福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【大学受験】英文解釈の効率的な勉強法

time 2022/07/28

【大学受験】英文解釈の効率的な勉強法

英語の通訳と日本語の通訳は全く違います。まず、「英文解釈」と「和訳」はどう違うのでしょうか。「和訳」とは、簡単に言えば、英語の文章を前から後ろまで日本語に訳すことです。これに対し、「英文解釈」は、英文の全体構造を理解した上で、そのイメージをつかんで解釈するものです。しかし、実際の試験では、指定されたSVOによる英文の構造を書き出す問題は出題されない。受験生は”なぜこれをしなければならないのか?”と問うかもしれません。と思われるかもしれませんが、それは理解できます。では、なぜ受験勉強で英文解釈が重要なのでしょうか?

英語通訳の目標は、「英語を英語のまま読める」こと

英語通訳が重要視される最大の理由。それは、英文を解釈する能力は、英語の長文を速読する能力に直結しているからです。英語の文章の構造を丁寧に拾っていく作業は時間がかかるので、無意味に思えるかもしれません。しかし、ある程度の努力なしに一朝一夕に英語の長文が読めるようになるわけではありません。地道にSVOを振って、日本語に訳して、英語のまま読めるようになるまで、さらに徹底したイメージトレーニングをしてください。このプロセスを踏むか踏まないかで、後々の英文読解力に大きな差が出る。構文をマスターできないと、センターレベルの単純な長文は難なく読めても、早慶レベルの長文になると、複雑な構文が束になってやってきて、途方に暮れることになるのです。まず、時間はかかっても、文章の構造を十分に把握し、一つひとつ訳していくことです。そうすることで、徐々に英語の長文を武器にすることができます。しかし、英文の連続である長文を難なく読めるようになるために、すべての文章を訳す時間はありません。したがって、英語の文章を翻訳する場合、必ずしも日本語に訳すことが重要ではないことを覚えておく必要があります。

英文解釈の勉強法

ここからは、英語の文章の翻訳をマスターし、ひいては「受験英語をマスターする」ために必要なことを具体的に解説していきます。なお、ここからの説明は、英単語、英熟語、英文法の基礎がしっかりできている人にのみ適用されることを前提にしています。この3つの基礎がしっかりできていないのに、いきなり英文法の勉強を始めるのは非常に非効率的です。少しでも自信がない場合は、不安を取り除いてから英文解釈に移ってください。

(1)参考書を決め、解説や和訳を見ながら英語の文型全体を理解する

英単語、熟語、文法などの基礎がかなり固まったら、基本的な参考書や教材を決めて、勉強を始めましょう。ほとんどの英語通訳の参考書や教材には、英語の文型や日本語訳が非常に詳しく説明されています。これらを100%活用し、よく見て、ひとつひとつ英文の構造を理解しましょう。

極端な言い方をすれば、歩いているときにふと「これは何の英文だろう」と思うたびに、「これは何だろう? そして、その構成からすべてを思い出し、頭の中で再現することができるのです。知っている英文を繰り返すことで、見たこともない英文でもすぐに同じことができるようになります。使う素材を「完成」させたのですね! その後、新しい英語通訳の教材に移行します。

(2) どこが苦手なのかを確認する

すべての英文の構造を理解し終えたら、解説や和訳を見ずに読めるかどうか、どこが苦手なのかを確認しましょう。教材の英語の文型がすべて理解できたら、解説や日本語訳のない英文が読めるかどうか、チェックしてみてください。このとき注意したいのは、単に「読める」、つまり英文を日本語に変換して理解できるのではなく、「英語化したものを理解できる」ようになることである。英文が理解できれば、自然と読むスピードも上がりますよ

(3)声に出して読んでみる

説明や日本語訳を見ずに読んだら、英文の処理速度を上げるために、声に出して読んでみましょう。頭の中で100%再現できるようになったら、何も考えることがないくらい流暢に読めるようになるまで、繰り返し音読してください。しかし、同じ英文を何度も読むことは、試験で良い点を取ることに直結しません。なぜなら、試験で出てくる英文は100%初耳のものだからです。そのため、音読にあまり時間をかけるのはおすすめできません。音読は、勉強に疲れたときに、英文をリフレッシュして理解するためのプロセスの一部と捉えてください。

さいごに

長文学習では、英文解釈の学習方法も意識して、1つ1つ磨いていくこと。長文は「一連の英文」である。どんなに長い文章でも、分割すれば短い英文になる。ですから、英語の長文を勉強するときは、基本的な読み方は英文解釈と同じで、「よく読むこと!」と覚えておいてください。この意識が、実際の試験問題を解く際の正答率に大きく影響するのです。特に、急いで読むことに集中しすぎて、一つ一つの文章の構造を理解することがおろそかになると、早慶レベルの厄介な正誤問題を乗り切ることができません。繰り返しになるが、長文というのは、英語では短い文の連続に過ぎない。過去問の通訳は、英語の通訳と同じように、一文一文を完璧に理解しようとするのではなく、一文一文を丁寧に理解することが大切です。 むしろ、一文一文を解釈しながら分析してください。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

Count per Day

  • 661367総閲覧数:
  • 324今日の閲覧数:
  • 347昨日の閲覧数:
  • 195今日の訪問者数:
  • 211昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー