必要な科目が多岐にわたるため、学習時間が3,000時間を超え、東京大学などの最難関大学では3,500時間を超える人もいます。前述のシニアの1日平均学習時間から計算すると、シニア期だけでは不十分であることがわかる。難関といわれる国公立大学を目指す場合、高校1〜2年生から受験勉強を始めるケースが多く、十分な受験対策が必要であることがわかる。

私立大学での学習時間

私立大学の必修科目数は、入試方法や大学入学共通テストの有無によって異なるが、国立・公立大学に比べて少ない傾向にある。しかし、科目が少ないからと言って、必ずしも勉強時間が短くなるわけではありません。私立大学を受験する場合、国公立大学入試と同じだけの勉強時間が必要です。

学習時間については、大学によって科目数や出題傾向が異なるため一概には言えないが、少なくとも上記の平均的な学習時間は必要である。
2021年度入試以降、「大学入学共通試験」を利用する大学が増えていきます。大学入試共通テストでよい結果を出すためには、個別の試験対策に加え、新しい出題傾向に対応した体系的な準備が必要です。

勉強時間を増やしたい! 学習習慣を身につけるにはどうしたらいいですか?

大学受験の平均学習時間を見てもわかるように、受験勉強には高校1年生から長時間の勉強に耐える力を養う必要があるのです。しかし、時には思うように勉強時間を増やせずに悩むこともあるでしょう。ここでは、勉強時間を増やし、勉強の習慣を身につけるためのコツを紹介します。

勉強したいページを先に開いておく。

机に座った途端にやる気がなくなってしまう人は、参考書や問題集を用意し、勉強したいページをあらかじめ開いておくとよいでしょう。机に座ったからと言って、すぐに勉強を始められるわけではありません。参考書を開くのが面倒』『机に向かってもやる気が出ない』などの理由で、勉強を始めるまでに時間がかかる人が多いようです。しかし、デスクに座った瞬間にパソコンのスイッチを入れることができれば、勉強時間を増やすことができます。学生にとって大切なのは、少しでも時間を無駄にしないことです。

やる気がなくても勉強する

モチベーションがなければ、多くの人は勉強を続けられず、すぐに机を離れてしまう。しかし、やる気がないときに勉強から離れると、さらにやる気をなくしてしまいます。勉強する習慣を身につけるには、やる気が出なくてもとにかく勉強を始めることが大切です。5分だけ勉強しよう」と思って机に向かうと、あっという間に15分、30分と経ってしまう。30分くらい経つと慣れてきて、いつの間にか集中している。5分だけ勉強しよう」「単語帳を見るだけでいい」と、どんなにリラックスしてもいいので、とにかく勉強する習慣を身につけることが大切なのです。

勉強の時間があるときは、その時間を使う

受験生にとっては、空き時間さえも貴重な時間です。通学途中や休憩時間など、10~15分の隙間時間を上手に活用すれば、受験勉強に充てる時間を増やすことができます。暗記のために単語帳を開く、復習のためにノートを開くなど、簡単で素早い勉強法を常に準備しておくことです。

時間割を決めて、自分を奮い立たせる

学校で時間割があるように、家で勉強するときも決まった時間に勉強する習慣を身につけることが大切です。勉強に飽きないように、工夫してスケジュールを立てましょう。例えば、勉強を続ける中で科目を変えることで気分転換ができ、勉強時間そのものが長くてもモチベーションを維持しやすくなります。時間を管理することで、自己管理能力も向上し、勉強と休息のバランスもうまく取れるようになります。特に3年生になると、1日10時間近く勉強することになるので、その日の勉強に必要なスケジュールを立ててから、仕事に取りかかりましょう。

午前と午後で勉強する内容を変える

また、午前と午後で勉強する内容を変えるのも効果的です。一般に、脳は午前中に働きやすくなると言われており、数学や現代文など思考を必要とする科目は午前中が適しています。英語や日本史など暗記が必要な科目は午後に学習することで、バランスの良い学習時間を確保することができます。ただし、脳が最もよく働く時間帯は人によって異なるため、午前と午後のどちらが適しているかを考え、適切な時間帯に勉強することをお勧めします。

勉強時間がすべてではないのですか?大学受験の勉強で大切なこと

大学受験に必要な勉強時間についてご紹介しましたが、受験勉強で大切なのは勉強時間だけではありません。大学受験の勉強でも、セルフマネジメントは重要です。
大学受験の勉強で大切なことをご紹介します。

時間割を決め、計画的に学習する

受験勉強に多くの時間を費やすことになるため、時間割を作成し、漫然と勉強するのではなく、計画的に勉強する習慣を身につけることが重要です。

どうすれば効率よく、集中的に勉強できるか、1日のサイクルから考えてみましょう。平日と休日では勉強に充てる時間が異なるため、それぞれに合った学習サイクルを用意することも重要です。自分で勉強時間を管理するのが苦手な人は、予備校や塾に通って「勉強時間」を作るといいかもしれません。

休憩時間を確保する

勉強する時間も大切ですが、休息する時間も同じくらい大切です。せっかく長時間勉強しても、睡眠時間を削って体調を崩すと、その後の勉強に支障をきたします。基本的に、人は長時間集中力を持続させることが難しいと言われています。勉強のサイクルの中で25分ごとに5分間の休憩をとるなど、集中力を維持できるように工夫する必要があります。

モチベーションを維持する方法を見つける

モチベーションが低いと、いくら勉強しても結果が出ません。例えば、10時間勉強しても、そのうちの数時間しか集中できなかったら、10時間勉強したとは言えませんよね。どうすればモチベーションを保てるか、どうすれば効果が出るかを考える。0分勉強したら何か食べたい」「ここが終わったら10分休憩しよう」「気分転換にビデオを見よう」など、何でもいいんです。また、モチベーションを維持するために、場所や環境を変えることもおすすめです。自分の部屋、塾、自習室、図書館など、勉強する場所をいくつか用意しておくとよいでしょう。

集中力を妨げる物や場所を避ける

ゲームやスマートフォンなど、興味のあるもの、楽しいものに囲まれていると、思うように勉強がはかどらないものです。特に、スマートフォンを長時間使用するケースが多く、集中力を妨げる大きな要因となっています。勉強中はスマホを見る時間を確保し、機内モードにしておくと、通知を気にすることなく勉強できます。また、騒がしい場所も集中力の妨げになります。勉強するときは、できるだけ静かで落ち着ける場所を選びましょう。

勉強の「質」を意識する

受験に費やす「時間」を気にする人は多いが、実は大学受験の合否を左右するのは勉強時間ではなく、勉強を通じて得られる学力や知識である。勉強は量も大切ですが、「質」がより重要です。いろいろな参考書で勉強するよりも、1冊の参考書を何度も繰り返し勉強する方が効果的と言われています。受験勉強では、勉強の「質」にこだわり、効率よく勉強することが大切です。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

 

Count per Day

  • 659015総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 477昨日の閲覧数:
  • 12今日の訪問者数:
  • 213昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー