夢をかなえる勉強術

最高の学習環境で完全1対1個別指導授業 学習塾と家庭教師のいいとこどりの新しい学習スタイル 郡山市のプロ家庭教師集団:駿英家庭教師学院専任講師スズキが成績がぐんぐん上がる勉強法のノウハウを教えます!駿英家庭教師学院の専任講師は勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

【大学受験】正しい勉強法で成績アップ!偏差値70も目指せる古文の勉強法

time 2022/07/26

【大学受験】正しい勉強法で成績アップ!偏差値70も目指せる古文の勉強法

目次

勉強次第で古文読めるようになる!

古文は現代語とは異なるが、結局は言語であり、語彙と文法と勉強量さえあれば、確実に読むことができる。そもそも古代語は理解できないから勉強したくないと考える人も多いでしょう。しかし、正しい方法で勉強すれば、古文がとてもわかりやすく読めるようになるのです。古文は、主に単語、助詞、動詞や形容詞などの助動詞で構成されている。これらの言葉や助詞の意味を研究し、翻訳すれば、古文は現代語以外の何物でもなくなる。

古文は数が少ないし、古文を現代語に訳すと、簡単な文章にしかならない。そのため、基本を理解し、文章を現代語に訳すことができれば、古文書は簡単に読むことができる。しかし、古文書を読めるようになることがそんなに簡単なことなのか、疑問に思う人もいると思います。ここからは、古文書を徹底的に掘り下げ、その勉強法を徹底的に解説していきます。最後まで読めば、古文書の勉強法に納得できること請け合いです。

そもそも古文というのはどういう科目なのか

古文がどんな科目なのか、何を勉強する必要があるのか、紹介します。正しい方法で勉強すれば、最もコストパフォーマンスの高い科目です。勉強時間が少なくても、他の科目と比較して良い成績を取りやすいということです。古文が苦手だと思っている人に言いたいのは、コストパフォーマンスの高い科目だから、とにかく正しい勉強法、調べ方を知ってほしいということです。

他の科目と比較してみよう。英語も同様に、語彙、文法の学習と読解演習を行います。しかし、英語のテストはリーディングパッセージをベースに、より難易度の高い問題が出題されることが多い。そのため、英語の成績向上には、一般的に最短で2~3ヶ月、時間が必要な方は6ヶ月以上を目安にするとよいでしょう。しかし、古文書に対する要求は、実はとてもベーシックなものなのです。だから、英語と違って、正しい方法で勉強すれば、早ければ1-2ヶ月でしっかり点数が取れるんです。今、古文が苦手だと思っている人には、正しい学習方法を身につけて、少しでも抜け出してほしいです。

日本語だと思ったら、もうダメだ

今これを読んでいる方は、古文を「日本語」だと思ったことがありますか?

確かに、古文は、現代語と近い意味の言葉もあります。また、日本史を勉強している人なら知っている人物の名前が出てくるので、「ああ、そういう話か」と多少なりとも理解できるかもしれませんね。しかし、読むだけで点数が取れるのであれば、試験でこのような問題が出題されることはないでしょう。古文を正しく読むには、ある程度の知識が必要であり、その知識を得るためには、正しい勉強方法を用いなければならない。

また、古代日本語は現代日本語ではないので、もはや外国語であり、外国語として学ばなければならない。実際、古文には現代日本語とは異なる意味を持つ単語が多く、それらの単語が多く出題されている。例えば、「あたらし」という言葉の意味を教えてください。一見すると、「新しい」という意味のようです。しかし、答えは「惜しい、もったいない」という意味です。現代語とは異なる言葉も多いので、古文は古い日本語というより、日本語とは異なる外国語と考えた方がよいでしょう。ここまで、古文とは何かについて詳しく説明してきましたが、ここからは具体的な古文の学習方法について説明していきますね。

古文の勉強法

(1)古文常識を学び、その描かれた世界を理解する

まずは、古文書に描かれた世界を理解するために、古文常識を身につけましょう。古文書の語彙や文法を理解し、現代語に翻訳できたとしても、古文書の中で展開されている世界観は、現代の世界観とは全く異なる常識を持っています。古文常識は、現代社会の常識とはいろいろな意味で異なっている。

例えば、季節です。現代では、季節が、春は3月から5月まで、夏は6月から8月まで、秋は9月から11月まで、冬は12月から2月というように分けられています。しかし、古文書では季節を1〜3月が春、4〜6月が夏、7〜9月が秋、10〜12月が冬と分けています。これらの季節の捉え方が異なると、理解もかなり違ってきます。

古文では、登場人物が定期的に手紙を出したり、詩を書いたりするシーンが頻繁に登場する。その場合、季節に関する言葉がよく使われる。ですから、このような古文の一般的な知識を知っているだけで、問題を把握する力が大きく向上するのです。ずは古文で世界を理解できるように、古文常識を身につけましょう。

(2)古文単語を覚えて、一つ一つの単語の意味を把握できるようにする

古文単語を学べば、それぞれの単語の意味がわかるようになる。古文はほとんど外国語です。

英語学習で一番大切なことは何でしょうか?

ボキャブラリーです。

単語がわからなければ、文章はまったく理解できない。ですから、単語を覚えないことには始まりません。逆に、単語がわかれば、なんとなく文章の意味がわかるようになります。言葉を暗記することが非常に多いのでは?と心配になる学生もいるかもしれません。確かに、英語には数千以上の単語があります。

しかし、暗記しなければならない古文単語は300程度、多くても600程度です。この数は英語と比較すると圧倒的に少ない。ですから、暗記するのにそれほど時間はかかりません。単語を覚えることで良い点数が取れるので、一つ一つの意味を把握できるように古語を覚えましょう。

(3)古文典文法を勉強して、それぞれの文の意味を理解できるようにする

古文文法を学んで、一文一文理解できるようになりましょう。文法は、文章を形成するために必要なものです。古文では、正確な文法力が必要である。その理由は、古文書は現代文や英語に比べて文の量が非常に少ないからである。そのため、1回の授業で古文を丁寧に正しく読み解く方法を知ることが重要です。どんなに速く読んでも、正しく読まなければ、何度も文章を読み直さなければなりません。これでは、結局、多くの時間がかかってしまうことになります。だから、文法を学んで、正確な文法力を身につけ、すべての文の意味を理解できるようにしましょう。

(4)読むことによって、古文書を読む訓練をする

古文を読んで、古文を読む力を鍛えよう。確かに古文書を読むには、古い一般常識、古い語彙、古い文法が重要である。これらの基本的な要素は、読解問題を解く際の得点源となるものです。土台があってこそ、得点につながるのです。また、読解問題は古文に限らず、慣れが必要な問題です。

例えば、あなたの周りには本をたくさん読んでいる人がいるかもしれません。本をたくさん読む人は、文章を読むのが早いと思いませんか?

本をたくさん読む友人は、読むのが早いです。これは、速く読もうとすることもあるだろうが、それ以上に、読み慣れていることが原因であることが多い。古文書についても同じことが言える。読めば読むほど古文に慣れるので、読むスピードも速くなります。速く読めば読むほど、問題に費やす時間が増えるので、考える時間が増え、より多くの点数を獲得できる可能性が高まります。

(5)自分の弱点を把握し、過去問に対処してギャップを埋める

過去の問題を解くことで、自分に足りない強みを知り、そのギャップを埋めよう。読書練習の参考書をこなしたら、志望校の過去問に取り組みましょう。

いくら模擬試験や参考書で高得点を取っても、行きたい大学の問題で点数が取れなければ意味がありません。大学によって出題される問題が異なり、求められるスキルも異なります。そのため、過去問に取り組むことで自分の足りない部分を確認し、その部分を埋める必要があります。

例えば、主語を把握する能力がない、助動詞が少ない、論述力がないなど、試験官によって意見が分かれる。力が足りないところを補うことで、点数はかなり伸びます。また、古文に限らず、受験では自分の弱点を減らすことが大切です。もちろん、弱点が少ないほど点数が高くなるのは言うまでもありません。しかし、多くの学生は自分の弱点を知りながら、そのままにしています。ですから、自分の弱点を知り、そこを埋めていけば、他の受験生に差をつけることができるのです。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

おすすめ教材

ここからは、中学生にお勧めの教材を紹介します。高校生にお勧めの教材はこちらをご覧ください。

英語

キクタン〈中学英単語〉高校入試レベル キクジュク 中学英熟語 高校入試レベル 改訂版 キクタン【Entry】2000

キクタンは文字通り耳で覚える単語集(CD2枚収録)。教科書に出てくる単語だけでは不十分。定期テストは乗り切ることができても、実力テストでは教科書に出ていないものもバンバン出てきます。中学生必携の単語集です。

ひとつずつすこしずつホントにわかる

文法事項が詳しく説明されています。この参考書の良いところは動画で授業をしてくれるところ。英語嫌いの生徒でもすんなり頭に入るでしょう。

英語をひとつひとつわかりやすく

「ホントにわかる」シリーズよりも内容は易しめ。監修は山田暢彦先生。このテキストを使ってYouTubeでとってもわかりやすい授業を公開しています。

NOBU先生のやさしい解説で中学英語

こちらのテキストは教科書準拠。丁寧な解説に教科書の内容に沿った問題で学習を進めることが可能です。付属のCDでリスニング対策もばっちり!

高校入試合格BON!英語

中学3年間の基礎がコンパクトにまとまっています。高校入試の準備として使うと効果的です。

数学

ひとつずつすこしずつホントにわかる 

とても見やすく、動画付きで理解もしやすい教材。基礎から徹底的に学習するのにぴったりです。

中学チャート式数学

数学と言えば数研出版。中学生用のシリーズもご多聞に漏れず秀逸です。数学が好きな生徒にはピッタリ。自学でもメキメキ実力アップ。

高校入試合格BON!数学

中学数学の総まとめ教材。カラーページが多く、数学嫌いの生徒や数学が苦手な生徒でも取り組みやすくなっています。

国語

出口の国語レベル別問題集―高校受験 (理論編)

現代文のカリスマ講師、出口汪による教材です。中学生向けに書かれていますので、わかりやすい表現になっています。文章の読み方、問題の解き方などを徹底的に解説。現代文が苦手な高校生にもおすすめです。

出口の国語レベル別問題集 (基礎編)

国語は一度得意科目にしてしまえば、勉強をしなくてもコンスタントに高得点がとれる教科です。理論編で問題の解き方を学んだあとは、こちらの問題集で力を定着させましょう。

理科

マイスタディガイド 中学理科

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。理科の暗記学習はこれでばっちり!

ひとつずつすこしずつホントにわか

付属のネット動画がとてもわかりやすく、まるで家庭教師の授業!基礎から標準レベルの力をつけるためには最適なテキストです。

図でわかる中学理科1分野・2分野

タイトル通り、図や表がふんだんに盛り込まれたビジュアル参考書。勉強の仕方も説明されているので、テキスト通りに勉強を進めていけば、中学理科の各分野の理解が深まります。

高校入試合格BON!理科

基礎から標準レベルの知識を効率的に身に着けることができます。一人でも学習を進めやすく、編者のこだわりが随所に感じされます。

社会

マイスタディガイド中学社会

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。社会の暗記学習はこれでばっちり!

学研パーフェクトコース

ハイレベルな参考書。社会が大好きな生徒はこの一冊でどんどん自学を進めるとぐんぐん実力がアップします。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学地理

地理はやみくもに暗記してモス部に忘れてしまいます。地図と関連付けながら覚えていくのがポイントです。こちら教材の動画を見なが具体的なイメージを描いて勉強を進めていくことができます。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学歴史

歴史の勉強は、頭の中に年表を作ることが重要。この教材は動画と連動した学習で、現代までの時代の流れを無理なく覚えていくことができます。

チャート式基礎からの中学歴史

数学に定評のある数研出版社のテキスト。社会の教材ではことらがおススメです。演習書が付属しており、定期試験対策だけでなく、自高校入試の対策にも最適です。

まんが攻略BON!中学歴史 

こちらの教材は問題集ではありませんが、苦手教科の対策の第一歩としておすすめの教材です。名前の通りマンガで解説されていますので、スイスイ読み進めることができます苦手な人が多い歴史、公民、古文などをはじめとして、ほぼ全教科がそろっています。毎日気軽に触れることで苦手意識がなくなっていきます。

中学公民をひとつひとつわかりやすく。

公民は身の回りの生活に深くかかわっており、内容的に社会の中で最も理解しやすい分野です。こちらのシリーズで定評のある動画授業でぐんぐん理解が進みます。

わからないをわかるにかえる中学公民

公民が苦手な生徒にはこちらがおススメ。基本からしっかり教えてくれるます。

高校入試対策

「やさしくまるごと」シリーズ

基礎基本をしっかりと身に着けたい生徒向け。YouTube動画の授業で無理なく勉強を進めることができます。この教材でまずは偏差値40台を目指しましょう。

「高校入試合格BON!」シリーズ

偏差値50を目指す生徒におススメ。標準レベルの内容で3年間の学習内容を総復習できます。このテキストを完ぺきにこなせるようになったら、上のレベルにすってっぷアップしましょう。

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 

受験生の50%以上が正解できた入試問題だけを集めているため効率的に基本問題を復習することができます。全ての問題に「受験生のどれくらいが解けた問題なのか」という正答率が表示されています。1ページあたりの問題量も少ないため無理なく進められ、モチベーションアップにつながります。

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題

こちらの問題集は受験生の50%以下の生徒しか解くことができなかった難しい問題を集めた問題集です。偏差値は相対評価なので、みんなが解けない問題を解くことができるようになれば偏差値60が突破できるようになってきます。こちらの問題集もすべての問題に正答率がついています。正答率30%以下の問題が解けるようなれば、実力は相当なものです。何度も何度も繰り返し解いて応用力を伸ばしましょう。

「高校入試 塾技」シリーズ

Z会の現役塾講師が、塾独自の理科「塾技」を公開。  学校では教えてくれない「塾技」が学べます。偏差値60台前半の子には難しいところがあるようですが、偏差値70超の子にはほどよいらしく、よくまとまっていて良いと喜ばれました。基礎的なことを勉強したい人より、さらに難しいことを勉強したい人向けです。著者運営サイト「塾講師が公開! 高校入試 理科 塾技80」で、無料補充問題を公開しています。

 全国高校入試問題正解シリーズ

偏差値60以上の生徒向け。前年度の公立高校と主な国立・私立および高等専門学校の入試問題を収録した過去問集。電話帳並みのボリュームなので、自分の苦手なパターンの問題をピックアップして取り組んでみましょう。過去問は、入試のための実力養成に最適の問題集です。

「高校入試虎の巻」シリーズ

都道府県ごとに出版されています。自分が受験する都道府県の虎の巻を使って過去問練習をすることで、自分の実力を確認することができます。各教科単元別に編集されていますので、苦手分野を集中的にトレーニングすることも可能です。

最高水準問題集高校入試数学 

難関国私立高校入試で出題された問題を中心に編集されています。学校や塾の勉強では全く物足りない方はこちらの問題集でトレーニングをしましょう。こちらの問題集は超難問でも得点できる力をつけるための勉強として取り組んでほしい教材です。かなり骨のある問題が掲載されていますが、この問題集の良いところは解説が丁寧である点です。この問題集の全問制覇はとてつもなく難しいです。偏差値70未満の生徒は手出しをしないでください。

おすすめ教材

コラム

中学受験

勉強のコツ

受験情報

受験生の保護者様へ

国語

大学受験対策

数学

未分類

生徒募集

社会・理科

英語

試験対策

資産運用

Count per Day

  • 639837総閲覧数:
  • 94今日の閲覧数:
  • 255昨日の閲覧数:
  • 81今日の訪問者数:
  • 229昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー