福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【大学受験】大学受験の費用は意外と高額!ポイントを押さえてコスパよく受験する方法

time 2022/10/25

【大学受験】大学受験の費用は意外と高額!ポイントを押さえてコスパよく受験する方法

大学入試の仕組みは、以前にも増して複雑になっています。勉強が苦手な生徒本人だけでなく、その保護者をサポートすることがますます重要になってきています。近年、複数の大学を同時に受験して合格を目指すことが一般的になっているが、受験の際には大きなコストがかかる。また、大学生になると、大学受験のための塾や予備校の費用がかかります。この記事では、大学受験にかかる費用の内訳と、費用を抑えるコツをご紹介しています。

大学入試そのものにかかる費用は?

大学入試を受けるには、受験料のほかにもさまざまな費用がかかります。実際のコストはどうなのか?
内訳を確認しよう。

出願のための費用

まず、大学に出願する際には、その大学の入学願書が必要です。入学願書一式は200円から1,500円程度で購入できますが、無料で提供している大学もあります。多くの大学がオンラインで願書を作成するようになり、願書を取り寄せる必要がない場合も増えてきました。出願書類を作成する際には、出身高校の調査書、証明写真などが必要となり、それぞれ費用がかかります。また、ほとんどの場合、郵送での応募となるため、書留の郵送料も必要です。

受験料

また、大学入試の場合は受験料が必要です。受験料は、大学や試験の実施方法によって異なります。

大学入学共通テストの受験料は、選択した科目数に応じて、2科目以下の場合は12,000円、3科目以上の場合は18,000円です。スコアレポートの後日送付を希望される場合は、別途800円が必要です。

国公立大学の受験料は、一般大学入試の受験料に加え、2次試験で1校あたり約17,000円です。
私立大学の受験料は、大学によって異なりますが、個別試験の場合、1校あたり約35,000円、歯科・医科大学の場合は40,000円から60,000円程度です。一般的なテストによる検査方法は、通常、若干安くなります。大学によっては、複数回受験すると受験料が割引になるところもあります。

交通費、宿泊費など

受験する学校が遠方の場合、受験時の交通費、宿泊費、食費がかかります。保護者が同伴する場合は、費用が高くなります。
しかし、最近では遠方の学生が受験しやすいように、全国の主要都市にある会場で「地方試験」を実施する大学・学部も増えており、交通費などの負担が軽減される可能性があります。

併願する大学の入学金

ほとんどの受験者は、第一志望校の入試だけでなく、補習校や安全校の入試も受ける必要があるかもしれません。多くの安全な学校は試験日が早いため、第一志望校への入学許可が出る前に入学金を支払い、入学場所を確保する必要がある場合があります。振込期限を過ぎると、入学資格を失います。入学するしないにかかわらず、第一志望校の入学金はもちろん、確保した学校の入学金も準備しておく必要があります。

大学受験にかかる生徒一人あたりの平均費用は?

大学受験の費用の内訳をご紹介しましたが、それぞれどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

日本政策金融公庫が発表した「2040年教育費負担能力調査結果」によると、子ども1人あたりの大学進学にかかる平均費用は89万7,000円となっています。この金額には、入学試験の受験料や交通費、入学時に大学に納める金額、入学できなかった場合の大学への納付金などが含まれます。下表のように、入学する大学が国公立大学か、文系・理系の私立大学かによって、学費が異なる。

入学先 大学への納入額 受験にかかった費用 入学しなかった大学への納付金
国公立大学 316,000円 305,000円  148,000円
私立大学・文系 503,000円  355,000円 93,000円
私立大学・理系 519,000円  319,000円 105,000円

上記数値は、入試を受けた全生徒の平均額です。安全な大学への納付額は、通常1大学あたり20~35万円程度です。このように、入試費用は入学した学校によって約5万円も違うのです。不合格校に支払われる金額は平均9万円から15万円だが、この金額は受験生の志望校数や受験戦略によってかなり差がある。また、自宅から遠い大学を受験する場合は、家の頭金や生活用品の購入費用など、自宅を離れて通うための費用をあらかじめ準備しておく必要があります。2020年時点で、自宅から通学する生徒がいる家庭は27.4%、自宅から離れた場所に入学する場合の平均費用は1人あたり39.3万円となっています。遠方から通学される方は、入学金以外に諸費用が必要です。私立大学に合格し、自宅外通学を開始した場合、平均約135万円が必要です。

大学受験の費用を抑えるにはどうしたらよいか?

これまで説明してきたように、大学入学にかかる費用は77万円から95万円です。入試にかかる費用を少しでも安くするためにはどうしたらよいですか?ここでは、大学受験の費用を抑えるコツをご紹介します。

割引制度を活用する

大学によっては、入試の割引制度があるところもあります。 例えば、私立大学の中には、同じ大学の複数の学部を受験すると、入学金が割引になるところもあります。割引の金額や内容は大学によって異なりますが、他大学を併願するよりも安く受験することが可能です。インターネットで申し込むと、受験料が割引になるケースもあります。

遠方の大学を受験する場合は、学割や交通費の早期割引などを利用して、交通費などの費用を節約しながら計画的に受験しましょう。

安全校入学金納入期限前に、合格発表のある入試を選ぶ

入学しない大学の入学金はできるだけ払わないようにすることが大切です。確保された学校の入学手続き日が早い場合、第一志望校または受験校の入学発表日前に入学金を支払う必要がある場合があります。志望校を決める際には、入試の日程だけでなく、入試の締め切りや入試発表の日程も確認しましょう。

効率の良い併願方法を検討する

異なる地域や時期の大学に出願すると、交通費や宿泊費がかさみます。これも物理的な負担を増やすことになります。安全な学校などを受験する場合は、同じ地域、同じ日程の大学を組み合わせるようにしましょう。また、地方受験がある場合は、それを利用する。

地元の親族を頼る

遠方の大学で受験する場合、宿泊費や交通費がかさみ、出費がかさむことがあります。遠方の大学を受験する場合、親戚のいる地域で受験するのも費用を抑える方法の一つです。入試の前日に宿泊できれば、宿泊費を大幅に削減できるだけでなく、親御さんも親戚などに泊まってもらえるので安心です。

受験校の絞り込み

資金調達が困難な場合は、入試校をある程度絞る必要があるかもしれません。この場合、安全な学校の数が減らないように注意する必要があります。絞り込んだ学校のどれにも合格できず、1年間を無駄にしてしまったら、どうしようもありません。第一志望は、もちろん出願すべき大学です。それ以外の学校は、日程や場所、入試問題の傾向などから絞り込んでいく必要があります。

ローンやその他の学資援助を利用する

大学入学費用の捻出が困難な場合は、学生ローンも選択肢のひとつです。また、公的・私的な学生ローンは、受験費用に充てることができます。さらに、学資保険に加入していればより安心です。受験資金にお悩みの方は、ぜひご検討ください。

大学受験の塾はいくらぐらいかかるのですか?

大学受験のために塾に通う学生も少なくありません。塾の授業はいくらかかるのか?以下は、文部科学省「子どもの学習費調査」をもとに作成したものです。

補習クラスに参加している生徒の割合は?

平成20年度児童生徒学習費調査」によると、公立・私立高校生の補習授業受講率は約38%となっています。公立高校生の3人に1人が補習授業にも参加していることが報告されています。この数字は、高校生全体の補習授業受講率を調査したものなので、高校受験生に限ればもっと高くなるはずです。

高校生の家庭教師にかかる費用の平均は?

毎月の授業料のほかに、入学金、教材費などがかかります。2008年の「子どもの学習費調査」によると、個別指導教室に通う高校生が1年間に支払う家庭教師の平均費用は、公立高校で約28万3千円、私立高校で約33万8千円でした。年間40万円以上支払っている生徒が最も多く、公立高校生の約24%、私立高校生の約34%が年間40万円以上支払っている。補習授業の受講を考えている人は、これらの金額を参考にするとよいだろう。

塾の種類によって、費用はどのくらい違うのですか?

高校生向けの塾には、教室で複数の生徒が一緒に勉強する集団塾と、生徒一人ひとりに合わせた学習指導を行う個別指導塾があります。費用は授業料の種類によって異なります。

グループ授業は、1年生と2年生は年間40万円から50万円程度ですが、3年生は50万円から70万円程度になります。個別指導教室の中には、月10万円以上かかるところもあり、グループ校によって費用が大きく異なる。

個別指導の授業は、1・2年生で年間50〜80万円、3年生で年間60〜100万円程度です。料金は安く抑えることができますが、1ヶ月に受講できる授業回数に制限があります。

個別指導塾は、生徒一人ひとりに合わせた指導を行うため、集団指導塾に比べて料金が高くなる傾向があります。グループ授業、個人授業の費用は学校によって異なります。例えば、医学部を志望する場合、専門の学習塾に通うと、年間200万円以上かかることもあります。

大学入試費用の考え方

大学受験の費用は、親にとって心配なものです。しかし、今かかる費用だけでなく、長い目で見て回避することを考えることが重要です。
受験費用について、親が知っておくべき考え方を紹介します

大学入試の費用は減らした方がいいとは限らない!

大学受験の費用をできるだけ抑えようと、多くの保護者が努力しています。しかし、コストを抑えるために、授業料などの必要経費の削減を強要していませんか?

受験生にとって、勉強に集中できる環境は大切なことです。
高校生は活動範囲が広く、いろいろなことに気を取られがちです。自宅ではなかなか勉強に集中できず、「授業料に通うことで学習効果が上がる」という高校生は多いのではないでしょうか。また、遠方の大学で受験する場合、交通費や宿泊費を削ると、試験当日に集中できないケースもあります。

この削減の結果、今の試験に落ちて放蕩者になれば、翌年また高いお金を払って試験を受けなければならない。大学入試の費用をやみくもに減らすのは得策ではありません。お金を使うべきところに使って、受験生を応援してあげてください。

1、2年生のうちから志望校を絞り込む

早めに志望校を絞ることで、入試の費用を抑えることができます。

志望校が決まったら、勉強したい科目も決めます。受験したい科目の対策を早めに始めることができれば、受験に使わない科目の勉強にかかる費用を抑えることができます。

志望校を早めに決めることで、受験校を選ぶ時間や、追加費用をかけずに受験できる入試スタイルや期間を検討することができます。

志望校を早く決めれば、勉強の効率も上がり、合格に近づくことができます。これは、大学受験の時間だけでなく、お金の節約にもつながります。

まとめ

大学受験にかかる費用は決して安くない。応募する学校の数によっては、さらに高額になることもあります。大学受験の費用を大幅に削減することは難しいですが、高校1~2年生から計画的に勉強することで、全体の費用を抑えながら合格を目指すことができます。そのためには、効率的な学習方法と、一人ひとりに合わせた的確な指導が必要です。大学受験対策は、駿英家庭教師学院にご相談ください。経験豊富な専任講師が全力でサポートいたします。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

Count per Day

  • 658984総閲覧数:
  • 469今日の閲覧数:
  • 232昨日の閲覧数:
  • 210今日の訪問者数:
  • 188昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー