福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【大学受験】秋は「推薦」「AO」試験で成功するためのポイント!高校入学時に意識して準備しておくことが重要

time 2022/10/24

【大学受験】秋は「推薦」「AO」試験で成功するためのポイント!高校入学時に意識して準備しておくことが重要

秋は「推薦」「AO」試験で成功するためのポイント

秋は「推薦」「AO」試験で成功するためのポイントであり、高校入学時に意識して準備しておくことが重要です。

高校入学時に「研究論文」と「自己PR」を意識することが「推薦」「AO」合格のポイントです。

大学入試は冬と正月に行われるが、これは一般入試の時間割である。秋は推薦入試やAO(アドミッション・オフィス)入試など、入試の重要な時期です。多くの大学では、推薦入試の出願・選考期間を10月から12月に設定しています。AO入試の申し込みも同時に、あるいは早いところでは初夏に始まる。

推薦入試では学業成績が要求されます

ほとんどの国立大学の推薦入試では、大学入学共通テストが必要です。

近年、優秀な学生を早期に獲得することを目的に、「推薦入試」や「AO入試」を積極的に実施する大学が増えてきている。私立大学の取り組みが目立ちますが、公立大学の取り組みも珍しいことではなくなりました。また、地域の医学部・医療系学部の多くは、推薦入試の「地域枠」を設けている。これは、同地域の医療従事者不足対策の一環として行われるものです。

誰でも挑戦できる「一般入試」と異なり、「推薦入試」や「AO入試」は、そうした地域枠が特例であっても、出願要件がある場合が多い。推薦入試」は、基本的に応募条件が明確になっています。AO入試にも出願要件がありますが、「志望動機」など、要件が明確でないこともあります。応募要件の中で最も重要なのは、学業成績の総合評価(付録参照)または成績平均点です。これは3年間(実際には出願時までの3年生)の平均成績(5段階評価)で、スポーツや美術などのいわゆる非受験科目も含まれます。つまり、一発勝負ではなく、日々のパフォーマンスが評価の基準になっているのです。大学や学部によって異なるが、基本的にはすべてB判定以上であり、難関校ではA判定も珍しくはない。

3年間の平均値を用いているため、短期間で増加することは考えにくい。推薦で受験を考えている人は、高学年から意識してAを取れるように努力する必要があります。これは、出願に必要な値をクリアするだけでなく、値が高ければ高いほど評価が高くなるからです。

志望動機や自己PRが義務付けられています

多くの大学では、志望動機や自己PRを記した書類を出願書類に添付することが義務付けられています。場合によっては、応募当日ではなく、事前にエッセイを提出する必要があります。

「推薦入試」「AO入試」は「共通入試」よりも早く実施されます。私立・公立を問わず、より優秀で意欲的な学生を求めるために「推薦」「AO」入試を活用する大学が増えている。通常、申請にはいくつかの条件があり、そのひとつに学生の学業成績(教科・科目の平均的な成績)が評価されます。この成績は、1年目からの成績の積み重ねで決まる3年間の平均的な評価です。

国立・公立大学の多くの学部では、「推薦入試」の前提条件として、全国統一試験を課しています。そのため、共通入試とほぼ同じレベルの受験対策が必要です。「推薦入試」で有利になるのは、部活や自主研究など、高校生活を充実させている生徒たちです。

AO入試では、志望する職業への熱意が合格の鍵になります。AO入試の場合は、自分の専攻に対する熱意がポイントになります。
大切なのは学業だけでなく、高校生活全般の満足度です。

また、課外活動での成果も魅力の一つです。推薦入試の合格を目指すなら、まずは日々の成績を上げることが大切です。前述したように、成績平均値は出願条件のひとつなので、1年次から気を配ることが大切です。しかし、学業成績が良いだけでは優等生にはなれません。推薦入試では、高校生活全般において優秀な成績を収めた人が有利になります。例えば、クラブ活動や自主研究、生徒会活動などに積極的に取り組んでいる人は高く評価されます。合唱コンクールの司会や体育祭の実行委員、学校行事など、自分の得意分野でできることはたくさんあるので、どんどんチャレンジしていくことが大切です。また、自分の興味のある分野の勉強会に参加したり、ボランティアに参加したりすることで、長い1年目、2年目を有効に使うことができます。

AO入試の場合、入学後の能力や発展性は面接やセミナーで評価されますが、応募者がその分野に強い興味と意欲を持っていることが前提になります。そして、入社後の目標やビジョンを持っているか。例えば、「歴史、特に縄文時代に興味があるので、○○のフィールド調査に携わりたい」「人間に近いロボットを作りたい」「太陽系を研究したい」等々。具体的に話せることがあれば、それが強みになります。誰にも負けない情熱が、あなたを成功に導く。

推薦入試やAO入試で合格することを目標にしている人は、早めの準備を心がけましょう。必要な書類や提出物を作成するだけでなく、自分の経験や学習に対する熱意を語る練習をしましょう。誰かに聞いてもらうことで、自分の考えを再確認する効果もあります。あとは、万全の体調で入試に臨むだけです。この点については、家族も協力してくれるはずです。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

Count per Day

  • 659024総閲覧数:
  • 32今日の閲覧数:
  • 477昨日の閲覧数:
  • 14今日の訪問者数:
  • 213昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー