福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【大学受験】塾に通わずに大学受験に合格する方法

time 2022/10/28

【大学受験】塾に通わずに大学受験に合格する方法

大学入試を塾なしで受けたい、大学入試を受けたいけど塾なしで合格できるかわからない、そんな悩みはありませんか?塾なしで大学受験をしたい」「大学受験をしたいけど、塾なしで合格できるかな」と思っている人はいませんか?大学受験のために塾に通うお子さんも多いので、「塾なしで合格できるのか」と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。今回は、塾なしで大学受験に合格できるのか、また、独学で勉強する際に気をつけるべき5つのポイントについて見ていきたいと思います。

塾なしで大学入試に合格できる!? 可能です。

要するに、大学受験は塾なしでも合格できるのです。実際、塾なしでも合格できる人もいます。

ただし、この場合は自分で学習計画を立て、より高いモチベーションで勉強する必要があります。これは簡単なことではありません。正しい勉強方法をアドバイスしてくれる人はいないからです。また、志望大学の難易度によっては、授業料がないと合格が難しくなる場合もあります。特に国公立大学は検査対象が多いので、リスクが高い。

大学受験のための塾の受講のメリット

前述したように、大学受験のために塾に通う人は少なくありません。なぜ、実際に塾の授業を受けているのでしょうか?それでは、塾の授業を受けるメリットについて見ていきましょう。

学習習慣を身につける

まず、勉強する習慣が身につきます。大学入試に合格するためには、勉強しなければなりません。机に向かっている時間が長く、集中力が必要です。しかし、勉強する習慣がない人は、家でダラダラしてしまいがちです。学習環境の整った授業に参加することで、自然と勉強する習慣が身につきます。

希望する大学への入学準備も簡単

大学入試に合格するためには、やみくもに勉強すればいいというものではありません。同じ科目でも、大学によって出題範囲や内容、傾向が異なるので、志望大学ごとに対策する必要があります。塾には各大学の試験に関する情報や知識が蓄積されているので、志望大学の試験対策がしやすくなります。

塾を通さずに準備する場合、出題される問題の特徴や配点、特にどの科目や分野に力を入れるべきかなど、すべての情報を自分で入手し、分析しなければならない。勉強だけでなく、志望校を分析し、より多くの仕事をこなす必要があります。

試験までの学習計画をサポートしてくれます。

3つ目のメリットは、塾は受験までの学習計画を立てられることです。

試験に合格するためには、自分の現在の学力を客観的に把握した上で、試験までにどのような学習ステップを踏んでいくかを計画する必要があります。どの段階で基礎力をつけ、いつから志望大学の応用問題や演習問題に取り組むかなど、細かくタイムテーブルを作ることが合格への近道です。

塾に通う場合、先生は時間割から試験当日を逆算して、最適な学習計画を立ててくれます。提示された学習プランに沿って学習すれば問題はない。しかし、塾がなければ、生徒が自分で計画を立てる必要があります。

難しいことはわかりやすく説明できる。

大学受験の勉強というと、志望大学によっては難易度が高すぎて解けない問題が出てくることもあります。理解できない回答や解説を中心に出題されることも少なくありません。塾に通っていれば、自習している問題集でわからないところを先生が解説してくれる。また、わかりやすい説明の仕方を知っているので、必ず理解でき、学力も向上します。また、大学入試の問題は非常に難しく、満点を取るのは不可能です。これらの質問に気をとられていると、他に確実に取りたい質問がおろそかになってしまいます。塾に通えば、先生がどの問題に取り組むべきかを選んで教えてくれるので、効率よく勉強することができます。塾に通っていないと、あとで学校の先生に質問することになります。時間的なズレが生じ、勉強が間に合わなくなる。

仲間やライバルの存在により、モチベーションを維持しやすい

最後のメリットは、仲間やライバルがいるため、勉強のモチベーションを維持しやすいことです。塾には、同じように大学受験を目指す仲間やライバルがたくさんいます。受験勉強を継続し、切磋琢磨することで、高いモチベーションを維持することができます。授業料がなければ、家で一人で勉強することになり、孤独を感じることも多いでしょう。しかし、一人の方が集中できると思えば、塾の授業を受けずに勉強することも可能です。

大学受験で塾に通わず勉強するメリット

大学受験において、塾で勉強しないことのメリットは以下の通りです。

経済的負担の軽減

第一のメリットは、金銭的な負担が少ないことです。もちろん、塾に通うには授業料が必要です。金額は学校によって異なるが、年間数十万円かかる学校もある。家族によっては、これが大きな負担になることもあります。塾の授業を受けずに大学受験をすれば、塾の授業料がかからなくなります。参考書や問題集などの費用はかかりますが、塾の授業を受けるのに比べれば、はるかに安い費用で済みます。

時間の効率的な使い方

2つ目のメリットは、時間を有効に使えることです。塾に通うとなると、自宅と塾の往復になります。学校が自宅から遠い場合、往復にかかる時間は割に合いません。授業料がなければ、登下校の時間や身支度にかかる時間を勉強などに充てることができます。これは、部活をやっている子どもたちにとっても大きなメリットです。自分のペースで勉強できるので、部活との両立も可能です。

塾に向いている人いない人とは?

授業料を払わない勉強には、経済的負担が少ない、時間を効率的に使えるなどのメリットがありますが、それが適している人とそうでない人に分かれます。詳しく見ていきましょう。

塾に向いている人は?

無記入で勉強するのに適している人は、主に以下の条件を満たす人です。

  • 志望大学の入試傾向を自分で分析できる。
  • 入試までの学習計画を自分たちで作成できる。

自分の志望大学を分析し、自分なりの学習計画を立てられる人は、塾の授業を受けずに自力で大学受験の勉強ができるようになります。

塾なしでの勉強に不向きな方

一方、塾なしで勉強するのに向いていない人は、次のような人です。

  • 勉強する習慣を持たないこと。
  • 自分で学習計画を立てられない。
  • 志望大学の入試情報がわからない。
  • 自分の学力に不安がある。

基本的な学習習慣がない人、自分で学習計画を立てられない人、そして何より自分の学力に自信がない人は、入試対策として授業料を取ることをお勧めします。教員のサポートを受けながら、入試対策をするのが効果的です。

塾なしで大学受験に挑むなら! 覚えておきたい5つの学習ポイントを紹介

塾なしで大学受験に挑むなら! ここでは、5つの学習ポイントを紹介します。大学入試を塾なしで受けたいなら、合格するためのポイントを知っておく必要があります。それでは、押さえておきたい計5つの勉強ポイントを見ていきましょう。

入試前に学習計画を立て、目標を設定する

塾なしで大学受験をする場合、最も重要なことの1つは、勉強計画を立てることです。志望大学によっては、大学入試に合格するために必要な勉強量が膨大になります。学習計画を立てずに勉強を始めると、試験までに必要な学習量をこなせない可能性があります。試験に合格するために、何を、どの程度、どのような手順で勉強するのか、きちんと把握しておきましょう。学習計画は、まず長期計画を立て、週単位、日単位の学習範囲を決めていくのが一般的である。

  1. スケジュールから試験まで逆算して、月ごとの目標を決める。
  2.  毎週、勉強する範囲と量を決める。
  3.  1日の学習範囲と学習量を決める。

まず、スケジュールから受験まで逆算して、1ヶ月の目標を決めます。例えば、「4月は英文法の参考書を5回読み通す」「5月は文法問題集を完成させる」などです。月ごとの目標が決まったら、それをさらに週ごと、日ごとの学習項目に分けて考えてみましょう。この学習プランだけで学力がつくのか、同じ学習を続けるだけで十分なのか、確証はありません。だからこそ、「短期目標」を設定することが大切なのです。

短期目標を設定するときは、「模擬試験」を使ってみる。

例えば、”10月の次回の模試では、英語は偏差値〇〇、数学は偏差値〇〇を目指す… “など、教科・科目ごとに偏差値目標を設定するのです。 結果が出たら、設定した目標値と比較し、達成度を確認する。目標が達成できなかった場合は、各教科・科目で自分に何が足りないのかを分析し、次の学習計画に反映させるようにしましょう。模擬試験当日に自己分析の結果を分析すれば、より効果的な勉強ができるので、成績表をもらう前に必ず自己分析をしてください。

志望大学の入試傾向を分析し、対策する。

2点目は、自分が選んだ大学の入試傾向を分析し、対策を立てることです。以上のように、大学受験に合格するためには、志望大学ごとの出題傾向や内容を分析し、効果的に対応することが必要です。試験の傾向を知るには、実際に過去の試験に取り組むのも一つの方法です。もちろん、勉強を始めたばかりの頃は、過去問を解こうと思っても解けないものです。大切なのは、どんな質問をされるかを理解することです。過去問からは、論文式かマーク式か、同じ科目のどの分野が出題されやすいかなど、多くの情報を得ることができます。試験の傾向を把握すれば、その傾向を踏まえた効果的な勉強ができるようになります。

学校のカリキュラムをよく聞き、学力を身につける。

一部の難関大学を除き、試験の内容は基本的に学校で習ったものです。まず、学校のカリキュラムをよく聞いて、一つひとつの課題や定期テストを一生懸命にやり遂げること。学校の授業で基礎力を身につけていれば、その後の試験対策用の演習をうまくこなせるようになります。

苦手な分野を無視しない

4つ目は、苦手な分野をおろそかにしないことです。わからないからと言って、わからない科目や分野を放置しておくと、受験で足元をすくわれる可能性があります。得意な科目より苦手な科目の方が10点アップしやすいこともあるので、あきらめずに取り組んでください。関連する章に付箋などを貼っておくと、後で学校の先生に分からないことをまとめて聞けるので便利です。複数の参考書を扱わないこと

最初から複数の参考書を持つのはやめましょう。

不安から一度に複数の参考書から始める人がいますが、これはお勧めしません。学んだことが定着せず、包括的でない場合もあり、多くの穴を残すことになります。最低限の冊数から始めて、一冊の本の全体像を理解するようにする。全体を理解するまで繰り返し取り組み、8割以上解けるようになったら、次の参考書に移る。結論
志望大学の出題傾向を分析し、自分で学習計画を立てることができれば、塾の授業を受けなくても大学受験に合格することができます。塾なしで大学受験をする人は、今回紹介したポイントを参考に、効率よく勉強してください。学力に自信がない方、自分で学習計画を立てられない方、国公立大学への合格が目標の方は、塾の受講をおすすめします。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 658985総閲覧数:
  • 470今日の閲覧数:
  • 232昨日の閲覧数:
  • 210今日の訪問者数:
  • 188昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー